2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005年6月28日 (火)

自転車で痩せられるのか?

3000キロまであと・・・1067.3キロ

“最近のコメント”欄に「ネバネバ」とか、「わけあり」とか、「オンナもおしまい」などと言う文字が並んでいるのは、四十路独身女性のブログとしては如何なものかと。
まがりなりにもここはヤフーが認めた自転車サイトだ。しっかり自転車について語らなければなりません。

てなことで、今日のお題はこれ。
「自転車で痩せられるのか?」

まあ、自転車通勤で痩せようという目的は100%のウチ、20%くらいであった。しかも「痩せればいいなあ」程度。
以前このサイトの掲示板(今はなき)で、「自転車では痩せません」とキッパリご意見も頂戴したこともある。
はっきりいって期待はしていなかった。

しかし、このところ・・・。
久し振りに会う人々に「痩せたね」と言われるのだ。

中には「劇的に痩せたよ」とまでいう人もいる。

本人は無自覚なのだが、心当たりと言えば昨年はけなかったジーンズが、最近すんなりはけるようになったこと。
それくらいだ。

さて、本当に痩せたのでしょうか。

体重計は昨年購入したものの、数字を見るのが恐くて乗れないままだ。
思い切って乗ってみりゃいいんだけど、恐がりのワタクシには無理。

もすこし、もすこし先にさせて。
せめてこの夏を自転車通勤で乗り切るまで。

ちなみに週2回から4回の自転車通勤を1年半継続(途中二ヶ月サボる)。雨の日乗らず。食事制限全くなし。
そして私の夢は「ノースリーブを着ること」だが、未だに実現できず。こんなブットイ“二の腕”を人様の前に晒すのは犯罪。

走行距離 23.9キロ
走行時間 1時間36分


2005年6月27日 (月)

ネバネバ

3000キロまであと・・・1091.2キロ

早くも夏バテである。

私は寝る時はエアコンを付けないようにしているのだが、ここ数日、窓を開けても風が入ってこない無風の蒸し暑い夜に耐え切れなくなり、付けっぱなしで寝たのがいけなかった。

もうダルダル。

朝、布団にカラダがへばりついて起き上がれない。
イスから立ち上がる度に立ちくらみ。
目はどよ~んとして、頭も冴えない。

こんな時はスタミナの付くものを食べるに限るのだが、この私が肉を食べる気にならないのだ。重症。

私は料理がことのほか嫌いなのだが、嫌いなのと苦手なのとは違う。
作ろうと思えば、作れる。

で、めずらしく自分の為に料理を作ってみた。
いや、料理と言えるかどうかわからんが・・・。

kiraの3分クッキング。

 材料:マグロの刺身、オクラ、山芋、納豆、卵、昆布醤油、わさび、もみのり

 作り方:マグロは一口に切り、オクラ、山芋を適当に刻む。
 納豆をこねる。
 全部一緒にして卵の黄身、昆布醤油、わさびを加えてガーーーッと混ぜる。
 もみのりを好きなだけ入れて、できあがり。

これですよ、奥さん。
このネバネバがカラダにいいんです。

しばらくネバネバでいきます。

走行距離 23.9キロ
走行時間 1時間43分

2005年6月21日 (火)

わけあり

3000キロまであと・・・1115.2キロ

眠ることを忘れた街、六本木。
その中心ともいえる六本木交差点には大型ビジョンが2台設置され、両方から競い合うように大音量でCMが流れている。

私はいつも深夜にここを通過するのだが、信号待ちのときはこの2台のビジョンを、見るとはなしに眺めている。
全く知らないJ-POPやら、カラオケボックスや飲み屋のCMやら、雑音にしか聞こえない音が私の耳を通り抜けていく。

と、突如、その耳に思いっきり引っ掛かった一言があった。
私は自分の耳を疑う。
「何?! 今何て言った?」

その言葉が発せられた大型ビジョンに目を走らせる。
私は確信した。
私の耳は間違っていなかった。
確かにそう連呼し、画面にも文字が表れている。

それは、あるクラブのCMだった。
そのクラブの店の名は、熟女クラブ「わけあり」。

熟女クラブ「わけあり」。


わけありな事情を抱えた熟女が集う、そんなクラブに行って見ようと思う客はいるのだろうか。
050621私なら厄介な揉め事に引きずり込まれそうで怖くて行けない。

熟女好き、わけあり好き、日々の生活に刺激が欲しい方は是非。

走行距離 24.3キロ
走行時間1時間46分

2005年6月20日 (月)

オンナもおしまい

3000キロまであと・・・1139.5キロ

あちゅい。

空梅雨のくせに蒸し暑い。
自転車通勤にはつらいつらい季節だ。

当然の如く、会社に着くと全身汗だくである。
こんな時期、化粧なんてして出かけられない。
スッピンに日焼け止めを塗りたくっての通勤である。

で、この歳になると、スッピンを他人様に見られるなんていうことは犯罪に近い。
都の迷惑防止条例では「40歳過ぎた女性のスッピンでの外出を禁じる」という項目があるくらいだ。(大嘘)

なるべく、この汗だくのコ汚いスッピン顔を職場の人々には見せてはならぬ。会社に到着し洗面所までの数十メートル、「誰にも遭いませんように・・・」と祈りつつ身を縮めてソソクサと走る。

しかし、今日は運悪く遭ってしまった。

大先輩のH女史。
W大学卒。40代後半だが、20代と変わらぬ体型を維持し小柄でキュッとくびれたウエストを強調するかのようなスーツを着こなし、キリッとしたショートカットの髪型に一部の隙もない。
クリッとした瞳が知的さを和らげ、大学時代は落研に所属しボケ役だったという意外な過去を持つ。

私には憧れの女性である。

「あら、○○○(私の苗字)。」
「はいっ」(顔を片手で半分隠している)
「何、顔隠してんの?」
「スッピンの顔をHさんには見せられません。」
「そういや、○○○ってスッピンで来て、会社のトイレで顔洗ってるんだよね」
「すみません。汗だくなもんで・・・」

「ふんっ」
そして彼女は鼻で笑った。

「オンナもトイレで顔洗うようななったらオシマイよね。」

H女史はキュッと締まった踵を返し、カツカツカツッとヒールの音を鳴らしながら私の前から姿を消した。

「オンナもオシマイよねー・・・オシマイよねー・・・オシマイよねー・・・・・・」
その場に残された私の頭の中をグルグルとこの言葉が走り回る・・・。

050620
「ふっ・・・オシマイ…か・・・」
私の顔に半ば自虐的な笑みが浮かぶ。
オシマイでもなんでもいい。
それでも私は自転車通勤を続ける。

あなたは如何ですか?
オンナ捨てますか?
それとも自転車通勤やめますか?

走行距離 24.3キロ
走行時間1時間43分

2005年6月14日 (火)

自転車イルミネーション

3000キロまであと・・・1163.8キロ

眩しい!

私の目を突き刺すような真っ白い光が襲った。

自転車通勤の帰り道のことである。
一台の自転車が私を抜かしていった。
その直後のことである。

その自転車はテールランプに、白のライトを点滅させていたのだ。
しかも超高輝度LEDを使用しているようで光が強い。

その自転車が前を走っている間、私はその眩しさから逃れられないでいた。

暗い道の中、白のライトだから当然前から自転車がやってくるような錯覚を起こすのだが、どんどん離れていくのだから変な感じだ。

ところで、自転車に付けるライトの色というのは、法律で決まっているはずなのだが。
ちなみにオートバイは、ヘッドライトは白か淡い黄色、テールランプは赤。
それ以外の色は違反だ。

自転車もそうなんじゃなかったっけ?

でもそんなこと、学校じゃ教わらなかったし、自転車屋さんでも購入時に言われたことがない。

今までにいろんな色のライトをつけている人に出会った。
赤のヘッドライトはよく見ますな。
あれは、先ほど述べた状態とは逆。
自転車が離れていく錯覚なのに、前進してくる。これは怖い。

赤と白の二本立ての方もいました。
まあ、確かに目立ちます。

オレンジ色もいました。
ちょいと驚いたのはブルーのライトです。
闇夜に青いライトが点滅していて美しかったです・・・。

安全を守るためのライトというよりは、自転車イルミネーションですな。

走行距離 24.3キロ
走行時間 1時間51分

2005年6月13日 (月)

睡眠不足は太る

3000キロまであと・・・1188.1キロ

「寝不足は太る」とよく聞くが、これは医学研究結果に基づいた、紛れもない事実なのだ。

担当している健康番組で、とある教授が取り上げていた。

アメリカの二つの大学で研究したところ、同じ結果が出されたそう。
睡眠時間が短い人は、血中にあるエネルギー消費を促す物質「レプチン」が少なくなり、食欲を刺激する物質「グレリン」が増えるらしい。
つまり睡眠不足は、「痩せにくく太りやすい体」にしてしまうのだ。

これには「なるほど」と思わせる証拠物件があった。

私と一緒に仕事をしているスタッフ、35歳♂。
15年前は26インチのジーンズが似合う青年だったのに、いまや会う人会う人に「また太ったねー」と言われる。
腹は胸板より出っ張り、首周りは数年前のワイシャツのボタンが締まらない。

仕事中は、私の横でジーンズのファスナーを半分下ろしてイスに座っている。
腹がきつくて仕事にならないからだ。

050613
時折Tシャツをめくりあげて、自分の生腹を恨めしそうに擦っている。
私はその腹に指先を当て「ぷしゅ~~っ」と言ってやる。
「やめろよ~(泣)」

そんな彼はバリバリの仕事人間で、日々の睡眠時間は3時間足らず。
「こんなに寝ないで仕事してるんだから、痩せてもいいのに・・・」と口癖のように言っている。

かわいそうだが、彼は確実に「痩せにくく太りやすい体」に変化してしまっているのだ。

走行距離 24.2キロ
走行時間 1時間47分

2005年6月12日 (日)

ガタガタ多摩川ポタ

3000キロまであと・・・1212.3キロ

6月。紫陽花の季節である。
この時期に是非是非訪れたい場所があった。

「多摩川台公園」である。
ここには紫陽花園があり様々な種類の紫陽花が楽しめるのだ。

場所は田園調布。多摩川園駅近く。
多摩川の丸子橋より少し上流沿いにある。

05061201先日、DAHONのOEM、「YEAH!」を購入し走る気満々の連れと共に、GO!

経路は至って簡単。
荒玉水道道路を終点(始点?)までひたすら直進。
地図で見ると環七と青梅街道の交差点付近から、多摩川に向かって一直線の道があるのがすぐにお判りかと思う。それが荒玉水道道路。
世田谷通りとの交差点の辺りがちょいと解りづらいが、そこさえクリアすれば何も考えなくても多摩川にぶつかる。

そして多摩川をひたすら下流に走れば、多摩川台公園に楽々到着・・・の予定であった。

05061202ところがどっこいだった。
多摩川をまともに走るのは初心者のふたり。
海に向かって左側を走り続けたのだが、途中でサイクリングコースがなくなる。
いつのまにやら草地だ。
土手も途切れてしまい、ズリズリとわき道に下りる。

二子橋の辺りではダートだ。
ダダダダダッーーーと砂利の振動がサドルとグリップから伝わる。
自転車のボルトやらネジやらがどんどん緩んでいくのではないかという不安に駆られる。

あまりにもの悪路に耐えられず、多摩堤通に非難。
梅雨入りしたというのに、陽射しがきつい。
ダートで神経使ったのも重なって、もうヘロヘロ。
途中、ベーカリーレストラン「サンマルク」田園調布店で休憩&食事。

05061203そして夕方4時前に、ようやく多摩川台公園に到着。
丘の上に広がるこの公園の見晴台広場から望む風景は、晴れた日には富士山や箱根連山も見られるという、「多摩川八景」のひとつらしい。

05061204目的の紫陽花園は、それはもう満足のゆく場所であった。
訪れている人はみな、静かに紫陽花を観賞。老夫婦、子供連れの家族、カップル・・・。田園調布という場所柄か、何か皆さん上品?

05061205思う存分紫陽花を撮影。
その成果はコチラで徐々にアップしていく予定。

帰路は、田園調布の高級住宅街観賞。
「こんな家に生まれたかったとは思うけど、今ここに住めと言われたら断る」
「多かれ少なかれ悪いことしなきゃ、こんなところに住めるわけない」
「掃除が大変だ」
「坂がつらい」
散々、負け惜しみを吐きつつ通過。

環八に出て、そのままわが町、高円寺に到着。

いやー道もガタガタ、体もガタガタですわ。

走行距離 40.1キロ
走行時間 3時間19分

2005年6月 9日 (木)

新宿御苑ポタ

3000キロまであと・・・1252.4キロ

通勤ですぐ近くを走っていながら、一度も訪れたことがなかった、「新宿御苑」にカメラを携えて行ってみた。
ayakoさんwander3さんに薦められていたので、「一体どんな公園なのか」と期待感一杯。

ここは、千駄ヶ谷方面から入る「千駄ヶ谷門」、四谷方面から入る「大木戸門」、新宿方面から入る「新宿門」と3箇所の入り口がある。
私の通勤経路からすると「千駄ヶ谷門」から入るのが一番近いのだが、入り口を見つけきれずに結局「大木戸門」から入園。

入園料は大人200円。

05060902
深い緑に囲まれた小道を進むと、急に目の中に鮮やかな色彩が飛び込む。
フランス式整形庭園。バラ園である。
見頃は少々過ぎたとはいえ、見事な庭園。

05060901
プラタナス並木に並ぶベンチ。
外国の映画にでも出てきそうだ。

05060903
一部で話題、フトモモ科のブラシノキだ!

薔薇やら紫陽花をカメラに収めていたら、時間はどんどん過ぎていった。
3分の1も回りきらないうちに4時。閉園の時間。

「絶滅危惧植物展」というのが6月26日まで開催されているし、再度時間をかけて回ってみよう。

ちなみに6月11,12日の土日は無料開放。

走行距離 17キロ
走行時間 1時間20分

2005年6月 8日 (水)

脈略ない話

3000キロまであと・・・1269.4キロ

自転車とは全く関係ない話で、しかもプライベートな話で申し訳ないのだが。

kira家では、この2日間でいろんな物が底付いた。
昨日はトイレットペーパー、リンス、ファンデーション、眉墨・・・もといアイブロー、シャーペンの芯、中濃ソース。今日はエバラ焼肉のたれ、醤油、ラー油、キムヨンジャキムチ、洗剤、口紅。

「なくなるときはいろんな物が一辺になくなる」とはよく聞くが、こんなに重なると、身辺整理をさせられているようで嫌な気分だ。

金だけは底付かないようにしないと・・・。

今日は、サッカーW杯、日朝戦。
日本はドイツ行きを決めた。
来年の明日、6月9日がドイツW杯開催らしい。

3年前のW杯、ドイツ代表のGK、オリバー・カーン選手に胸をときめかせたことが懐かしい。
「あんな風に私を力強く守って・・・」と興奮した、私をはじめとした世の負け犬女性は多かったことだろう。

走行距離 24.8キロ
走行時間 1時間50分

2005年6月 6日 (月)

折り畳み自転車仲間、増える。

3000キロまであと・・・1294.1キロ

050606いつも一緒に遊んでる連れが折り畳み小径車を購入。
彼はGIOSのクロスバイクを持っているのだが、東京の街中でなく自然の中をガンガン走りたい!と、輪行用自転車が欲しくなったということだ。

ブロンプトンにしろだのBD-1にしろだの、そそのかしたのだが「10万なんて出せない!」という堅実なお答え。
じゃあ、トランジットにしろ!と散々ブリジストンのHPを見せたが、渋い顔。
彼はいつぞや、パチンコでぼろ儲けした時期があり、「それで買え!」と言っていたのだが、いつの間にかその金はどこかへ消えたらしい。

で、彼はいろいろ折り畳み自転車サイトを検索していたら「YAMAHONで行こう」というHPを発見。
すっかり見入ってしまい、「よし!これだ!」と決断。

彼の購入したのはDAHONのOEM車で、イオンから出ている「Yeah!」という自転車を14700円で購入。
何でもDAHONは、あちこちでOEM車を作って儲けているらしいですぜ。

何でも結構売れているらしく、2週間ほど入荷待ち。
日曜日にようやく手に入ったというわけだ。

「Yeah!」
何故そんな能天気な名前をつけたのかは謎だが、見た目はシンプル、スポーティー。
値段だけのパーツではあるが、改良のしがいがある。しかし改良にあまりお金をかけては折角のOEMを買った意味がない。最初からDAHONを買え、というものだ。

早速、必要な小物を買いに新宿のジョーカーへ、初走行。
結構快適らしいが、ちとキシミ音がするのが気になるという。
「走っていて突然崩壊したらどうしよう」だと。。。怖い。

この自転車で注目すべきは、折り畳んだ大きさ。
折畳時サイズ:833x655x270mm
これ、結構小さい。
ブロンプトンが600×580×300mmだから、それよりほんの一回り大きいほど。

DAHON製の輪行袋を購入したので、電車の中では「DAHONの衣を借るyeah!」だ。

さあ、これでどこへ出かけよう。

しかし、彼は自転車で走りまくって尿酸値を下げようというのが主なる目的のようだ。

走行距離 56キロ(昨日と今日の合計)
走行時間 4時間

2005年6月 3日 (金)

シツコイようだが。

3000キロまであと・・・1350.5キロ

何日か前にも「自転車の車道走行禁止」の話題をしたが、再び。

シツコイようだが、一人でも多くの方に伝えることが、自分に出来ること。

「車道を走りたければ、正しく乗れ」

本日、深夜の青梅街道。青梅街道とは、4車線の都内を突っ切る幹線道路である。
深夜とはいえ、12時を少し回った程なので、クルマの交通量は激しい。

中野近辺の交差点。赤信号なので当然停車していた。
すると1台のクロスバイクらしき自転車乗りが、すぃ~っと信号無視。

続いてまた1台、お次はロードに乗ってヘルメットを装着したキメキメのお兄さんが、道路の真ん中を堂々信号無視。

そして向かい側からも、MTBの若者が信号無視・・・。

ひとつの信号待ちで3台もの自転車乗りが、堂々信号無視。

もうワタクシは言葉を失いましたよ。
信号無視するなら、絶対に誰も見ていない、クルマ1台も走っていないところでやってくれ。
堂々とすんな。

ただでさえ4輪ドライバーの中では、車道を走る自転車を疎ましく思っている人がいるのだ。
その人にとっては、信号無視する自転車乗りを「面白くない」とますます思うだろう。

「車道走行禁止」に異議を唱えたいのであれば、「車道を走るな」と言われるようなことをすんな。

これじゃ校則を守らない不良高校生が、教師に「丸坊主になれ」と言われたことに対してぶーぶー文句をぶつけているのと同じじゃないか。(・・・そうか?)

歩道を走りたくないなら、正しく車道を走れ。そして正々堂々と「車道走行禁止」に反論する。

信号無視するような自転車乗りは極々一部なのだ。
しかし、その極一部の無法自転車乗りを見て、人は「自転車乗り全体」の判断をする。
正しい自転車乗りにとってはハタハタ迷惑な話だ。

正しく乗るってことは、自己防衛にもつながるんですがね。
そんなに事故に遭いたいんですかい?ならばせめて自損事故で。

あ!バーレーン戦見なきゃ・・・。

走行距離 24.6キロ
走行時間 1時間50分

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »