2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005年12月31日 (土)

今年のお礼

さて、2005年も間もなく暮れようとしております。
新年を迎える前に、この一年、当ブログをご覧いただいた心優しき方たちに、お礼を一言述べさせていただきます。

今年も目標であった、走行距離3000キロを達成することが出来ました。
2005年、全走行距離は3519.2キロ。
我ながらアッパレです。

この距離は、夏の暑い時期以外の晴れた日に殆ど自転車通勤が出来た、という距離になります。
これもひとえに、皆様の心温まるコメント、メッセージのお陰。このブログをご覧いただいた方々のお陰です。

何をやるのも3日坊主、隙があればサボろうとする私が、2年連続で目標を達成できたなんて、田舎の母が聞いたら涙を流して喜んでくれることでしょう。しかも今年は新聞にカラー写真付きで掲載されるというオマケ付き。
貴重な体験をさせていただきました。

来年はより一層の飛躍、新たな目標に向かって邁進していきたいと思っておりますので、皆様も引き続き、叱咤激励のお言葉と共に温かな目で見守っていただきたいと願っております。

この一年、「kira's graffiti」をご覧いただき、ありがとうございました。
皆様も良い一年をお迎えください。
心身ともに健康でありますことを、心よりお祈りしております。

ワタクシは、これから年越しそばを食べ、初詣兼初ポタリングでどっか近所の神社かお寺さんに行ってきます。るん♪

2005年12月23日 (金)

ひとりで見てしまった・・・

今年の走行距離・・・3519.2キロ

あー・・・。
見てしまった。

先日の記事東京タワーのライトダウン伝説について取り上げたが、今夜、その瞬間を見てしまいました。ひとりで。

仕事の忘年会が終わり、残業のため再び会社に戻る途中。
「今宵も東京タワーが綺麗だわ・・・」と見上げていたら、フッとライトアップが消えたのだ。
「!?」と思ったそのとき・・・。

中央展望台がハート型に輝き、チロチロリ~♪と音楽が聞こえてきた。
おおお~これが、これがあのライトダウン伝説!

どおりで最近、東京タワーの周りにカップルが多いと思った。

051223
★恋する二人に、聖なるヒカリ。あなたはもう見ましたか?タワーがすごいことになってます!★
東京タワー史上初のライトダウンショー!X'masライトダウンストーリー 12/25まで毎日開催中!

だそうです。
25日までですので、カップルの皆様、お楽しみください。

そして、永遠の幸せと愛を誓ってください。

そして10年後、現実はそう甘くはない、ということを感じてください。

そしてどうか、こんな卑屈なおばさんにはならないでください。

走行距離 24.7キロ
走行時間 1時間51分
消費カロリー 643kcal

2005年12月19日 (月)

寒中通勤

今年の走行距離・・・3468.9キロ

寒いよ、寒いよ~(ToT)
ここ数日、日本列島を覆う巨大寒波。
各地で大雪の被害が続出していて、心が痛みます。

私の住んでいる地域はまだ雪に見舞われてはいないけど、この分だとそう遠くない日に、あたり一面雪景色を目の当たりにすることだろう。

この寒い中を自転車通勤するのは辛い。
しかし、私にとっては電車で通勤するほうがもっと辛いので、あらゆる防寒対策を試みながら自転車通勤を敢行している。

昨年同様、ネックウォーマーは欠かせない。耳まですっぽり覆うのがコツ。

手足の指先も凍るように寒い。
ユニクロのグローブの下にブレスサーモのインナーグローブを着用。これは薄手なのでブレーキなどの操作性が損なわれることはない。人体からの水分を吸収して発熱するブレスサーモ。着用始めこそ寒いけど、徐々に温かくなってくる。

足はパンツと靴の隙間から寒風が入ってくるのでレッグウォーマーを着用。
問題は足先。
厚手の靴下にすると靴が履けなくなる。
かといってパールイズミなどのシューズカバーは、ママチャリ感覚でトロトロ走ってるブロンプトンにはいささか大袈裟な気がする。それにお値段もなかなか。

モンベルのトゥウォーマーはパールイズミより安いし、シューズカバーより手軽でいいかなー。

あと、試してみたいのはコレだな。
どなたか使ってみた方いらっしゃいますかい?

走行距離 25.4キロ
走行時間 1時間51分
消費カロリー 671kcal

2005年12月17日 (土)

初冬の和田堀公園ポタ

今年の走行距離・・・3443.5キロ

久しぶりに近所の和田堀公園へ、カメラを背負ってポタリング。

05121701すっかり紅葉も終わっていて、冬枯れの景色にはまだ少々早い。
何となく中途半端な景色に少しがっかりしつつも、午後の陽光にまどろむ猫を発見して暫し戯れる。

05121702

・・・猫に生まれたかった。

写真のブログはコチラ。猫写真、近々アップ。
kira's photography

走行距離 13キロ
走行時間 1時間


2005年12月 9日 (金)

どう見られようと。

今年の走行距離・・・3292.5キロ

今日のおみや。
信州そば1kgと野沢菜の箱入りセットでした。

05120901キャリアにくくりつけた状態。

荷物の横幅が大きくはみ出しております。

05120902キャリアはすっかり荷物で隠れております。

ちなみに、このくくりつけているゴムネットはオートバイ用ですので、丈夫で長持ち。
みなさんもおひとついかがですか?

この状態、「もしかしてこれで走るのって、カッコ悪いんじゃないか」と思いました。しかしワタクシのモットーとして「ミテクレのカッコ良い、カッコ悪いでその人の価値判断をする、その気持ちこそがカッコ悪い」というのがあるので、気にせず帰る事にしたのです。

まあ、週末、浮かれた人たちで華やぐ街中を、こんな自転車一台が走り去っても誰も気に留めることもないでしょーが・・・。

ところで。「ミテクレのカッコ良い、カッコ悪い・・・」に若干関連しているからかもしれませんが、帰路中、こんなことを考えていました。

よく初対面の人に対して「私っていくつ(年齢)に見える?」と聞く人がいます。
それって、世界最大級の「愚問」だと思うんです。

いいですか?
聞かれた方は瞬時にいろいろ考えを巡らせます。
(え!?このおばさん?40は越えてそうだなあ・・・いや、もし38才だったりしたら失礼に当たる。じゃあ、35才位って言っておくか。いや、もう少し若めにいっておいた方が無難だ・・・。)

「えっと・・・30才位ですか?」
「きゃ~♪はずれ~!38才でした!30才に見える~?ほんと~?よく言われるんだ~♪」

聞かれた方は「ほ~~っ」と胸をなでおろすのです。「40って言わないでよかった・・・」と。

彼はそのおばさんが本当に30歳に見えたわけではなく、見たまま感じたままの年齢を言って相手に不快な思いをさせて、今後の付き合いに支障が出ることを恐れ、そのリスク回避のために、自己防衛策のために、気を使って付きたくもない嘘を付く。その辺の心理を質問者は何故判らん?

「いくつに見える?」と聞かれて本心を言う人など、「皆無」と言っていいだろう。

大体、そんなに若く見られたいか?
その心理というものが私には理解できんのであります。
私の場合、もし実際の年齢よりあまりにも若く見積もられたら、「未熟な人間」に見られているような気がしてしまい、ヤなんですが。

それに、生きてきた歳月の積み重ねがあって今の自分があるんですよ?
自分の年齢を恥ずかしいと思うことは、自分が今まで生きてきた日々を否定しているみたいじゃないですか?

あー自転車通勤中、徒然なるままの由無し事でした。
失礼しました。

走行距離 25.3キロ
走行時間 1時間51分

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »