2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 運命の人 | トップページ | 通勤時間 »

2004年10月27日 (水)

ブレスサーモ初体験

3000キロまであと・・・653.1キロ

今日は寒かった。東京地方もこの秋一番の冷え込みだったのではないだろうか?
最高気温15度。最低気温11度。北東の風。

私は、こんな時がやがて訪れるだろうと、用意周到で待ち構えていた。

b-1.jpg何を用意していたかというと・・・
いつぞや、アウトドアショップ「L-Breath」新宿店のバーゲンで手に入れたジャケットだ。
コイツは「ブレスサーモダウン」、ミズノの保温革命素材を使用しているのだ。

breaththermo.jpg人体からの水分を吸湿して発熱効果を生み出す!冬場の自転車乗りには持って来いじゃないか!しかも抗菌防臭及び消臭性にも優れ、軽量コンパクト。

「水分で温かくなる~??ホントかいな?」と半信半疑ではあったが、天下のミズノさんが嘘言うわけないし、バーゲンで安くなってたし、購入した。
で、これを試す日が早く来ないかな~と、指を加えて待っていたのだ。

このジャケットの下には速乾Tシャツ一枚のみ。
その下には皮下脂肪をたっぷりと着込んではいるものの、「寒いかな~」と、チョイと不安に感じたが、これで出発。
さて、効果の程は・・・。

走り始め・・・風も通さず、寒くもなく、ダウンの程よいぬくもりに包まれた感じ。
信号にも引っかからず、順調にノンストップで20分走っていたら、体が温まってきた・・・。
で、ホントにどんどん温かくなってきた。指先と鼻先は寒風にあたって冷たいのに体は暑い・・・。
汗はかいてはいるのにベッチョリとした不快感はない。
会社に到着したときには、暑いはずなのに、すぐに脱ぎたいとは思わない。

「ずっと着ていたい」
そう感じさせる着心地であった。

帰宅時は夜なのでもっと寒くなっていたのだが、効果は変わらず。
体は少しも寒さを感じなかった。

b-2.jpgで、こんなにコンパクトにもなっちゃうのですよん。
夜は冷えるぜ!という時に持参するのも、軽いし苦にならない。
いいもの見つけちゃいました♪ブレスサーモ万歳!バーゲン万歳!
前に試したウィンドストッパーとコイツがあれば、極寒の自転車通勤も楽しく過ごせそう♪

六本木の交差点で黒塗りベンツに思いっ切りクラクション鳴らされてかなりビビッた以外は、本日、実に快適な通勤でございました。

走行距離 24.7キロ
走行時間 1時間39分

« 運命の人 | トップページ | 通勤時間 »

コメント

kiraさん、いいのみつけましたね。オシャレだし。
ダウンって聞くとどうしても「走っている内に汗が^^;」と思って敬遠していました。またショップでいろいろと覗いてみたいと思います

これは軽いし薄手なので、大袈裟になりがちな防寒装備が随分楽になるみたいです(^^)
寒い冬場に汗をかける自転車はありがたいけれど、やはり快適に過ごしたいものですね。
私は夏より冬の自転車通勤の方が好き・・・(^_^;)

kiraさん、こんばんは。
先日、1月ぶりに自転車乗ったら、寒いこと、寒いこと。
思わず、いつもの自転車屋さんの2階へ駆け込み、ベストなどをチェック!
でも、やっぱり女性用の、しかも小さいサイズのものはありませんでした。それに、どこから見ても、レーサーって感じのウエアだし・・・
これなら、普段でも着られるし!
横浜店があるようなので行ってみようかな?
でも、バーゲンでないとかなりお高くなるかしら?
ともかく、近々行ってきます!

suzyさん、こんばんは~♪
私もレーサーって感じのウェアには抵抗を感じるのですよ。もちろんレーサーじゃないし、スピード派じゃないし・・・。のんびりまったり走っているのに不似合いな感じがして。

アウトドアショップのウェアは機能的だし、丈夫だし、オススメですよね。

suzyさんは小柄なんですね~。うらやまし・・・。
でしたら選択の余地は多そうですよ。
私はガタイがいいので可愛らしく女性らしいデザインが似合わない・・・。(泣)・・・。

ちなみにこのウェアは男性モノです(^_^;)
お値段は8000円くらいだったかな?

suzyさん、お気に入りのウェアが見つかりますように!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52462/1790586

この記事へのトラックバック一覧です: ブレスサーモ初体験:

« 運命の人 | トップページ | 通勤時間 »