2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 脈略ない話 | トップページ | ガタガタ多摩川ポタ »

2005年6月 9日 (木)

新宿御苑ポタ

3000キロまであと・・・1252.4キロ

通勤ですぐ近くを走っていながら、一度も訪れたことがなかった、「新宿御苑」にカメラを携えて行ってみた。
ayakoさんwander3さんに薦められていたので、「一体どんな公園なのか」と期待感一杯。

ここは、千駄ヶ谷方面から入る「千駄ヶ谷門」、四谷方面から入る「大木戸門」、新宿方面から入る「新宿門」と3箇所の入り口がある。
私の通勤経路からすると「千駄ヶ谷門」から入るのが一番近いのだが、入り口を見つけきれずに結局「大木戸門」から入園。

入園料は大人200円。

05060902
深い緑に囲まれた小道を進むと、急に目の中に鮮やかな色彩が飛び込む。
フランス式整形庭園。バラ園である。
見頃は少々過ぎたとはいえ、見事な庭園。

05060901
プラタナス並木に並ぶベンチ。
外国の映画にでも出てきそうだ。

05060903
一部で話題、フトモモ科のブラシノキだ!

薔薇やら紫陽花をカメラに収めていたら、時間はどんどん過ぎていった。
3分の1も回りきらないうちに4時。閉園の時間。

「絶滅危惧植物展」というのが6月26日まで開催されているし、再度時間をかけて回ってみよう。

ちなみに6月11,12日の土日は無料開放。

走行距離 17キロ
走行時間 1時間20分

« 脈略ない話 | トップページ | ガタガタ多摩川ポタ »

コメント

 実は僕も最近は温室以外は殆ど回っていません。天気のいい日にお弁当持って一日かけて回るのがいいかも知れませんね。(帰りは新宿三丁目セゾンプラザの「鉄ちゃん」で一杯がオススメです。)

御苑、いいですよね。春夏秋冬、いつ行っても季節感があり和む場所です。
昔の彼女とよく行っていました(汗。
お弁当作ってもらうか、新宿駅の百貨店でお弁当買って、ぼけーーーとスローな時間をゆっくり過ごしていたことを思いだしました。
新宿という大都会のど真ん中で季節感を感じさせてくれる唯一の場所のような気がします。
せわしない東京生活をしていたときには、地方でしか味わえない季節感を感じさせてくれる、とても貴重な場所でした。
千鳥が縁でボートを漕ぐのもこれまた、まったりとした時間が過ごせて楽しかった。
いまでは札幌という自然に囲まれたスローな時間の流れる街で落ち着いてしまってますが、御苑の自然な時間の流れは札幌と変わらないものがあります。こんど東京にいったら訪れてみたいと思いました。

▽Wonder 3さん
Wonder 3さんの写真を拝見していると、温室に行ってみたくなりますよー。
必ず行きます!
絶滅危機植物、写真に収めてきます!

>鉄ちゃん
こっちも行かなくては・・・!

▽とりさん
あ~れ~\(^o^)/
ご無沙汰してました。
う~ん・・・ナンだかセピア色の青春の思い出・・・。
素敵じゃないですか・・・。

そうそう、ここだけスローなんですよ、時間の流れが・・・。
今まで訪れなかったことが悔やまれます。

千鳥が縁も、桜以外の季節はいいでしょうねー。
今年、桜の季節に行ってみたら花見客と酒の臭いで充満。

札幌は今頃から花の季節ですねー。
大通り公園の花壇、思い出すなー・・・。
アカシアもきれいでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52462/4534158

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿御苑ポタ:

« 脈略ない話 | トップページ | ガタガタ多摩川ポタ »