2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 下北沢にはもう行かない | トップページ | 過ぎた日の微笑みなんかいらないけれど・・・ »

2005年2月 7日 (月)

今更ですが、BAA。

3000キロまであと・・・2648.4キロ

BAAってご存知でしたか?
いやはや、お恥ずかしながらワタクシは今日の今日まで知りませんでした。
自転車乗りの風上にも置けませんな。

たまたま、出掛けにテレビを見ていたら「自転車の安全基準・・・」だの「このマークの付いた自転車を・・・」だのって言っているCMをやっていたのですよ。
気になったのですが、仕事に行かなきゃならんので帰ってきてから調べることにしました。

で、今調べたんですがね。
コレでした。
社団法人自転車協会が高品質で安全性に優れた自転車を提供するために2004年9月に制定したもので、適合車にはBAAマークを付けることを推進しているらしいです。
BAA=Bicycle Association(Japan) Approved
「社団法人自転車協会認証」という意味。

「自転車安全基準」の主な内容は・・・
フレーム、ハンドル、前ホーク、ペダル、ブレーキ、車輪、ギヤクランク、どろよけ、ネジの品質強度。照明の明るさ、操作性。雨天時でも安全円滑に停止できるか制動性能。夜間走行安全性を考慮し、前後とペダルのリフレクター装備の義務付け、またその視認性。グリップの離脱力・・・など。

つまりこのマークの付いた自転車なら、前記の安全基準を満たした安心自転車なのである。また、万が一このマークが付いた自転車の製造上の欠陥で事故が発生しても、製造または輸入事業者の責任で補償してくれるのだそうだ。

BAAマークの対象車は一般車。本格MTB、ロードレーサーは最初から過酷な使用条件で設計されているので除かれる。

なぜ、このような安全基準が必要になったかというと、ここ数年、自転車の低価格化にともない、品質までも低下した粗悪な製品による事故が増えたからだそうだ。

ふうん。そっかー。じゃあ、みんな!これからはBAAマークの付いた自転車を買おうね!・・・って言う前に、私が驚いたのは、今までこんな安全基準もなしに自転車は製造され、販売されていたのか!ってことです。
自転車は「命を乗せて走るもの」ですよ。ママチャリだって頑張って漕げば自動車と同じくらいのスピードは出るものですよ。当然、それ相応の安全基準があって製造されているもんだと思っていました。

今年一番のビックリ出来事でした。

そういや、私の自転車2台ともBAAマーク付いてない・・・。

走行距離 24.3キロ
走行時間 1時間41分

« 下北沢にはもう行かない | トップページ | 過ぎた日の微笑みなんかいらないけれど・・・ »

コメント

BAAコマーシャルでやっているのは知っていました。これを見たときの感想は「こういう基準を作って日本の企業を守ろうとしているのかな?」ということ。結構中小企業の社長とお話すると(自転車に限らず)良い試作品を作るとそれを中国などに持っていって向こうで安く生産されちゃう。なんて嘆きをよく聞きますからね。うちのママチャリにはあったかなー安いから無いかも^^(3速ので¥10000でした)

自転車って、7分組みって言って、工場出荷時は7割ぐらいしか組み上がってなくて、販売店で最終組み立てと調整をするものなので、基準を作るったって難しかったんです。きちんと設計されていても、組み付けがダメだったら、やっぱりその自転車はダメなわけでして。逆に、自転車屋さんの組み付けの技術が信頼できるものなら、むしろ、こういう基準はジャマだったりもします。スポーツ車が対象外になっているのは、そこいらの事情もあるんですよ。
# スポーツ車の組み立ては、本当にお店で削ったり磨いたりまでしてるんで、「削ったら対象外」な基準ができるとジャマです。


> 安いから無いかも^^(3速ので¥10000でした)

う゛っ、その値段はビミョー。

ブリジストンのページをざっと見ましたが、3段変速の自転車の定価は2万円以上ですね。ちゃんと組み付けてくれる、普通の自転車屋さんだと5%引ければいいところですから、BAA適合車だ2万円前後じゃないかな。

BYCYCLE CLUBで\7,800のママチャリをテストする企画が一年ぐらい続いています。意外とトラブルはないそうですけど、1年も乗るとフレームが歪んでくる(全体に右下がりになるらしい)とか、トラブルの前兆は出てくるらしいです。もっとも、ふつーの人がそれで問題に感じるかというと、これまたビミョーだったりして。

うちのにはBAAマークついてないなぁ。

BAAは今年から始まってますから、その前に買った高円寺1号には付いていないのは当然ですね ^^)。ブロンプトンは対象外ですから付きません。

BAAは新聞で読んだことがあって知ってましたよ(^^)
話はすこしずれるんですけど、僕の先輩が新しい自転車を買うときにちゃんとした自転車店で買うようにアドバイスしたのですが、買いに先輩が行かれたときにお店の人と安い自転車と高い自転車(一般車)について話したら、イ○ンで売られてるような自転車は同じブ○ジス○ンでも生産場所が違うため品質も全然違うそうです。
その品質がすごく大事なのに、自転車って一般的にはそんなことどうでもよいと思われてしまいやすいことが悲しいですね~。
BAAが普及してほしいと僕も願ってます。

ayakoさん、suzyさん、toshさん、パトラッシュさん、コメントありがとうございます(^^)

>BAA
国民を守ろうという大義名分の裏で私腹を肥やすおためごかしの政治家のようなモノでなく、本当に安全な自転車を提供するモノであって欲しいですね。

7分組みの場合は同じ自転車でも最終組み立てをする店に自転車組立整備士または自転車安全整備士の資格を持っている人いればBAA適合車、いなかったら不適合車に・・・なんてことになるのかしらん?
それとも自転車を取り扱っているお店には必ず資格を持っている人がいるのかな?スーパーとか、ディスカウントショップとかにも・・・?

一般車なのだから、高級なパーツを使うことなどないけれど、品質の良い自転車を作ってもらいたい・・・国が違っても。・・・こんなことって、当たり前のことなのにねえ・・・。

「自転車組立整備士」資格もいい加減なもので、例えば、ワタシが出入りしている「サイクルメンテナンス」という自転車屋さんのスタッフには、資格を持っている人は誰もいないのですが、それで何の問題もなかったりします。

資格を持っててもダメな自転車屋さんはダメなので。ま、免許があっても、ヤブ医者がいるようなもんですね。
# 無免許のブラックジャックが現実にいるかどうかは不明だけど :-p。

そうそう。
この世の中、「資格」ってのも当てになりませんね。

なのに資格、資格って・・・。資格がある人にしか権利がないことって多いですからね。
可笑しな話です。

私なんてもう何年も車を運転していなくて、運転を忘れちゃっているのにゴールド免許ですわよ(^_^;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52462/2846278

この記事へのトラックバック一覧です: 今更ですが、BAA。:

» BAA と自転車への PSC マーク制度適用について [おのひろきおんらいん]
BAA マークは(社)自転車協会からのもので,自転車業界から基準ですね.とにかく安いものをって考えていた消費者に,安くて一定以上の品質のものを買おうと動機づけ出... [続きを読む]

« 下北沢にはもう行かない | トップページ | 過ぎた日の微笑みなんかいらないけれど・・・ »