2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005年5月31日 (火)

ちょっと雑感

3000キロまであと・・・1375キロ

最近思う。

この歳にして、自分が見えてきたと。

世間知らずで自分のことすら見えていなかった10代。
自分が何をしたいのか、暗中模索、紆余曲折の20代。
生活費を稼ぐために働くことしか考えずに突っ走ってきた30代。

今は自分という人間は何が好きなのか、何に興味があるのか、がようやく解ってきた。
誰の影響でもなく、自分が自分の目で見て、手で選び、掴んだもの。
バイク、自転車、カメラ・・・。
これらは、これから先の人生、ずっと共にするものだという確信が持てる。

それらと共に過ごす、かけがえのない時間。
日々、充実している。贅沢だと思う。

あとは・・・
あとは嫁入りと老後の心配だけだ。

そんなことを思いながら、自転車を走らせる今日この頃・・・。

走行距離 25.1キロ
走行時間 1時間52分

2005年5月27日 (金)

いつの日君また逢える

3000キロまであと・・・1400.1キロ

暑かった。

今日は昼出勤。
真上からの日差しを浴びながら自転車を走らせる。
風はあるものの、照りつける太陽の下ではその涼しさは気休めにしかならない。

こういう日に限って、やけに赤信号に引っかかる。
少しでも紫外線から身を守ろうと、長袖のシャツを着てきたことを後悔した。
シャツの胸元をつまんでパタパタと上下に動かし、外気を中に送り込む。
「暑~い・・・こんな日に素っ裸で走れたらどんなにか気持ちイ・・・」

その時だった。
目の前を、サーーーっと一陣の風の如く通り過ぎていった一台の自転車・・・!

「デ・デタ・・・!!」
私は声にならない声を上げた。

「謎の若者だ!!」
そう、例の上半身素っ裸の「あの若者」にまた遭遇したのだ!

今回はかなりの至近距離。
彼は、信号待ちをしていた私のホンの数メートル前を横切り、右折していった。
坊主頭に生白い肌。白いシューズ。そして今日は白いパンツを履いていた。
白い自転車はロードかと思っていたら、MTBだった。グリーンで「P」の文字が目に入ったからおそらく「PEUGEOT」あたりか?

050527彼は軽やかに、そして涼しげに新宿高層ビルの方向に走り去っていった。

再び遭遇した、一瞬の出来事・・・。
しかし今日の私は、彼の姿を奇異というより羨望のまなざしで見つめていたのであった。

走行距離 24.4キロ
走行時間 1時間49分

2005年5月26日 (木)

花を探せ

3000キロまであと・・・1424.5キロ

久々に井の頭公園までポタリング。
デジタル一眼レフカメラを買ったもんだから、何か写したくてムズムズしているのだ。

梅、桜、藤、つつじ、バラ・・・と一通り花の季節が過ぎ、これから紫陽花が開花するのを待っているのだが、何か他に咲いてやしないかと、ちと獲物を探しに・・・といった感じ。

写真を撮るようになって、道端に咲く花にもついつい目を留める。
なんてことない花でも、結構いい被写体になるもんなのだ。

で、これを写してみてパソコンの画面で見てがっかり・・・なことのほうが多い。
地味でしかも自己満足的な趣味である。

05052602これは、神田川沿いに咲いていた花。
キンケイギク、というそうだ。

kira's photographyに後日アップ予定。

走行距離 24.1キロ
走行時間 2時間26分

2005年5月23日 (月)

今年の梅雨入り

3000キロまであと・・・1448.6キロ

実を言うと本日は27日の金曜日で、さかのぼって日記を書いている・・・。
この日の夜、関東は局地的な大雨に見舞われた。
仕事が終わって帰りたくても帰れず、足止めを食わされた方もいらっしゃるであろう。

私もこの日は自転車通勤だったのだが、帰る頃には丁度雨は止み、「日頃の行い…」と、自分を褒めつつペダルを踏み込む足も軽やかに帰宅。

ところで、今年の梅雨に関する傾向がウェザーニュースから発表された。

私の住む辺りは“平年並か平年より早く”、梅雨入りで、梅雨明けは“平年並か平年より早く”なる見込み、だそうだ。・・・ふうん・・・。降水量も平年並み。・・・ふうん・・・。
つまんない情報でした。

ま、一応6月2日から7日に梅雨入りの予定だそうです。

走行距離 25キロ
走行時間 1時間53分

2005年5月22日 (日)

どうして??

3000キロまであと・・・1473.6キロ
2週間に1度、近所の整体に通っている。
年末にぎっくり腰をやらかして、それから定期的にお世話になっているのだ。

そこの先生は、歳は38歳。妻子あり。
氷室京介と、佐藤浩市に似ていると言われたことがあるらしい(本人談)。
若い頃はアマチュアバンドのボーカルをやっていたという、背も高くてなかなか男前・・・。

で、今まではその先生は通勤に50ccの原付を使っていたのだが、事故に遭ってしまい、今は自転車通勤をしている。かれこれ2ヶ月になるであろうか。
片道12キロ。50分くらい。
私とほぼ同じ距離と時間。

なのに・・・なのに、その先生は、今日2週間振りに逢ったらすっきりと痩せてしまっていた。
「や、やせました??」
「ええ、きつかったジーンズが、今はコブシ1個、ウエストに余裕で入ります」
「ナ、ナニー!!??」

もともと太っているわけではなく、むしろ痩せていたのに更にスリムに・・・。
「自転車通勤始めたら痩せちゃって・・・(苦笑)。kiraさんもどうですか?自転車通勤、痩せますよ~」
「・・・いや、もう二年近く続けてますのん・・・」
「あ・・・あれ?そうなんですかー?」
「・・・。」

050522
どないしてん?どないしてん、こんなに差があるのさ?
オトコとオンナだから?
体質?

あ~ああ、やんなっちゃった、あ~あああ、驚いた・・・。

走行距離 20.6キロ
走行時間 1時間54分

2005年5月17日 (火)

1500キロ、突破したわけだが。

3000キロまであと・・・1494.2キロ

さて、今年も目標にしている年間走行距離3000キロ、本日で1500キロ突破した。
しかし、素直に喜んで入られない。
というのも、昨年と比べたら10日も遅いのだ。

で、今年も猛暑だ。
またもや挫折してしまう可能性もある。
うかうかしちゃいられない。

しかし無理して距離を稼ぐのも、「無理をしない」という私の人生のモットーに反する。
楽しく走って、気が付いたら目標達成。こうありたい。

問題は夏だ。
この夏をどう乗り切るか・・・。これにかかっている。

ところで、話は全く変わるが・・・いや、「夏を乗り切る」ということに関係するのかも。
私のキムチ好きは一部の間では有名な話であるが(どこで?)、本日、実に美味しいキムチとであったのでここで紹介しよう。

これ。

050517キム・ヨンジャキムチ。

キム・ヨンジャさんとは、演歌界を代表するべらぼうに歌が上手い韓国人歌手である。
17年前から日本で暮らしているのだが、食は韓国一色。
彼女のエネルギーの源は、毎日キムチチゲを食べることにあるらしい。

その彼女がにっこり笑っている「キム・ヨンジャキムチ」。
実は、これは本日仕事でご一緒したキムヨンジャさんご本人からいただいたのだ。
彼女は嘘は言わない。こりゃ、美味しいに違いない。

というわけで、食べてみた。

一口、口に入れる。酸味の少ない、コクのある深い味。辛くない。どちらかいうと甘さを感じるほどだ。
しかし食べた後、驚くべき変化が!
辛い!辛さが口中に広がる。しかも嫌みのない辛さ。
パッケージで気になる一言があるのにお気づきだろうか?
「栗入り」

「キムチに栗?」
ところがこれがまた歯応えがあり、松の実と同様、アクセントになる。

「初めてだ。こんなキムチ・・・」
私は、止め処なくキムチをつまむ箸を抑えることが出来なかった・・・。

いや、これ、ホントオススメ。
牛角キムチ中川食品のキムチを越える程。

走行距離 24.9キロ
走行時間 1時間50分

2005年5月16日 (月)

ついてるね、のってるね

3000キロまであと・・・1519.1キロ

帰りに立ち寄る自販機がある。
いつもこの自販機をひいきにしているのだが、理由は長い信号待ちのある交差点にあるからに他ならない。

で、今日もこの信号に引っかかってしまったので、この自販機で水を買った。
いつものように120円を入れてボタンを押す。
ガチャン。ピーピーピー。
この「ピーピーピー」は、スロットの音。そう当たり付きの自販機なのだ。

こんなものはハナっから当たる分けないと思っていたのだが・・・

ピピーッピピーッピピーッ!

今日は何だかけたたましく鳴るではないか。
ふと見上げるとボタンがチカチカ光っている。
「ナ・ナニー!?」

どうやら当たったらしい。
スロットの表示を見ると“6”が4つ並んでいる。

咄嗟のことに私はパニックになり、「早く押さなきゃーー」とボタンを押そうとする指が震える。
で、種類を選ぶ余裕もなく、今買ったものと同じものを押してしまった。見事な心の小ささブリである。

しかし、嬉しい。
まさにルンルン。

ところで今の私はちょっとしたウンが付いてきている。
実は先週の競馬、5月8日のNHKマイルカップ、48倍馬券を見事的中させてしまったのだ。

まあ、俄かギャンブラー故、1000円しか買ってなかったのだが、それでも48000円である。

そしてその儲けた金を足しにして、念願のデジタル一眼レフを購入。

一ヶ月前辺りから「価格.com」を利用し、どこで安く買えるか散々調べ、5月14日に都内で一番安く売っているところで購入。
その夜、その「価格.com」は、不正アクセスなどを受け、サイトを閉鎖してしまった。
幸い私のPCには何の影響もなく、元気に稼動している。

しかしサイトの閉鎖とは・・・しばらくどこが安いのか比較できない。
まあ、閉鎖前に一番安いところを見つけられただけでも、ギリギリセーフってことで。

ところで購入した夢にまで見たデジタル一眼レフだが、NikonのD70sという機種で、カメラド素人の私には現段階では「ブタに真珠」。
個人が楽しむためのものなので、ボチボチ撮って腕を磨いていけたら・・・と思っている。

で、早速購入翌日に撮影会。
ついでに写真のブログも作ってしまいました。
「kira's photgraphy」(何の工夫もないタイトルであるが・・・)

よろしかったらご覧ください。

そうそう、ウンが付いてきているついでにグリーンジャンボ、購入してみようっと。
でもこういうときはクルマにも当たりやすいんで、気を引き締めて安全運転。

走行距離 24.6キロ
走行時間 1時間50分

2005年5月11日 (水)

教授、シクロバッグを購入の巻

3000キロまであと・・・1543.7キロ

月に一回、某有名大学の医学部教授と仕事をすることがある。
歳は50後半くらいだろうか。クマのぷーさんを年取らせて、丸眼鏡をかけさせたような風貌。
若い頃はアメリカンバイクでKO大学へ乗り付け、相当ヤンチャをやらかしたそうだが、今は権威ある医者であるB教授。

そのB教授が先月、私の持っているシクロバッグを見て「いいねーこれ」と言うのである。
「いいねー、どこで買ったの?どこのブランド?」とシクロバッグに相当興味を持ったようである。

私がイロイロ説明していると、「欲しい」と言うのだ。
「ネットショッピングでも購入できますよ」というと、「後でそのサイトのURLをメールで教えてちょうだい」と言い、帰っていった。

「彼女とか(!)、娘さんにプレゼントするんかいな?まさか自分で持つわけはない・・・よね?」と思いながら、B教授にシクロバッグのサイト「アシストオン」のURLをメールで送った。

その後・・・
B教授からメールが届いた。
「早速、シクロバックを購入しました。」

「!!ホントカイな!?」
で、リュックにする方法が判らないので教えて欲しい、という。
私は写真を添付して、その方法を教えた。

そして今日、その月に一度の仕事の日である。
B教授は得意満面でシクロバッグを背負ってきたのである!!!

「いいでしょ?これ。ちょっとねー、A4サイズが入らないのが残念だけど・・・」
B教授は、2つのフタ付きポケットと3つのペンホルダー、キーホルダーとフタ無しポケットが1つ付いている、「ポケット」フェイスを装着していた。

「これね、ペンがここに入って、ここには電子手帳がぴったり入るんだよ♪」
楽しげに説明するB教授。

「またね、他のフェイスも手に入れようと思ってるんだよ」
ウキウキである。

「自転車には取り付けてるんですか?」  
「いや、自転車は持ってないんでね」
「・・・」

050511まあ、気に入ってくれているなら、紹介した私も嬉しいし・・・。いっか。

ayakoさんの紹介してくれたシクロバッグ、ナニやら私の周辺では大好評なのである。
 
走行距離 25キロ
走行時間 1時間52分

2005年5月10日 (火)

車道を走りたいよね?

3000キロまであと・・・1568.7キロ

とある筋によると、「自転車の車道走行を禁止する」という法案を検討しているらしいじゃないですか。
クルマ並みのスピードですいすい走る自転車乗りの方たちにとっちゃ、「冗談じゃない!!」と叫びたくなりますよねえ。あちゃこちゃの掲示板で反論、対策を唱えているようです。

がしかし、少なくともこの法案を考えた議員様は、日頃お抱え運転手付きのクルマの中で後部座席にふんぞり返りながら、車道を走る自転車を見て「あぶねーなー」と思ってたわけですよ。

日常生活で、歩道を歩いたり自転車に乗ったりしたことのない議員様ですからね、頭は「そうだ!自転車には歩道を走ってもらいまひょ」てな考え方になってしまったのでしょう。

ここで注目すべきは、「あぶねーなー」と思わせるような自転車乗りが多いってことなんですよ。

実は私も青梅街道やら幹線道路をノタノタ走ってて感じることなんですが、見ていてヒヤヒヤする自転車乗りの方を多く見かけます。当たり前のように信号無視をする人、反対車線を走る人、急に車の前に割り込んでいく人・・・。先日なんて、直進車線の信号が赤になっていたので、青矢印の出ている右折車線から直進していったローディーを見かけました。「そんな手があるのか!」と驚きましたよ。

クルマを運転する人はさぞかしおっかない思いをしていると思いますよ。
間違ってぶつけたり轢いたりしたら、クルマの方に責任があることになっちまいますからね。冗談じゃない!ですよ。

交通社会では「弱者優先」で、一番の強者は自動車と言われてますが、見方を変えると自動車は一番の弱者にもなるんですよ。歩行者や自転車に非があっても自動車が悪くなっちまう。「前方不注意」ってね。

なのでね、こんなお馬鹿な法案でも、その気持ち判らないでもない・・・と思うのが正直なところ。
何でこんな法案が検討されることになってしまったのか、車道から自転車を締め出そうとしているその原因はなんなのだろう・・・ってことですよ。
異議を唱えるのも大事ですけど、自転車乗りのマナーを正すことも大事なのではないでしょーかね。
楽しく堂々と車道をスイスイ走るためにね。

いつだったか、青梅街道で、真っ赤なヘルメット、真っ赤な自転車でビシッと決めたローディーの方が、誰も渡っていない歩行者用信号でキチンと停車していました。その姿を見て「カッコイイ」と思いましたわ。
赤信号で停車するのは当たり前のことなんですがね。

走行距離 24.9キロ
走行時間 1時間50分

2005年5月 9日 (月)

kira、歯医者に通うの巻。

3000キロまであと・・・1593.5キロ

目に青葉、山ホトトギス、初鰹。
青葉が目にまぶしい季節となりました。

先日から歯医者通いが始まりました。

一ヶ月ほど前、高校時代の友人達と飲み会を開き、親交を温めていた。野菜スティックをボリボリ食べていたら、何か奥歯の具合が変なことに気が付いた。
「ん?」と、舌先で奥歯を触ってみたら、昔治療した歯の金の詰め物が、取れてしまっていた。

で、その取れた金の塊はどこへ行った?
ない。
口中を探したがない。どうやらニンジンと一緒に食べてしまったらしい。

まあ、今ではとっくに下水の中に紛れてしまったと思うが、その詰め物が取れてしまった歯に最近痛みを感じるようになってしまったのである。

そして歯医者通いが始まったと言うわけだ。

あー歯医者って何度行っても嫌なところですなー。
40歳になった今でもイヤダ。
あの、脳天に響く「キーーーーン」という歯を削る音は何とかならないもんか。
あれって、間違って舌とかを削られたらどうしようとか思いませんか?
もうヒヤヒヤですよ。

「チクッときますよ」って言われても、今更「イヤです」とは言えないじゃないですか。
「痛かったら左手挙げてください」って言われても、左手挙げた時はもう遅いんですけど。

1ヶ月ぐらい掛かるらしい。
ヤダなあ・・・。

050509昔、親不知を抜く時に、どうも私の親不知はとんでもない生え方をしていたらしくて、歯茎を切って、歯を二つに割って抜く、という大変な作業になったことがある。
その最中に薄目を開けたら、何と4人の顔が飛び込んできて、ビックリ。
「4人掛りかい!」と恐れおののいたことを覚えております。

皆さん、歯はお大事に・・・。

走行距離 25キロ
走行時間 1時間48分

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »