2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 今度こそ・・・ | トップページ | 首を温めろ! »

2005年1月31日 (月)

クルクルクルクルクルクル

3000キロまであと・・・2762.7キロ

toshさんのサイトにギア比計算表がある。
ブロンプトンはギア歯数はフロント50、リア13。内装ギア比は0.73、1、1.36。タイヤ周長は1185㎜。

で、何を知りたかったかというと・・・。
本日の帰り道、全て1速で走ってみたのだ。
時速20キロを保つようにペダルを漕いでみたのだが、かなりのスピードで回さないとならない。
持続させるのも難しい。

1速で時速20キロを保つのは、一体ケイデンス(一分間のクランクの回転数)どれくらいなのだろうと・・・。
そうそう、toshさんが「ギア比計算表」を作っていた!と、帰宅するなりパソコンへ・・・。

その結果、1速で20キロを保つには、ケイデンス100くらいで回さないとならないことが解った。
toshさんは「90rpm前後が効率が良いとされていますが、レースで乗る人以外には90rpmで走り続けるのはキツいでしょう。」とコメントしている。
モチロン私は「レースで乗る人以外」なのでキツいはずだ・・・。

しかしこれだけクルクルクルクルクルクルクルクル回すと、このニックき太ももが細くなりそうな気がする。
しばらくこれで通勤を続けてみようと思う。

ちなみに往復24キロを走るのに使う、ペダルの回転数は2400000センチ÷333センチ(ペダル一回転で進む距離)=7207.2。
約7207回転です。
疲れました・・・。

toshさんはこういう計算に使うために作られたのではないかもしれませんが、とても面白く役立ちます。ありがとう。
この計算表については米田さんも記事にされています。

走行距離 24.3キロ
走行時間 1時間35分

« 今度こそ・・・ | トップページ | 首を温めろ! »

コメント

あんまり無理して重いギアで走ると膝を痛めますから、軽いギアでくるくるくるくるが良いですね~

ところがですね、やたら速いケイデンスで回せばいいってもんじゃないんですよ。速いケイデンスで回すと心拍数が上がりますよね。で、心拍数の高い運動ってのは、いわゆる無酸素運動でありまして、あまり良くないそうで。

http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/40/4317/s_joho/sports/training/training.htm

上のページによると、エアロバイクでの話になりますが、「ケイデンスは75~85ぐらいで」とありますんで、ちょっと早めに楽に回せるぐらいのケイデンスでちょうど良さ気です。

というわけで、効率の良いトレーニングをするためには、ハートレートメーターが必要らしいんですよ。ワタシは↓を発注しました。

http://www.cb-asahi.co.jp/image/kaigai/pulse/focus.html

ケイデンスなんて気にしたこともありませんが、今は寒いし、膝が痛くなるので私もクルクルクルクルッですよ。

> しかしこれだけクルクルクルクルクルクルクルクル回すと、このニックき太ももが細くなりそうな気がする。

もっと太くなったりして。夏のオリンピックで自転車と冬のオリンピックでスケートを目指しますか(笑)。

ケイデンス90なんてのはSPDシューズでもつけてないと無理っぽいです。
こないだはケイデンス45でダラダラと走ってました。

>クルクルクルクル
本日、15~18km/hで走りましたので、おそらくケイデンスは75~85位だったのではないかと。
無酸素運動にならないよう、昨日よりかなり余裕のある走り方にしてみました。

この肉き・・・いや、憎き太ももが細くなるか、効果の程は解りませんが、2速より1速で走ったほうが確かに筋肉への負担は軽いような気がしましたね。
ジョギングをしたような心地よい疲労感。
これでゆっくりとお風呂に入り、ストレッチをしたらぐっすりと眠れそう。

>ハートレートメーター
実は密かに欲しいと思っています・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52462/2765767

この記事へのトラックバック一覧です: クルクルクルクルクルクル:

« 今度こそ・・・ | トップページ | 首を温めろ! »