2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月

2005年4月30日 (土)

空を見たいポタ

3000キロまであと・・・1618.5キロ

急に何もかもイヤになって空が見たくなった。

何もかも・・・とは、作り笑顔で耳を傾けないとならない職場の上司の下世話な話、毎度毎度遅刻する同僚、深夜の繁華街の路上駐車、ヘタクソな工事現場の誘導員、道を占領する酔っ払い、もっと他にやらなきゃならないことがあるだろうに郵政民営化でゴタツク政治、JR西日本、みのもんた、住んでいるマンションの管理体制などなど。

で、私の趣味はインテリアで、小さいけれど自分なりにこだわった部屋にしていたのだが、今や物が溢れ散乱状態。
一人掛けソファーには服が投げかけられ、アンティークのテーブルやライティングデスクの上は資料だの本だのガラクタの山、床は雑誌やらキャンプ道具が散乱。

それを今日起きてから、片付けていたのだが、片付かない。
何だかいろんなもんが積もり積もってだんだんムカムカしてきて、部屋にいることがイヤになって飛び出した、と言うわけだ。

寝っ転がって空が見たい。
空以外は何も目に入らないところに行きたい。

0504301・・・と自転車を走らせ行き着いたところは多摩川。

0504302以前に一度訪れたことがあったのだが、サイクリングロードを走るのは初めてだ。
午後も3時を回っていたのでそう遠くへは走れないが、広がる空を眺めながらまっすぐな道を何も考えずに走るのは気持ちいい。

0504304しばらく自転車を走らせ、途中で休憩。

0504303そして、念願の空。
見上げた空は春霞。
子供の笑い声、鳥のさえずり、萌える草、そよぐ風が、イライラしていた私を癒す。

帰ろ~っと。

多摩サイ。今度はもっと早く来て、海に向かって走ってみたいぞ。

4月最後のポタリングでした。

走行距離 33.1キロ
走行時間 2時間36分

2005年4月29日 (金)

またかYO!猛暑!!

3000キロまであと・・・1651.6キロ

何でも今年も猛暑らしい。
もう、しょうがないなあ・・・。

毎日新聞(4月30日付)によると、太平洋の赤道付近の海水温が高くなると太平洋高気圧が強まり、日本は好天になるらしい。

あーあーやだなあ・・・。あの昨夏の猛暑が再び襲ってくるとは・・・。
昨年はあまりにもの暑さに、自転車通勤を夏中断念してしまったのだが、今年もそうなるのか?
何とか今年は乗り続けたいのだが、今から対策を練らないといけないなあ。

そういえば、海水温が上がると南極やら北極の氷が溶けますわね。
そしたら海水温は下がるんじゃないんですか?

050429アイスティー淹れるのに、氷が一杯入ったグラスに濃い目の熱い紅茶を入れるでしょ?そうすると丁度良い濃さの冷たいアイスティーになるじゃないですか。そんな感じで・・・。

ちがうの?

走行距離 24.3キロ
走行距離 1時間47分

2005年4月27日 (水)

免許更新

3000キロまであと・・・1675.9キロ

やっとこさ免許更新に行ってきた。
肌の調子は何とかなったのだが、寄る年波には勝てない。引力には勝てない。
確実に5年前の写真より老け込んだ。

この免許証で平成22年まで持たせなけりゃならん。
平成22年って45歳だと。どーなっていることやら。想像するのも怖い。

最近の免許更新手続きは早いですねー。
流れ作業で1時間もあれば手元に届く。
昔は一日作業で、更新の為に会社を休まなきゃならなかった。

しかしなんですな。
私はゴールド免許で、無事故無違反の者が持てる特権。
これって、免許取ったはいいけど、全然車の運転しない人でも貰えちゃうところに非常に矛盾を感じますな。
30分の講習を受けるんだけど、「あなた方は優良運転者だから、違反などしないすばらしい模範運転者」のようなことを言われると、周囲を見渡し、「ホントかい??」と思うわけ。
ハンドル握ったことないようなオバちゃんジイちゃんネエちゃんを目の前に、よく言えるもんです。

050427最近、思うんです。
生まれ変わったら絶対公務員になろうって。


走行距離 11.7キロ
走行時間 1時間

2005年4月25日 (月)

謎の若者

3000キロまであと・・・1687.6キロ

自転車に乗ったあるひとりの若者に、昨日今日と二日続けて遭遇した。

両日とも、午後2時過ぎ頃であったと思う。
青梅街道を、真っ白いロードに乗り颯爽と走り抜ける一人の若者。

彼は素っ裸であった。
いや、一応昨日は白いパンツ。今日は黒いパンツを着用していた。
あとシューズも履いていたと思う。
坊主頭で素っ裸。身に着けているものはパンツとシューズのみ。

何でだろう?何故に彼はその細くなまっちろい上半身を丸出しで走るんだ?
かなりのスピードで走っているのに、ダイジョウブなのか?
すっ転んだらひとたまりもないだろうに。

050426日焼けしたいのか?
体を鍛えたいのか?
露出狂なのか?

真意の程がつかめない・・・。


走行距離 24.7キロ
走行時間 1時間55分

2005年4月24日 (日)

よれよれのお台場ぽた

3000キロまであと・・・1712.3キロ

05042413本日は晴天なり。
先日、姉の住む月島まで走れたんで、その先にあるお台場まで行ってみたい・・・。
そんなチャレンジ精神が芽生えた私は、本日思い切って挑戦してみることにしたのであった。

05042402嫌がる連れを無理矢理誘い出し、午後2時頃に出発。
見上げる空は、雲ひとつない晴天。
ついついシャッターを切りたくなる。
そびえ立つ都庁。

05042403またもや増上寺でお地蔵さんに挨拶。春風に色とりどりの風車が勢いよく回る。

05042404まぶしいぜ、東京タワー。

順調に走っていたのだが、勝鬨橋を渡り、晴海を過ぎ、豊洲に入ったところ辺りから走るのに飽きてきた。
景色が面白くないのだ。
埋立地で工場やマンションが立ち並び、緑が少ない。
「まだ~??」
連れが嘆く。

遠くに見えるお台場の観覧車・・・。
「まだまだ走るようだよ・・・」
誘った私も途方に暮れる・・・。

05042405東雲のまっすぐな海岸線を走ると有明。
ようやく目処が見えてきた。
視界が開け、広がる空に羽田に向かう飛行機が何機も通過。
思わず見入る。

050424065時にお台場に到着。
風も強く寒い。
外にいるのは辛いので「デックス東京ビーチ」へ。
実はここに入るのはお恥ずかしながら初めて・・・。

05042407散々ウィンドショッピングしたあと、連れのオススメ、「陳麻婆豆腐」へ。

05042408これがめちゃくちゃ辛い。
あまりにもの辛さに、100人中99人が口に入れたとたん「エホッ、エホッ」と咳き込み、
100人中98人が食べ終わったら「チーン」と鼻をかむ。
麻婆豆腐セット 1280円

05042409しかし連れ曰く「この辛さの中に潜む旨さを感じ取らないともったいない。」
そう、確かに美味しいのだ。
様々な香辛料を使い、コク、深みがある。
私は辛さで唇が震えたが、美味しさを感じるために水を一適も飲まずに完食した。
このお味は癖になりますぜ、オクサン。

05042411なんだかんだで、4時間もウロウロ。
外に出ると輝くイルミネーションと夜景とそして満月が私たちを楽しませてくれた。

05042410さて帰らねば・・・。
これからまた長い長い道のりが待っているのだ・・・。

05042412途中、増上寺で休憩。

帰宅は深夜12時・・・。
ヘロヘロになって到着。
走行距離は48.8キロ。

私たちには40キロ以上のポタは体に悪い・・・。
近場をウダウダ走ることが似合っているようだ。

走行距離 48.8キロ
走行時間 4時間3分

2005年4月23日 (土)

野川を上ろう

3000キロまであと・・・1761.1キロ

05042309以前、深大寺にポタリングに出かけたときに野川公園に向けて野川沿いを走ったことがあるのだが、その野川は世田谷の方に流れ、多摩川と合流するらしい。

で、本日は世田谷の方面から、野川を上流に向かって走ってみようと思ったのだ。
高円寺から荒玉水道道路をひたすら直進し、環八を越える。
砧の閑静な住宅街を進む。仙川を渡り、世田谷通りを越える交差点がちょいとややこしいが、これを過ぎると野川にぶつかる。
05042301川沿いに広がる菜の花。まぶしい。
05042302小さな公園でひと休み。
05042303野川は、いつも走る神田川や善福寺川と違い、川幅が広く空も広々と開けていて気持ちいい。里桜が周囲の緑に映える。
05042306サイクリングロードから一部川辺に下りることが出来る。
05042304東京都の有形民俗文化財に指定されている水車。
05042305こいのぼりが気持ち良さそうに・・・ダレている・・・。しっかり泳げよ。
05042308御狩野橋より。
この橋を右折して東八道路を走り三鷹市内へ。
05042307玉川上水。
このアーチ型の橋はレンガ造りの牟礼橋。1849年に架けられた橋。
ここの鯉は泳いでいた・・・。

世田谷からの野川コースは開放感があり、新緑も目に優しく、この1週間のストレスもすっかり解消。

今更ながら、自転車、もうやめられまへんわ・・・。

走行距離 33.8キロ
走行時間 2時間46分


2005年4月22日 (金)

明るくいきたい

3000キロまであと・・・1794.9キロ

最近は日中、気温が20℃を越える日も多くなり、服装もTシャツに薄地のウインドブレーカーで充分である。
しかし、深夜はまだまだ冷え込む。帰宅が深夜になる日は厚地のウィンドブレーカーを持っていく。

で、問題はこの厚地のウインドブレーカー。
機能は申し分ないのだが、色が暗い。黒とグレーのツートンカラー。
これじゃあ、夜道に目立たない。

まあ、もともと自転車用に買った物ではなく、持っているジャケット類は暗めのカラーが殆んどであるから仕方ないのだが・・・。

その上、只今の私は眼鏡に花粉症用マスク着用で顔がほぼ隠れている状態。
真っ暗な夜道を、こんなのがもわ~っと現れたら、驚き恐がる女性もいたりするかも。
おまわりさんに職務質問されてもおかしくない。

050422ここはひとつ自転車用に思いっきり明るいカラーの厚地ウィンドブレーカーを購入しようと思う。
マッ黄ッ黄とか。

ユニクロで出さないかなー。女性モンの派手でオサレで機能的なウインドブレーカー。

走行距離 24.3キロ
走行時間 1時間46分

2005年4月21日 (木)

黄砂に吹かれて

3000キロまであと・・・1819.2キロ

さて、黄砂がやってきました。
気象庁の予報によりますと、昨日今日で黄砂が偏西風に乗って、日本列島を通過するそうです。

何となく空気が黄色い気がするのは、黄砂のセイ?それとも寝不足のセイ?

黄砂って、ゴビ砂漠など遠い遠い大陸からはるばるやってくるんですよね。
一度も訪れたことがなく、そしてこの先も訪れる予定のない場所です。
そんな異国の砂が、今、私の髪に肩に服に舞い降りる・・・。
浪漫を感じずに入られません。

ところが、そんな悠長なことも言っていられないそうじゃあないですか。
黄砂の量は年々増えていて、その原因は環境問題にあるらしいです。

例えばゴビ砂漠は5月頃から草原になるらしいのですが、
最近羊ちゃんを放牧し過ぎることなどが原因で、草地が減少。砂漠化が進んじゃっているそうなんですよ。

それと中国から飛来する黄砂は、中国の産業化が進み、酸化窒素、二酸化硫黄のような汚染物質が大量に混ざっているんですと。恐ろすぃ・・・。

で、黄砂はアルカリ性で、肌の毛穴を開かせてしまう。特に私のような花粉の為に美しいお肌がガサガサになってしまった人には追い討ちをかけられ、ますます悪化させてしまうらしいです。

050421コワイコワイお話でした・・・。





走行距離 24.9キロ
走行時間 1時間48分


2005年4月20日 (水)

とんかつの思い出

3000キロまであと・・・1844.1キロ

本日は雨。
で、雨の日は自転車に乗れないわけで・・・。
地下鉄に揺られ通勤するわけで・・・。

当然駅から職場まで歩くわけで・・・。
いや、ホントは歩いて10分も掛からない道のりをタクシーで行っちゃおうかなーなんて気にもなったのだけど、只今貧乏中な身なのでトボトボ歩きました。

駅から職場までの道のりはなだらかーーな登坂なんです。
普段自転車で足腰鍛えてますから、これくらいの坂道は何てことないはずなのです。
ところが、息もゼイゼイ。足はだるい。

おっかしいなー。
自転車と徒歩は使う筋肉が違うのだろうけど・・・こうも疲れるものなのか。
もう、たかだか10分足らずの道のりがきつくてきつくて・・・ものすごく遠く感じました。

最近肉食べてないし、こりゃ粗食がいけないのだ…。

そう思った私は、夕食に高円寺のとんかつ屋「とん吉」で、特製上ロースカツ定食を食べたのであった。
何?貧乏中なのに贅沢??

050420ここのとん吉さんは、毎週水曜、木曜は半額デーなのだ。
1500円もする特製上ロースカツ定食が何と涙の750円!!
箸で切れる柔らかくジューシーでビッグなとんかつ。
山盛りのキャベツ。
ご飯のお代わりは1杯まで無料。
昭和の香りぷんぷんのスパゲティサラダ(スパゲティときゅうりとツナとレタスのマヨネーズ和え)は2杯まで無料。
あー高円寺に住んでよかったと思えるお店なのだ。

で、またお店のおばちゃんとおじさんが変に愛想が良いのではなく、無愛想な中に愛情がある応対なのだ。
「はい、お代わりは?」「お茶は?」
ぶっきらぼうな言い方なんだけど、母親のような愛があるんだなあ。オカーチャン・・・。

そういえば子供の頃、ウチは何故か木曜日になるととんかつを食べていた。
「寿司屋のケンちゃん」をキョウダイ並んで見ている横の台所で、オカーチャンがとんかつを揚げている音が聞こえていたものだった。

「ねえおかーさん、うちはいつももくようびにとんかつだね。」
「あら、そうかしら?」
「だって、いつもケンチャンみてるひにとんかつだもん」
「あら、そうだわね。」
そんな会話をしたことがある。

あれは何故だったんだろう。
働く父に、週の半ばにとんかつ食べて力を付けて、週末に向けて頑張ってもらおうという愛情だったのだろうか?

 すし屋のケンチャンどこ行くの
 急ぎの出前だ、お手伝い
 おかもち提げて~
 まかしといて~
 飛んで出たのはいいけれど
 聞かずに出ちゃった
 届け先~

覚えてるもんだ。

昨日の
走行距離 24.1キロ
走行時間 1時間43分

2005年4月18日 (月)

高遠で出会ったナイスなサイクリスト

3000キロまであと・・・1868.2キロ

週末、高遠の桜を見に行った。

高遠・・・。そう、日本の桜三大名所のひとつ、長野県上伊那郡高遠町の高遠城址公園の桜だ。
桜好きな方なら誰でも死ぬ前に一度は見ておきたい名所中の名所だ。

050417高遠から南アルプスを望む・・・。
(大きい写真を見たい人はクリック♪)

0504172高遠の桜はコヒガンザクラ。
ソメイヨシノよりピンクが濃いのだ。
樹齢100年を越える可憐な桜が約1500本も・・・・!

050416夜桜も幻想的な美しさ・・・。
夜空を這い渡る見事な枝っぷり。

私も何が何でもこの与えられた人生で一目見たかったのだが、実現に至らず40年。
今年はこの週末、他のツーリング(オートバイ)の予定が入っていたため諦めていたのだが、16日の土曜は雨という予報。日帰りツーリングは中止。ところが当日、何とか天気が持ちそうな感じ。で、思い立ったら吉日。
「そうだ、高遠に行こう!」(バイクで・・・しかもタンデムで・・・)

その日は夜桜を見て、翌日早起きしてもう一度高遠へ。
この週末で満開を迎えるため、高遠に続く道は大渋滞。中央高速の諏訪I.Cを降り、国道20号から152号に入り杖突峠を越え30キロ程延々と走るのだが、もうすでにそこから渋滞は始まっていた。まさに「高くて遠い町、高遠」。

なかなか進まない道を、うだ~っとしながら待ちくたびれていたら、横を一人のロードに乗ったサイクリストが颯爽と追い越していった。チェレステのビアンキだ。
一瞬、顔を見て驚いた。
結構な歳のおじさんであった。白髪混じりの髪に顔のシワの具合からして50代後半から60代前半といった感じであった。
連れにそれを告げると、「いや、あの太もものハリ具合は若者だ」と言う。

あの高さ1247メートルの杖突峠を越えてきたのだろうか?
バイクでもうんざりするほどのワインディングに急勾配だ。
私の見間違いか?

しばらくすると渋滞の車は動き始め、そのサイクリストを抜かした。もう一度顔を見るとやはり白髪混じりのおじさんであった。レーパンに包まれた太ももはパンパンに筋肉が付き、日に焼けた顔にサングラス、ヘルメット。
かっこいいじゃないか・・・。

「高遠まで行くつもりなのか?」
しかしまだまだ道のりは遠い。30キロと言えどもこの後もきつい勾配を走り続けなくてはならない。
無事に到着するのだろうか・・・。

渋滞を繰り返しながら走り続け、途中から、前日に宿泊したペンションのお兄ちゃんから教わった裏道へ入り、その後は順調に高遠城址公園までたどり着いた。駐車場にバイクを停めようとしたその時。
なんとそのおじさんサイクリストがすでに到着していたのだ!

私たちは驚き、思わず拍手をしてしまった!「お見事!!」
ビアンキのおじさん、アッパレ!!
いやはや、何ともカッコよすぎるおじさんだ。

高遠の桜も素晴らしかったが、このサイクリストに出会えたことも印象に残る、大満足の高遠の旅であった。

しかし、翌日の今日…
顔と首が長野の花粉のため再び腫れあがり、トホホな一日となってしまったのだ。
がっかり・・・。

走行距離 24.3キロ
走行時間 1時間47分


2005年4月15日 (金)

今日のおみや

3000キロまであと・・・1892.5キロ

0504151今日はお土産をいただきまして、koenji2号のリアキャリア、大活躍でございやした。
見てください、このザマ。これ一応「英国製フォールディングバイク」ですぜ。商店街走るオバチャリに負けず劣らずですの。おほほ。100均の黒いネットが泣ける・・・。

0504152で、今日のおみやはコチラ。

岐阜県は恵那市にある菓子老舗、恵那川上屋の洋菓子シリーズ「青い山脈」のレモンケーキ、 「初恋檸檬」でございます。
皆さん、初めてのキスは檸檬の味でしたかしら?
私?モチロン、んなわけありませんでした。
その本物の檸檬の果肉がたっぷり入ったパウンドケーキ。
しっとりして密度のあるパウンドケーキの中に甘酸っぱい檸檬の果肉がアクセント。
包み込むホワイトチョコが優しい味に輪をかけます。
爽やかで、それでいてほのかな甘み。

1個食べるとついつい二個目に手が出そうになるところをグッとこらえる、中年オンナの哀しさ・・・。

ここのお菓子は他のも美味しいぞー。
しっとりバウムクーヘンは、ほっときゃ一人で一気食いも可能。
通販やってます。皆さんもご賞味あれ。

走行距離 24.8キロ
走行時間 1時間49分

2005年4月14日 (木)

佃のお姉ちゃんちまで・・・

3000キロまであと・・・1917.3キロ

ようやく天気も回復し、久々の春日和。
今日は佃に住む姉に用事があり、初めて自転車で行ってみることにした。

以前から地図で下調べはしてあった。
港区麻布台にある私の職場へ行く道程と同じ。そこから東京タワーの脇を通り、増上寺、大門、浜松町を抜け、浜離宮、築地市場の脇を通り、晴海通にぶつかったら右折。勝鬨橋を渡り、左折して清澄通で月島を抜け、佃。

05041401増上寺の安国殿。
桜はもう散ってしまっている・・・。

05041402千躰子育て地蔵尊が並ぶ。
赤いおべべがかわいい。
(クリックすると大きくなるのだ)

05041403隅田川に架かる、勝鬨橋。この橋は跳ね橋なんだそうだ。昭和45年以来上がっていないらしい。
右下にカモメが・・・。
(クリックすると大きくなるぞよ)

05041405勝鬨橋よりお姉ちゃんちを望む。もうすぐだ。待ってろよー!!

春風が心地よく、順調に到着。職場から約7キロ。自宅から18キロチョイ。
思ったより近い。
ここまで来れたら、お台場若洲海浜公園までスグじゃないか。
ポタリングの幅が広がるぞー。

05041404帰りは勝鬨橋からの夜景がスンバらしい。
思わず見とれる・・・。
(クリックすると大きくなったりして)

途中、浜松町、大門辺りは、仕事を終え一杯引っ掛けに繰り出したサラリーマンがウヨウヨいて走りづらい。
お疲れさん。

ついでだから、職場に寄って一仕事して帰る。

水辺を走るって、気持ち良いもんだ。
充実の佃ポタでした。

走行距離 37.9キロ
走行時間 2時間56分

2005年4月 8日 (金)

恐るべし、オバちゃりだー

3000キロまであと・・・1955.2キロ

青梅街道の真ッ昼間ってのは、路駐が多く交通量も多いので、車道走行は命が幾つあっても足りないから、ブロンプトンでは歩道をチンタラ走る。

今日もノタノタ走っていたら、前にオバちゃりだーが割り込んできた。
大きな布製のリュックを背負い、ハンドルにはおきな紙袋を提げ、自転車に乗っている姿はまるでサーカスの熊が三輪車を運転しているようだ。
私はそのすぐ後ろを走る形になったのだが、そのオバちゃんがこれまたすさまじい。

「どぉけどけどけ~~い!!」の勢いでバク進!
ベルをチャリンチャリンチャリン!!とけたたましく鳴らしまくり、キキキーキキキーーーーッ!!!と耳をつんざくブレーキ音で道行く人を威嚇。皆オバちゃんのその勢いに気圧され、サササーーと避ける。

・・・で、私はその後ろを走ってるもんだから、スイスイ走れる・・・。スミマセン、ミナサン・・・。

ところがだ。
このオバちゃん、こともあろうに赤信号も無視して突っ走っていったのだ。
その直後!
キキキキーーーーーッ!!
「う゛えええぇえええぇぇぇぇーーー!!」

クルマの急ブレーキの音と共に、怪獣・・・いや、オバちゃんの奇声が!!

危機一髪!
あと5センチというところでオバちゃんは助かった。

なんと目の前は交番。
中からおまわりさんの「あぶねーなー!!」の声。

しかし、オバちゃんは再び何事もなかったかのように、また爆走を始めた。
「どぉけどけどけーーーぃ!!」

私はそのオバちゃんの背中を見て、ふと、ある四文字熟語が頭に浮かんだ。
「猪突猛進」

それにしてもオバちゃんのあの雄叫び・・・。

20代は「いや~ん!」
30代は「きゃーー!」
40代は「ひえ~~!」
それを過ぎると
「う゛えええぇえええぇぇぇぇーーー!!」
となるのか?
これは本来の動物としての本能の叫びなのか?
人は歳を重ねると獣に帰るのか??

恐ろしい・・・。


0504081外苑東通りの桜。

走行距離 24.4キロ
走行時間 1時間45分

2005年4月 7日 (木)

カタクリ・・・リベンジ!!

3000キロまであと・・・1979.6キロ

しつこいようだが、またもやカタクリリベンジだー!
桜の花も満開を迎え、気温も24度を越えるくらいの暖かい日が続いた今日なら、いくらなんでも0.001%(注*)だったカタクリも90%は咲いているだろうと、期待を込めて行って来ました、「清水山憩いの森」。

05040713途中、石神井公園の中を通り過ぎるのだが、桜は満開。ついつい足を止める。

05040712あ~満開・・・。

05040702春、麗・・・。

桜の美しさに見とれて先に進めない・・・。
ここは、「えいっやぁっ」と心を鬼にして本日の目的地へ向かわなければならない・・・。
思い切り後ろ髪を引かれたが、石神井公園の桜を後にする・・・。

050407142度目の「清水山憩いの森」。今日こそは・・・!!


05040711うおぉぉぉ~~!!咲いてた~!!カタクリちゃん達!!

05040710カワイイ・・・可憐だ・・・

05040705華やかな美しさこそないものの、小さいながらも凛とした雰囲気。

05040706こんな小さな花だが、花を咲かせるまでに7~8年かかり、開花期間は1週間足らず・・・日が当たって暖かいと花を開き、日が暮れると閉じる、雨が降れば閉じたまま・・・そして咲いた翌年は咲かない、という頑固でわがままで繊細な花なのだ。

これでもかってくらい写真を撮ってきたので、載せておく。

05040709花の中央に桜の花びらの形をした模様があるが、これは「蜜標」と呼ばれるもので、ミツバチなど虫たちに蜜のありかを教えるものなのだそうだ。

05040708踊っているようですな。

05040704美しい紫。

05040703んで、本日のベストショット。

いや~時の経つのも忘れてカタクリと戯れてきました。
管理のおじさん曰く「今日が一番の見頃だね」
やったぜ!リベンジ成功!!

カタクリ開花の貴重な一日を楽しむことが出来て、大満足の一日であった。がははは。


*3月31日に訪れたとき、管理のおじさんに「まだ0.001%しか咲いてないよ、わはは」と言われショックを受ける。
詳しくはこちら

走行距離 26.9キロ
走行時間 2時間5分

2005年4月 6日 (水)

信号無視!?

3000キロまであと・・・2006.5キロ

信号無視をしてしまった・・・。
春の全国交通安全週間初日に・・・。

・・・とはいったって、
「生まれてから40年。ワタクシは一度たりとも信号無視をしたことがない!」なんて胸を張って言えません。
正直に言おう。「何回かしたことがある。」
ゴメンナサイ。
最初にやったのは多分中学生くらい。最後は記憶にありません。

しかし、今回ばかりはワケが違う。
今まで生きて来た中での信号無視は、“信号が赤だと知っている上で”“安全を確認して”の行為であったのだが、今回は“まったく意識がなかった”のだ。気が付いたら赤信号を渡っていたのだ。
これは、大きく違う。

どちらがタチが悪いかというと、前者の方だと思う方もいらっしゃるであろう。
しかし、後者なのだ。
何故なら“安全確認していない”から。

あーー恐ろしい。
今こうして五体満足な体でパソコンに向かっているなんて奇跡だ。

時は午後2時過ぎ。通勤途中。
場所は新宿区霞岳町。国立競技場の真ん前の交差点。
ここはなだらかな坂道で、交差点を通過するときはある程度のスピードが出ている。

たしかに考え事をしていた。頭の中は、それで一杯だった。
先日この場所を通過するとき、路上の段差を乗り上げる勢いで、ボトルホルダーにさしておいたペットボトルが吹っ飛んで、道路に転がり落ちた。なので、今日は注意しなきゃなー・・・なんてことを考えていたのだ。
まあ、この脳ミソが真剣に考えることといったらこの程度だ。

・・・で、この交差点を半分まで来たとき、信号が赤であることに「はっ」と気が付いたのだ。
「おおおーーー!!!」
と思ったときにはすでに遅し。そのまま通過するしかなかった。

いや~・・・クルマが来なくてよかった・・・。
この交差点はそれ程交通量が多いわけではないが、全く通らないということではないから、ホントラッキーであった。ついでにおまわりさんにも捕まらなかった。
信号無視は「3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金」。あやうく刑務所行きになるところだった。
神様仏様ありがとう。

今日から「春の全国交通安全週間」。
中野辺りの青梅街道では4台玉突き事故があった。
みんな、春の訪れに浮かれてないで気を引き締めましょう・・・。

走行距離 24.6キロ
走行時間 1時間46分

2005年4月 5日 (火)

春の全国交通安全運動スタート

3000キロまであと・・・2031.1キロ

matuken最近、あちこちで只今話題沸騰中、松平健のポスターを見かける。
「春の全国交通安全運動」のポスターである。今年は彼がイメージキャラクター。

何でも去る3月24日、新宿は日本青年館で開かれた「高齢者交通安全春の祭典」とやらで、マツケン氏は集まった約1200人のお年寄りに「交通ルールを守って」と呼び掛けたのだそうだ。
で、「夜間の外出時にはキラキラ光る服を羽織って、事故に遭わないように気を付けてください」などと話したらしい。

是非ポスターもマツケンサンバ2の衣装で決めて欲しかったものだ。こんな渋い顔してちゃあ、年寄りウケは良くても子供たちは「あっマツケンだ!」と解らない。

それはともかく・・・。6日から15日まで、おまわりさんも大忙し。年に2回の書き入れ時。
皆さん、おっ捕まって餌食にならないよう気を付けましょう。

さあ、お年寄りがキラキラ光る服を身にまといお出掛けする姿が見られますよ~。楽しみですね!

走行距離 24.6キロ
走行時間 1時間42分


2005年4月 4日 (月)

困った春。

3000キロまであと・・・2055.7キロ

ようやく春本番。
待ち遠しかった桜の花も開き始めた。
明日から20℃を越える暖かな日が続くらしい。

そこで、だ。
心配される花粉飛散状況なのだが。
杉の木が撒き散らしてきた花粉はピークを越えたらしい。花粉で真っ茶色だったお山の杉の木も緑色になってきた、との情報も入っている。

ほっと胸を撫で下ろしたいところだが・・・。
次なる襲撃が・・・!

ヒノキである。
桜の開花時期に飛散がひと段落着く杉に対して、桜の開花時期に飛散が始まるヒノキ。
まさに花粉症に悩む者たちにとっては悲惨な時期・・・。

ヒノキの花粉もアレルギーを起こす物質の構造がスギ花粉とよく似ているため、スギ花粉症の人の約8割は、ヒノキに対してもアレルギーがあるといわれているらしい。。。
m(_ _)mガク・・・・。

で、このヒノキ花粉は5月初旬まで飛んで飛んで飛んで回って回って回る~ぅぅぅぅ~のだ。

実は、困っていることがある。
今年私はクルマの免許の更新。誕生日もとっくに過ぎてしまった今現在、まだ更新していないのである。
昨年からだったか、免許更新は誕生日の前後1ヶ月で可能となったのは。そう1ヶ月伸びたのだ。
何故更新が出来ないのか。

顔が花粉症で腫れあがっているからである。

化粧もろくに出来ない状態。
こんな顔で更新して、腫れあがった醜い顔写真の免許証でこれから5年間お付き合いしないとならないなんて我慢ならない。

元通りの美しい顔に戻ってから更新しようと思っているのだが、このままだとヒノキ花粉にもやられ、誕生日の1ヵ月後である5月1日までには元に戻りそうもない・・・。

困った・・・。

走行距離 24.6キロ
走行時間 1時間41分

2005年4月 1日 (金)

ワクワク不惑の・・・

3000キロまであと・・・2080.3キロ

本日、4月1日はワタクシがこの世に生を受けた日であります。
で、心優しい仕事のスタッフから心温まるプレゼントをいただきました。
嬉しいことです。

その一部をご紹介しましょう。

0504011低周波治療器です。
ありがとう。
●十肩の年台に突入ですから。

0504012現金です。
ありがとう。
ウン十年生きてきましたが、プレゼントを現金でいただいたことなど初めてでございます。

誕生日プレゼントというものは、贈る相手のことを思い、喜びそうなものを選ぶ。ウチのスタッフは私という人間をよーく理解してくれていて、誠に幸せである。

で、不惑の年齢に達した記念すべき本日は、深夜2時まで仕事。帰宅は午前3時20分。
ブラボーな一日。

0504013
ケーキはしっかり食べるぜ!

走行距離 24.1キロ
走行時間 1時間42分

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »