2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 今日のおみや | トップページ | とんかつの思い出 »

2005年4月18日 (月)

高遠で出会ったナイスなサイクリスト

3000キロまであと・・・1868.2キロ

週末、高遠の桜を見に行った。

高遠・・・。そう、日本の桜三大名所のひとつ、長野県上伊那郡高遠町の高遠城址公園の桜だ。
桜好きな方なら誰でも死ぬ前に一度は見ておきたい名所中の名所だ。

050417高遠から南アルプスを望む・・・。
(大きい写真を見たい人はクリック♪)

0504172高遠の桜はコヒガンザクラ。
ソメイヨシノよりピンクが濃いのだ。
樹齢100年を越える可憐な桜が約1500本も・・・・!

050416夜桜も幻想的な美しさ・・・。
夜空を這い渡る見事な枝っぷり。

私も何が何でもこの与えられた人生で一目見たかったのだが、実現に至らず40年。
今年はこの週末、他のツーリング(オートバイ)の予定が入っていたため諦めていたのだが、16日の土曜は雨という予報。日帰りツーリングは中止。ところが当日、何とか天気が持ちそうな感じ。で、思い立ったら吉日。
「そうだ、高遠に行こう!」(バイクで・・・しかもタンデムで・・・)

その日は夜桜を見て、翌日早起きしてもう一度高遠へ。
この週末で満開を迎えるため、高遠に続く道は大渋滞。中央高速の諏訪I.Cを降り、国道20号から152号に入り杖突峠を越え30キロ程延々と走るのだが、もうすでにそこから渋滞は始まっていた。まさに「高くて遠い町、高遠」。

なかなか進まない道を、うだ~っとしながら待ちくたびれていたら、横を一人のロードに乗ったサイクリストが颯爽と追い越していった。チェレステのビアンキだ。
一瞬、顔を見て驚いた。
結構な歳のおじさんであった。白髪混じりの髪に顔のシワの具合からして50代後半から60代前半といった感じであった。
連れにそれを告げると、「いや、あの太もものハリ具合は若者だ」と言う。

あの高さ1247メートルの杖突峠を越えてきたのだろうか?
バイクでもうんざりするほどのワインディングに急勾配だ。
私の見間違いか?

しばらくすると渋滞の車は動き始め、そのサイクリストを抜かした。もう一度顔を見るとやはり白髪混じりのおじさんであった。レーパンに包まれた太ももはパンパンに筋肉が付き、日に焼けた顔にサングラス、ヘルメット。
かっこいいじゃないか・・・。

「高遠まで行くつもりなのか?」
しかしまだまだ道のりは遠い。30キロと言えどもこの後もきつい勾配を走り続けなくてはならない。
無事に到着するのだろうか・・・。

渋滞を繰り返しながら走り続け、途中から、前日に宿泊したペンションのお兄ちゃんから教わった裏道へ入り、その後は順調に高遠城址公園までたどり着いた。駐車場にバイクを停めようとしたその時。
なんとそのおじさんサイクリストがすでに到着していたのだ!

私たちは驚き、思わず拍手をしてしまった!「お見事!!」
ビアンキのおじさん、アッパレ!!
いやはや、何ともカッコよすぎるおじさんだ。

高遠の桜も素晴らしかったが、このサイクリストに出会えたことも印象に残る、大満足の高遠の旅であった。

しかし、翌日の今日…
顔と首が長野の花粉のため再び腫れあがり、トホホな一日となってしまったのだ。
がっかり・・・。

走行距離 24.3キロ
走行時間 1時間47分


« 今日のおみや | トップページ | とんかつの思い出 »

コメント

それって、塩沢さんかなあ?
このアルバムに、写っているのはビアンキだと思うけど。
http://photos.yahoo.co.jp/bc/khshioza/lst?.dir=&.view=t
私がWEB参加している、インターネットサイクリングクラブ(4040CLUB)のメンバーの方です。
http://4040club.cute-site.com/
私は、日曜日に狩野川100kmを走ってきました。急に4月になったんで、参加者が例年の半分しかいないとのことでした。初めての輪行だったり、可愛い女の子と一緒に走ったり、川原の菜の花に似た花がきれいだったりで、楽しい一日でした。

そうなんです。私も一度は見に行きたかった高遠。4月22日が会社の創立記念日で高遠行きを決めていました。杖突峠からの152はやはり混雑ですか・・今週もまだお花見渋滞かなあ・・・あ、そうだ平日だから大丈夫かな。分杭峠まで足を伸ばしたいと思ってるのですが迂回路がない・・・

やはりご本人でした。
メーリングリストの返事です。
「私は気がつきませんでしたが、たぶん私のことと思います。オートバイにも何台も会いました。途中抜かれたのですが、渋滞の中今度は私が追い抜きました。駐車場に着き、自転車をおして公園の入り口まで行き係の人に自転車を頼んで、中に入りました。
私が乗っていったのは、チェレステのビアンキです。」
塩沢さん62歳、長野在住。未だ、お会いしたことはないんですが、東京オフにも自走されたとのこと。恐るべし!
狩野川の標高差400mでひいひい言っているようじゃだめだね。

うわ~きれーいヾ(。´∀`)ノ
10、11日で母が行ったときは入り口の数本だけ咲いていたとか・・・・
シートをかけて、ストーブを焚いて開花させたとの情報も・・・
私もいつか見てみたい!

それにしても、62歳現役のサイクリストかぁ・・・・素敵(* ̄。 ̄*)
・・・ということは、kiraさんっ!私たちもまだまだ自転車を楽しめるってことですよね(^^)

そういえば、最近太ももが太くなってきたみたい(^^;; だって、イスに座って立つとき、ズボンが太ももにひっかっかって、降りてこないもん!この状態、解る・・?
自転車のせいなのか・・?単なる○年太りなのか・・・?

@nifty FCYCLEの人達と一緒に走ってると、bicyclaさんやchoさんがいるから、60代サイクリストの話を聞いてもあまり驚かなくなった ^^;)。bicyclaさんの走りは70代とは思えませんもん ^^:)。っていうか、今のワタシの体力じゃ対抗できません ;_;)。

そういや、ワタシ、90代ヨットマンも知ってる ^^;)。年齢なんか関係ありませんね。

皆様、腫れ物に触らないように、されていらっしゃいますけど。恐る恐る聞いちゃいます。
免許証の更新は、大丈夫ですよね?・・・
ウチのチームのオジサン達も(私も40半ばのおじさんですが)、ツーリングで5~10才も若い私を平気チギッテ入ってしまいます。この前なんか、2時間以上も差を付けられました。

▽mcberryさん
あらら!奇遇ですね!そうなんですか!
お知り合いでしたか!
おそらくその日、他にチェレステのビアンキで走っていらっしゃる方がいなければ間違いなく塩沢さんでしょう(^^)
ホントに眩しい方でしたよ!

>狩野川100km
走破ですか(+_+)。スゴイスゴイ!
この季節、満喫しないとね!
休日の天気を毎週気にしています(^^)

▽kazeさん
高遠、想像以上の桜でした。
22日、お天気は恵まれそうですが、桜はどうかな?上手い具合に桜舞う時期になればよいけど・・・。桜の命ははかないですからね。
バイクなら渋滞もさほど気になりませんが・・・。
クルマだと大変そうでした。

▽suzyさん
>シートをかけて、ストーブを焚いて開花させたとの情報も・・・
高遠はこの桜の時期が一年の内の唯一の稼ぎ時だそうです。
上手い具合に週末に満開を迎えるなんて、あながちこの方法もありえない話ではない・・・。
その週の金曜日にはニュース23で中継をしているし・・・。
計画的開花か??

>・・・ということは、kiraさんっ!私たちもまだまだ自転車を楽しめるってことですよね(^^)
そりゃもう、もちろん!
あと20年は余裕ですわ。
息の長~いスポーツでございます。

>イスに座って立つとき、ズボンが太ももにひっかっかって、降りてこないもん!
え~え~よ~く解ります(泣)
太ももパーン!!状態です。
●年太りか否かは、触ってみると解ります。
固けりゃ筋肉。
ちなみに私のは固すぎ。これじゃ、あの人の膝枕になれないわ…。(誰じゃ!)

きっと間違いなくsuzyさんも固そう・・・。

▽toshさん
そう、自転車って歳を重ねても乗り続けられ、体を鍛えることができるところが魅力的。
60代なんてまだまだ若いのかも・・・。

>90代ヨットマン
ナニ!?
海の男は永遠の若大将か!?

▽ヒラさん
>腫れ物に触らないように、されていらっしゃいますけど。
いやいや、みなさんその話題はもう忘却の彼方・・・。
ご心配いただいて恐縮です・・・。
まさか、顔の悪さ・・・いえいえ肌の状態の悪さがここまで長引くとは思いませんでした。恐るべし花粉攻撃。
来週の平日に更新する予定なんで、それまでに美しくしなきゃ。

>2時間以上も差を付けられました。
2時間・・・温泉入ってゆっくりくつろげる位の時間ですな。
一体、その体力はどうやったら付いてくるものなのか?
私のようにチンタラ走っているんじゃ鍛え方が足りないのでしょう・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52462/3761052

この記事へのトラックバック一覧です: 高遠で出会ったナイスなサイクリスト:

« 今日のおみや | トップページ | とんかつの思い出 »