2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月

2004年12月29日 (水)

真っ白な雪の午後・・・

真っ赤なブロンプトンがやってきた。

久し振りの大きな買い物ですが、別に失恋したわけではありません。  

再三再四この日記でも書き続けている通り、自転車での走行距離が、目標である3000キロに達成したので、その記念と、「一年間おしごとよくがんばりましたで賞」のご褒美と、自分へのクリスマスプレゼントでございます。

DSC0207160センチ四方ほどのダンボールに収まってやってきたブロンプトン。腰痛の体を押して、ダンボールを持ち上げた感じは「思ったより軽い」。取り出して畳まれた状態を見ると「思ったより大きい」。狭い部屋の中だからだろうか・・・。
さて、組み立て。結構迷う。

DSC02072なんと、15秒で組み立てられるところを15分掛けて完成。あほか?
取り説(横文字だが)見れば何となく判るんだろうけど、ワタクシは取り説が苦手なのだ。(横文字も)
完成したブロンプトン…。
思ったより大きい。で、乗りやすそう。

DSC02080パーツ確認・・・。右ペダル、プラスチック製。おもちゃみたい。
DSC02081左、折り畳みペダル。ごつい。重そう。
DSC02082リア固定フック。これはUKブロンプトンには付いていないのだが、あったほうが便利かと思いオプションで取り付けた。ヤワなプラスチック製。
DSC02075これもオプション。NITTOのリアキャリア。これないと不便なんで。ワタクシの場合・・・。ホント、うわさには聞いていたが、こんな小さなローラーでは心もとない。
DSC02085フロントの泥除け。ペラペラで安っぽい。無い方が良いかも。
DSC02083グリップ。スポンジグリップ?汗染みたら臭そう。
DSC02084標準装備のエアポンプ。小さくてカワイイ。盗まれないよう注意。
DSC02086スタンド。これもオプションで取り付け。あったら便利だし。
DSC02073
・・・てな感じで、正直、総体的にパーツは安っぽい印象を否めない。・・・が、自分仕様にカスタムする意欲も沸々と湧いてくる。それにやはりフレームは丈夫そう。色も思ったとおりのきれいな赤。それに黒の「BROMPTON」の文字が映える。美し~い♪

まずは、転がしやすいようにリアのローラーからかな。
・・・で、コイツの名前は「KOENJI2号」。横文字にして見ました。一応英国産だし。淑女が乗るにはピッタリ。(誰が?)
しばらく、頭の中はブロちゃんで一杯。恋する乙女のよう・・・。(誰が?)

2004年12月25日 (土)

目標達成・・・その後。

自転車通勤における、かなりアバウトな収支報告  

【収入(なのか?)】
浮いた交通費・・・往復460円×週4回×44週(1年間からサボった2か月分を引く)=80960円
もし運動不足解消のためスポーツクラブに通っていたら・・・レギュラー会員11500円(参考:近所のスポーツクラブ)×12ヶ月=138000円分浮いた。
合計:218960円

【支出】
自転車通勤のための服装でかかった費用・・・ジャケット、バッグ、他ユニクロ製品など、ザッと計算して60000円位。
自転車本体は4年前に購入のためとっくに減価償却されたものとする。
合計:60000円

【収入-支出】
218960-60000=158960円
158960円のプラス・・・(なのか?)


何のために・・・

3000キロを達成した翌日、今年最後になるであろうオートバイでのツーリングに出掛け、寒風吹きすさぶ中、身を硬直させて運転を続けていた結果、腰痛を起こす。せっかく自転車通勤で腰痛を克服したと思っていたのに・・・。
まっすぐ立ってもいられない、腰をばあさんのように曲げていれば何とか歩ける。そんな状態でも仕事は休めない。
こんなときに限って1週間フル稼働。這いずるように出勤。

不思議なことに職場では歩ける、それどころか走れるのだが、家に帰るとバタッと倒れ、もう一歩も歩けない。
こんな「職場の馬鹿力」といえるプロ根性に、我ながら涙が出るほど健気だと感じる。

24日。クリスマスイブ・・・。
今年は金曜日でしかも給料日だ。街はいつも以上に華やぎを見せる。
会社の近くにある東京タワーもクリスマスバージョンのライトアップで時間によって彩を変化させるらしい。
しかし私はスタジオに篭り、ひとり仕事を続ける。おそらく日付を越すであろう。

先に帰るスタッフが「腰痛で、その上職場でイブの夜を過ごすなんて、『あかしやサンタ』に電話したら間違いなく鐘が鳴るよ。」と言う。余計なお世話だ。電話するかしないかは自分で決めるから、とっとと出て行ってくれ。

仕事が終わったのは深夜1時。誰もいない職場で警備員さんが私に笑顔を向ける。「お疲れ様」。
外に出ると東京タワーのクリスマスバージョンのライトアップは終わっていた。
なのに名残を惜しんで佇むカップルたち。風邪引くから早く帰りなさいよ。

「何か違う…」ひとりつぶやく。
何のための人生?
家賃を払うために、食べていくために、身を削って働く毎日。
仕事に追いまくられ、自身に与えられた時間を削って働く毎日。
働くために生きているのか?否。

実りある人生を送るために働いているのだ。そうありたいと思っているはずなのだ。
「何か違う・・・」


・・・てなことで・・・

そんな生きることに不器用なワタクシに、せめてもの贈り物をすることに決定。
BROMPTON Lite3。
真っ赤なの。

浮いたお金で。
これからのワタクシの実りある人生のために。

3000キロ達成の記念と、自分へのご褒美&クリスマスプレゼントですよ。
いいっすよね、それくらいしても・・・。

で、早速注文したので、来週中には手に入る予定・・・。

ぎゃはは!
素晴らしき哉、人生!\(^o^)/

2004年12月17日 (金)

祝♪目標達成!

3000キロ達成!!!

DSC01981本日、2004年の目標を達成いたしました!\(^o^)/

帰り道、外苑東通りから神宮外苑に入る権田原の交差点付近で、サイクルコンピューターは「3000.0」を表示。
で、その場で記念撮影。

今日ほど緊張した通勤はなかった。3000キロ達成直前で事故、または達成直後に事故なんて、洒落にもならない。しかもクリスマスシーズンの金曜日で街は浮かれた人間たちで華やいでいる。
細心の注意を払いようやく帰宅したときは心底ホッとした。

3000キロ達成までの間、何に一番気を使ってきたかというと、やはり「事故」である。
事故に遭わないために、無理なスピードは出さない、体調が少しでもすぐれないときは乗らない、悩み事があるときは乗らない、雨の日は乗らない、仕事に遅れそうなときは乗らない・・・ということを心掛けてきた。
その甲斐あってこの一年、転倒もなく無事故で通勤することができた。

思えば、2004年1月7日に自転車に乗り始め、1月16日金曜日から自転車通勤を再開。
11ヶ月と1日、雨ニモ負ケテ、風ニモ負ケテ、夏ノ暑サニモ負ケながらも、このサイトをご覧になってくれた様々な方から励ましのメールや書き込みをいただき、自転車通勤を続けることができました。どうもありがとうございました。

そしてこの一年の間に、自転車に対する思い、興味はますます深まり、来年は更なる飛躍を続けてまいりたいと思っている次第であります。
このサイトをご覧の皆様、今後ともどうかどうかよろしくお願いいたします。

さて、達成記念だが・・・。

走行距離 24.4キロ
走行時間 1時間36分

2004年12月16日 (木)

目的果たせずポタ

3000キロまであと・・・15.1キロ

本日は、私の所属するオートバイのサークルS-MAPのメンバーであるすうすうさんが経営するレストラン、「ブラッセリーブルー」へお邪魔しようポタへ出掛けた。
「今度行きますよ」「いつか行こう」と言ってはいたが「“今度”と“いつか”はないものと思え」の通説じゃあ、この世知辛い世の中、あんまりにも寂しいじゃあありませんか。

場所は東京都練馬区石神井台の富士街道沿い。石神井中学校の近くだ。
地図で場所を確認し、出発。
石神井公園の近くを通るので寄ってみることにした。
DSC01957秋の名残を残しつつも冬色の景色となった石神井公園。
DSC01955高く青い空に赤い実が映える。雀がそれを突っつく姿がかわいらしい。
DSC01962さて、ここに来たらこの茶店に寄らずしてどうする。ちょいと休憩・・・。
DSC01959・・・で、これが豚汁。10種類以上の具材がたっぷり。飲むというより食べる豚汁。550円。
DSC01958これが味噌おでん。一口サイズのこんにゃくに程よい甘さの味噌が懐かしい味。380円。
DSC01960それでもって、これがそばがき汁粉。素朴なそばがき。体の芯まで温めるホッとする甘さ。450円。
・・・これからレストランに行くって言うのに何してんだ?
さて、石神井公園から富士街道に出て左折。これをずんずん進んでいけば、時期左手に目的地「ブラッセリーブルー」だ。・・・ところがだ。
DSC01965本日定休日であった・・・。そう、事前に「今日行くよ」とも伝えていない。今日になって電話しても通じないから「とりあえず行ってみようか」というお気楽な気持ちで訪れてしまったのだ。そういや、木曜辺りが定休日だって言っていたような・・・。まったく詰めが甘いッちゅうか、読みが浅いッちゅうか・・・。
DSC01968すごすごと退散し、そのまま富士街道を進み、関町庚申通りを左折。
青梅街道との交差点でサーティワンアイスクリームを発見。迷わず寄る。
DSC01967左のコーンがツインベリーチーズケーキ。カップに入っているのがキャラメルリボンとドルチェビータ。ほんの小一時間前にそばがき汁粉を食べたことなどすっかり忘れている。
サーティワンアイスクリームは、今年で31年(サーティワン)だそうです。

さて、吉祥寺通りを走り、五日市街道から井の頭通りへ、そして着いた先が・・・

DSC01972ユニクロ杉並高井戸店。ここで、ライトエアテックパンツとヒートテックプラスローゲージソックス等を購入。どちらも防寒に優れているらしい。インプレは後日・・・ご期待あれ。

DSC01974で、またこのザマですよ・・・。
そんなこんなで、当初の目的は何であれ、結構充実した師走の忙中閑日ポタリングでございました。

走行距離 23.8キロ
走行時間 1時間44分


2004年12月14日 (火)

リンゴで鍛える。

3000キロまであと・・・38.9キロ

リンゴの美味しい季節です。
私の職場にも今年収穫されたツヤツヤの甘いリンゴが贈られてきます。
毎日、毎日、毎日・・・まいにち・・・。

ありがたいのです。ホント。
でも、リンゴって結構重いんです。

今日も6個ばかりいただきました。
例の如くリアキャリアにくくりつけるんですが、ハンドルがふらつくんです。
信号待ちで停車して油断してると倒れそうになります。

坂道なんていつもの倍、脚力を使う気がします。
ひざが痛い。腰も痛いし、息があがる・・・ゼイゼイ言いながら登ってるんです。

あんまりにも重いのでウチに帰って計量してみました。
3キロです。

3キロって大したことないようだけど、キツイです。

「あるある大辞典」によると、自転車の後ろに重い荷物をのせて走ると上半身も鍛えられるんだと。

そりゃ鍛えたいけど、もう勘弁してください。しんどいです。
今日で4回連続なんです。リンゴを積んで帰るのは。

一人暮らしなモンで、そんなにたくさんリンゴがあっても食べきれないです。
そりゃ、昔「リンゴダイエット」なるものにチャレンジし、一日6個食べたこともあります。
でも、効果なかったし。飽きたし。

それに心無い職場の連中が「オンナなんだから、アップルパイ作れ」とか、無謀なこと言うし。
作れるか、そんなモン!そういうときだけオンナ扱いすんな!

DSC01947





りんごりんごりんご、りんご可愛いひとりごと~♪

走行距離 24.2キロ
走行時間 1時間35分

2004年12月13日 (月)

冬なのに汗をかける幸せ。

3000キロまであと・・・63.1キロ

暑い~!のだ。
冬だというのに暑いのである。汗ダラダラである。
何故って自転車通勤してるから。いいでしょ~。

ユニクロのストレッチマイクロフリースタートルシャツは透湿作用がないらしく、汗を吸い取らないのですよね。もう一枚インナーを着用すれば改善されるだろうけど、横着者の私はそのまま着ちゃうのです。
で、結果汗ダラダラになるのですが、その改善策として、タオルを胴体に巻きつけてみました。
これは某大型掲示板の自転車板の通勤スレで知った方法なんですが。

これが、結構イイんです。
走り始めは寒いですよね。それをタオルが防寒してくれる。で暑くなると、汗を吸い取ってくれる。これ快適。

まあ、あんまり胴体にタオルを巻きつけた姿はカッコよくはないですが、人に見られるわけじゃないしね。

最近寒いなあと思い始めた部分は、足首です。
靴下履いて、靴はくるぶしまであるハイカットなんだけど、どうしてもパンツの裾から風が入ってきてしまいます。
ウインドストッパー靴下ってあるのかいな?

走行距離 24.1キロ
走行時間 1時間35分

2004年12月12日 (日)

ブロンプトンが・・・

3000キロまであと・・・87.2キロ

brompton欲しい。誰が何と言おうと欲しい。値段が高くても欲しい。ブロンプトンといえばブリティッシュグリーンでしょ、と言われても赤いのが欲しい。結構重いよ、と言われても欲しい。国産でもっとイイのがあるといわれても欲しい。ほっっすぃぃぃ~!!

何を隠そう、私は英国好きなのだ。もちろん行ったこともない。何も語れないが好きなのだ。家具なんかも良い物は買えないが英国アンティークの物を集めたりしている。「ブリティッシュ」という言葉に弱い。

だからブロンプトンなのだ。ホントはモールトンが欲しかったりするのだが、身分不相応だし逆立ちしたって買えないから、逆立ちすれば何とか手に届きそうなブロンプトンなのだ。

2005年モノから輸入流通コストが低下したそうで、最も値段の高いモデルでも5万近く値下げしているのだ。これを知っちゃあ、ますます黙っておられません。

あ~どうしよう・・・逆立ちしちゃおうかなあ・・・。

最近、毎夜毎夜悩むのであった。

走行距離 9.4キロ
走行時間 41分

2004年12月 7日 (火)

裏道開拓成功

3000キロまであと・・・96.6キロ

さて、二桁です。
何がって、3000キロまでですよ。
あ~何か緊張してきた・・・。

たかが3000キロでしょうが、私にとっては「目標を達成する」ということが、この与えられた人生の中で滅多にないことなんです。今までに2回あったかなあ・・・。

いまだに達成できるか不安なんで、この件についてはこの辺にして・・・。

さて、裏道開拓ほぼ成功しました!先日ちと間違えたんで、例のmidoraさんから地図付きで情報をいただき、それを頭に叩き込んで、帰路に利便時…いやリベンジ。

地元ネタですが・・・西新宿の十二社通りから商店街を抜け、山手通を横断。ひたすら素直に直進。
桃園小学校を迂回して、更に直進。で、東京文化小学校あたりから青梅街道に出る。

も少し蚕糸の森公園近辺・・・環七よりから青梅街道に出たかったけど、まずまずじゃないでしょうか。

細い裏道なんでスピードは出せませんが、のんびりと帰るにはいい道です。
これからは、この道利用、決定!

midoraさんありがとう♪

走行距離 24キロ
走行時間 1時間33分

2004年12月 6日 (月)

三行半

3000キロまであと・・・120.6キロ

さて、年の瀬です。
世の中の多くの働くおじさん、おばさんもそうであろうが、仕事が忙しくなるシーズンでございます。
年末年始の短い期間をお休みするだけのために、皆さん身を粉にして働くわけですよ。
私もそのひとりで、本日は午前様のご帰還です。

何だか、仕事のスタッフはピリピリしちゃって、職場もや~な雰囲気なんですよ。
こっちだって八つ当たりされたりして、理不尽この上ないですよ。

私の仕事上での立場ってのは、場の雰囲気を良くする、見たいな感じの役割もあるんで、
「決して怒らず、じっと我慢」なんだけど、これじゃいつかバクハツしそうですわ。

「怒ったら最後」だと言い聞かせてますけどね。
三行半叩き付けて辞められたらどんなにかスーッとするでしょう。

「三行半」って、昔、離縁状を“3行半”で書いたことから、そう呼ぶようになったらしいんだけど
どんな内容を3行半書いたんでしょうね?

私なら何て書くかなー。
「○×▲■※#
 д☆>$Ш㊥
 ゞЖбзЕИ
 Я£Ю!!!!!」
ここに書こうと思ったんだけど、放送禁止用語ばかりになりそうなんでやめときます。

走行距離 23.7キロ
走行時間 1時間33分

2004年12月 3日 (金)

新規開拓

3000キロまであと・・・144.3キロ

帰り道、通勤経路の新規開拓を試みてみた。

11月29日の日記にもコメントをいただいているが、midoraさんという、歳も同じ頃の自転車通勤者の女性の方からメールをいただいた。通勤経路に青梅街道の一本南の裏道を利用している、ということだ。

地元ネタで申し訳ないが、彼女の利用しているのは、中野坂上から蚕糸の森公園の裏道で、私もその辺りの青梅街道を利用している。しかし、帰宅時、夜の青梅街道は路駐も多く通行量も激しいのでこれを避けて、大久保通りの裏道を使用しているのだが、かなりの遠回りなのだ。この青梅街道の裏道をマスターすれば、少し楽になる。

で、本日早速開拓してみようと思い立った。
素直に青梅街道に沿って裏道を走っていこうと思ったのだが、T字路にぶつかり右に折れたら青梅街道にでてしまったり、調子良くずんずん進んでいったらいつのまにか環七に出てしまって、青梅街道に戻るのに随分かかってしまったりしたが、もう一度挑戦すれば何とかマスターできそうだ。

いやいや・・・久し振りの新規開拓だが、なかなかスリルがあって面白いもんだ。
小さな喫茶店やレストランを発見したり、帝釈天を発見したり、大きなお屋敷を発見したり・・・。
昼間ならもっと楽しめそうだ。

先日の「お気楽(?)ポタ」もそうであるが、東京の裏道は意外な発見があるものなのだ。

癖になりそう・・・。

走行距離 25.2キロ
走行時間 1時間42分

2004年12月 1日 (水)

秋色の和田堀公園

3000キロまであと・・・169.5キロ

先日の「驚愕の58キロポタ」以来、意外にも自転車にハマってしまったsiba氏より「和田堀公園に行こう」というお誘いがあった。「弁当持って」という要望付きで・・・。んなこといったってウチにはロクな食材はないので「おにぎり、玉子焼き、ウィンナー、漬物」という弁当の最低ランクのメニューのようなモノを作り、久し振りの和田堀公園へ。

image/0412011今年の紅葉は数多くの台風の影響からか今ひとつ輝きが少ないように思える。葉が色づく前に精力を失い枯れかけている木々が目立つ。
それでも晩秋の晴天に映える黄金色は美しい。

image/0412012池では鴨達はゆく秋を惜しむかのように泳ぐ。

image/0412013柔らかな光が公園を優しく包み込む。

DSC01917.JPGさて、弁当タイムだが。リアキャリアにくくりつけたお陰でつぶれちまったおにぎり、そして「何だかなあ・・・」のオカズ。何故かブルーシートには似合う。まあ、コンナンでも「公園でお弁当を食べる」という雰囲気を楽しめればヨシとしよう。

日差しは暖かいのだが地面から冷気が体に伝わってくる。さあ、冷えないうちに出発。

image/0412014一本、真っ赤に輝くモミジの木を発見。太陽に透かすと更に赤味を増す。

今、都内は紅葉の見頃を迎えているようだ。できるだけ楽しめれば、と思う。今度は弁当は、も少しまともなもの作って。せめて唐揚げでしょー。・・・というか、私に作らせるのは無謀。

走行距離 13.1キロ
走行時間 1時間14分

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »