2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 木枯らしに抱かれて | トップページ | 慌てず急がず・・・ »

2005年11月15日 (火)

珈琲ノススメ

3000キロまであと・・・36.8キロ

コーヒーが苦手な方にはゴメンナサイ。
本日はコーヒーネタです。

珈琲舎ロッセEzさんちで、美味しいコーヒーを頂いた影響もあって、すっかりコーヒー好きになったワタクシ。
最近、我が町高円寺で、珈琲豆屋さんを発見した。
「さわやこおふぃ」
創業1933年という、歴史あるお店だ。

先日、たまたまふらりと立ち寄ったのだが、閉店時間を過ぎていたにも関わらず気さくに応対してくださり、電動コーヒーミルの使い方のコツなども教えてくれた。オススメの「今月のブレンド」という豆を買ってみたのだが、これが私の好みにピッタリ。気に入ったので、本日また買いに出掛けた。

店のご主人、奥様も、私たちのことを覚えていてくださり、「一杯、たてましょう」とのこと。お言葉に甘えてご馳走になることにした。「どの豆がいいですか?お好きなものを・・・」とおっしゃる。
レギュラーコーヒー初心者の私は、「コーヒーの持つ酸味の美味しさが、今ひとつわからない。本物を飲んだことが無いからだと思う。お勧めのものがあれば・・・」と尋ねると、煎り立て挽き立てのキューバ産のコーヒーを入れてくれた。

コーヒー豆は元々酸味を持っていて、それが焙煎されてあの芳ばしい香りとなるのだそうだ。
それを新鮮なうちに飲むと良質な酸味が味わえる。
しかし、酸味は時間が経つに連れて酸化・・・悪質な酸味と変わってしまう。

そう、私は酸化されたコーヒーを飲んで「酸味が不味い・・・」と思っていたわけだ。

さて、煎り立て引き立てのキューバ産コーヒーのお味だが・・・。
ううう~…スッキリして酸味自体の刺激はまろやか。
酸化された酸味とはもちろん全然違う。

日本のレギュラーコーヒーの需要・・・まだまだ他国に比べると低いそうだ。
手軽なインスタントコーヒー、缶コーヒーの方が需要は高い。

うん。コレは仕方が無いことなのかもしれない。
私もレギュラーコーヒーを飲むようになったのは年齢も30台に入ってから。
それまでインスタントで充分だと思っていたし。
ましてや豆を挽くなんて、ここ最近・・・。

でも豆を挽いてコーヒーを淹れるって、5分掛からないんですよ。
たった5分、時間を取って、コーヒーを淹れることによって、インスタントや缶コーヒーとは全く違う美味しさと心の安らぎが得られるわけです。

せめて朝、そして仕事から帰ってからの2回、コーヒー豆を挽いてみませんか?
朝はその香りで身体がすっきりと目覚め、夜は仕事の疲れがすぅ~っと取れていくでしょう。

051115最近では、自転車通勤から帰ってきてコーヒーを淹れる時間がひそかな楽しみとなっているワタクシ。
ウチでは手軽な電動ミルを使っていますが、それでも充分です。挽く時間は30秒以内。
フタを開けた瞬間に広がる香りは、至福の時。

どうかひとりでも多くの皆様に、その瞬間を味わっていただきたい!
不肖ながら、ワタクシkiraは切に思うわけです。

走行距離 24.9キロ
走行時間 1時間48分
消費カロリー 653kcal(まぐろのたたき丼完全消費・・・コレばっか食べてる)

« 木枯らしに抱かれて | トップページ | 慌てず急がず・・・ »

コメント

おいしいコーヒーに出会えてよかったねぇ。

コーヒーの一番の効用はリラックスにあると思います。

そのコーヒー屋さんのコーヒーがおいしいのは、じつはお話ししながら買い物が出来るところにあるのかもね。

ロッセもいつもそんなコーヒー屋さんでありたいと思っています。

 高円寺って安いフグもあり、マイウーなうなぎもあり、心安らぐ珈琲豆屋もあり、マジック風呂屋もあり、いいとこですな。
 そんな街に住んでいるkiraさんはハイソ?
 セレブと書かないと怒られるか(笑)

じ、地元ネタには反応してしまいまふ。

僕はモ鎌足を探しに彷徨って、行き着きました。親切にいろいろ教えてくだすった記憶があります。
高円寺全体がそんなあたたかいかんじですよね。基本的には。
つくづくいい街です。

最近は高円寺でもBROをよくみかけますが、いまだKiraさんを見かけないのが不思議。

※藤原鎌足→フジワラノカマタリ→フジワラモカマタリ→モ鎌足(モカマタリ)

▽Ezさん
>おいしいコーヒーに出会えてよかったねぇ。
コーヒーを楽しむことを教えてくれたのは、ロッセさんです。感謝してます(^^)

>そのコーヒー屋さんのコーヒーがおいしいのは、じつはお話ししながら買い物が出来るところにあるのかもね。
そうですねー。
こちらのご主人も奥様も笑顔が穏やかで、何だかいつまでもそこに居たいような気にさせてくれます。

Ezさんも、お父様もお母様もそんな方ですね。
コーヒーの香りと、お店の方達のやさしく包み込むような笑顔・・・。

あー、何か逢いたくなっちゃった(^_^;)

▽米田さん
高円寺・・・最近ですよ。面白さが解ってきたのは。・・・ってか、米田さんのほうが詳しいし・・・。

>ハイソ
マジック温泉がハイソかどーかははなはだ疑問ではありますが・・・。

>セレブ
まあ、ワタクシにはそのお言葉のほうがお似合いかと・・・。

▽キニョさん
やっぱり、キニョさんはご存知でしたか!
一本、道を入っていったところに意外に素敵なお店があるもんですね。

>いまだKiraさんを見かけないのが不思議。
通勤でばかり使っているので、高円寺の街中を走ることが少ないかも。青梅街道には頻繁に出没。
徒歩ではすれ違っているかもしれませんですね。

以前、高円寺の町外れで女性連れの赤ブロに乗ったお兄ちゃんとすれ違ったんですけども、キニョさんかなーと、思って見てました。

>フジワラモカマタリ
(大笑)


お勧めは浅草のバッハ
http://tabelog.com/reviewer/rstrvwdtl.asp?rvwid=17980
30年程前によく通ってました。
静岡にもそこで修行していた人のお店があって自家焙煎でおいしいですよ。

コーヒーは近所のスーパーの400g320円というパックを買ってきています。(ひいてあります)
昔はいろいろこりましたが、大学に入る前に凝るのはやめました。
ある日リプトンの缶入りのレギュラーコーヒーをお歳暮かなんかでもらって、これがめちゃくちゃおいしかったのです。
缶入りはおいしいのかとそれからいろいろ買ってみましたが、どうやら違うみたいで。
それ以来、同じ味は、初島のホテルの宴会で出たコーヒー二しかめぐり合っていません。
でも、次の朝、そのホテルの喫茶店で飲んだら別の味でした。

私も珈琲の酸味は苦手なほうです。
高いブルーマウンテン飲んでも「すっぱい」ので、あまり好きじゃないという庶民です。

でも、そうだったのかー。酸味にもおいしいとまずい、があったのね。酸化した酸味珈琲はいやだあああああ!

ゆったりと香りを楽しみつつ豆を挽き、とくとくと珈琲を淹れて、ひとりでまったりと飲む。そんなことができるのも今んとこ金曜深夜だけですが、今日も珈琲楽しむぞ~!おー!(いや、掛け声は不要な気が…)。

midoraさんへ
安くてよく売れている豆を買ったほうが、高い豆で売れていないのを買うよりおいしいです。

それと、いっぺんに何杯かぶん作ったほうが失敗がありません。

あと、安いのは缶コーヒー用のジャバロブスターを混ぜてあるような気がします。
飲み口はすっきりするけどこくがないというやつですね。

▽mcberryさん
>浅草のバッハ
名前は聞いたことありますねー。
いつか浅草に訪れたとき、寄ってみたいと思います。

コーヒーは凝りだすと大変でしょうね。
私の場合は、そんなに高いコーヒーは買えないし、好みの味のコーヒー豆を挽く楽しみがあればそれで充分。

意外なところで美味しいコーヒーにめぐり合うこともありますよね。
それも楽しい。

▽midora姉さん
midora姉さんはコーヒー通だもんなー。素敵。
酸味と酸化は似て大きく非なるものですな。

>ゆったりと香りを楽しみつつ豆を挽き、とくとくと珈琲を淹れて、ひとりでまったりと飲む。
いいですねーいいですねー。
どんなに忙しくても、このひと時を持てる時間があると幸せ感じますね。

気合入れて、コーヒー楽しんでますか?
私も今、楽しんでおります(^^)


 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52462/7135557

この記事へのトラックバック一覧です: 珈琲ノススメ:

« 木枯らしに抱かれて | トップページ | 慌てず急がず・・・ »