2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月31日 (水)

貴婦人、出生の秘密

060521j1_2実家の片隅でひっそりと暮らしていた第二夫人、謎のミキストについて、多くの強力な情報を得ることができました。
本日はその途中経過報告です。
ご協力いただいた皆様、心よりお礼申し上げます。

さて、この貴婦人ですが・・・。
日本最大級のスポーツサイクル専門ショップ、「Y.インターナショナル」の前身、「吉田自転車」のオリジナルフレームだということが解りました!
そして購入先、父の言う「武蔵野サイクル」は正確には「シクロサロン武蔵野」といい、Y.インターナショナルの支店第1号だそうです。

吉田自転車は当時(1970年頃)、埼玉県川越市の久下戸という場所に自前のフレーム工房を持っていて、オリジナルの各種スチールフレームを製作していました。
オリジナル製品のトレードマークが、“さそり”で、オーダーフレーム「ANT☆RES」=アンタレスはさそり座のアルファ星。
この貴婦人は、その工房で作られたセミオーダーフレーム「S2シリーズ」で、“S”はSCORPION(さそり)の“S”。
私の弟が中学生時代に乗っていた「Lesath(レザス)」もさそり座の恒星の名前。
オリジナルフレームには全て「さそり」に関係した名前を付けていたんですね。

父は池袋のギャラクシーやチャーリーにはちょくちょく足を運んでいますが、よもや自分の第二夫人が、これらのショップの前身が作り出したものだとは、思いもしなかったようです。

以上の情報をお寄せくださったSさんをはじめ、佐藤英自さん、hakoさん、east bredさん、ありがとうございました。心から感謝します。

さて、パーツ類は何を使っているのか調べるのに苦労しましたが、米田さんからご紹介していただいたサイト「サイクルツーリングへのお誘い」のコンテンツ「追憶のカタログ展」に助けていただきました。カタログと貴婦人の写真をPCの画面にへばりつくようにして見比べて調べ、現段階では下記のことまで解りました。

Kouenji3

サイトの管理人でいらっしゃるGAMIさん、そして米田さん、どうもありがとうございました。

まだ明らかになっていないところもあるので、引き続きこの貴婦人の調査をしていきます。
今後も、情報やご指摘等ありましたらお知らせくだされば嬉しく思います。

2006年5月29日 (月)

ええ!?cyclobagのフェイスが!?

21歳の体重まであと・・・計算中kcal

ちょっと~!!奥さん!大ニュース、大ニュース!!
シクロバッグのフェイス、日本未入荷のモノが売っている所があったのよ~!!
知ってた?えー!?知ってたの!?

いや~ん、私ったら知らなかったわ!ショックよ、ショック!
ここなのよ、ここ。
http://www.style-yokohama.com/
Greenstyleっていうコジャレた自転車のショップ。
何でも、4月にできたばっかりなんだそうよ!
でね、問題の日本未入荷のフェイス~。見てよ、ここ!
http://www.style-yokohama.com/items/cb_face.html

ねえー??
どうよ~、「非常にレアな商品」ですって!
しかも店頭販売限定なんですってよ?
さすが、横浜よね~、やることがしっかりちゃっかりしちゃってるわ。

横浜なんて「ちょっとそこまで」って距離じゃないわよねー・・・(落胆)
ああーん、もう、可愛いデザインのはなくなっちゃってるわよね~・・・はあーーー。
知るのが遅すぎたわ・・・。
GW中に、ケーキ、ワンホール食べてブクブク太ってる場合じゃなかったのね。

そうなのよ。人生、タイミングが大事なのよ。
いつでもアンテナを四方八方に張り巡らして、ここぞと言うときに飛びつくの。
私、八方美人ってよく言われるけど、他人に愛想振りまいているだけじゃいけないのよ。
ぼ~っとしている間に、「逃がした魚は大きい」ってことになるのよ~(涙)
結婚もそうね。まあ、その話は今は置いとくわ。

もういい。
私は後悔しないオンナ。

こうなったらAssistOnさんに頑張ってもらうしかないわね。
おねがい、日本未入荷フェイス、ガツンと入荷して!


2006年5月22日 (月)

コノ貴婦人ノ情報求ム!

21歳の体重まであと・・・計算中kcal

この週末は、高校時代の友人の結婚式のため、実家に帰りました。これで高校時代の友人の中でワタクシが唯一の独身となってしまったわけです。どーにかして。

どーにもならなさそうなので、もうひとつ皆様のお力をお借りして、どーにかしてもらいたいものがあります。

ワタクシの父上は自転車好きで、かつてはは八ヶ岳をはじめ、様々な峠を制覇した(下り専門)、アスリートでした。
ひと頃は小さな倉庫に入りきらないほどの何台もの自転車がありましたが、大分処分したようです。

その残った自転車の中に、大変気になる一台があるのです。
それを皆様方に「お宝鑑定」をしていただきたいのです。

060521j1それはこれ。(画像クリックで拡大)

父の証言によると、この自転車は20年前、埼玉は川越の「武蔵野サイクル」(現在閉店)にて、中古で5万円で購入。
060521j2繊細で美しいデザインに「貴婦人のような自転車」と惚れられ、kira家の「第二夫人」として大切に愛でられるが、現在はガレージの片隅でひっそりと暮らす。ま、第二夫人の存在なんてそんなものか。
一応、グリスアップはしているらしい。
(画像クリックで拡大)
さて、詳細ですが。

060521j3まず、目を惹くのがこのヘッドラグ。
美しい彫刻のようです。
060521j4「SCORPION FRAME NO.2 MADE BY AL」と記されたシール。
スコーピオン?本妻(母上)に続き、第二夫人もさそり座のオンナか・・・?
060521j5クロモリのようです。
Champion No.5
Tange industries, LTD
と印刷されています。
060521j6このブレーキは、珍しい気がしますが、どーなのでしょう?
センタープルブレーキと言うそうですね。
060521j7ダウンチューブに付くシフトレバー。
「Deore」ですが、アンティークなデザインですねー。
060521j8リアディレイラー。
060521j9フロントディレイラー。
060521j10アンティークといえば、このシートピンっていうんですか?
凝ったデザインです。
060521j11現在ではBrooksのサドルを付けていますが、購入時はこの「IDEALE」とかいうサドルでした。
何でもおフランス製なんだとか。
妹が雨の中、駅前に長時間駐輪してぐっしょり濡らしてしまい、父は陰で泣いたといいます・・・。
060521j12シートポストは「STRONG」って彫ってあるような・・・?
ちからこぶを強調する腕のマーク入り。
060521j13CAT EYEのリフレクター。古い・・・。
060521j14クランクは「SUPER MAXY」と記されています。
SUGINO製だそうです。
060521j15リムは「ARAYA 650A JAPAN」と記されています。
060521j16ステムはNITTO。
・・・とまあ、こんな自転車なんですが、いかがでしょうか?
どうか「自分で調べろよ、ボケ!」とはおっしゃらずに、「このパーツは、これこれこんなモノで、こんな価値のある(もしくは価値のない)、今じゃ手に入らない(もしくはどこにでも転がってる)モノなんだよ~。」と教えていただけたら、嬉しく思います。

この美しき謎の貴婦人の鑑定、少しの情報でも構いません。
近々ワタクシのものにしてしまおうかという魂胆もありますので、是非お願いいたします!

2006年5月 9日 (火)

五月雨は緑色

21歳の体重まであと・・・計算中kcal

フロントバッグのレパートリーが増えると、自転車通勤の楽しさもひとしお。
さて、これから夏に向けて、籐カゴのバッグなんかもリクセン化しちゃおうかなー♪るんるん。

そういうわけで、今日もウキウキ気分で自転車通勤だったのですが・・・。
帰りに雨に祟られ、水も滴るいいオンナですよ。(ベタですみません)
帰宅後、自分より先にkoenji2号ちゃんをきれいに拭いてあげたのは言うまでもありません。

一応天気予報をチェックしているにもかかわらず、雨に降られるなんて、くやしいったらこの上ないのですが、ここ数日の雨の様子は、霧のような細か~い雨。
こんな雨を降らす雨雲というのは、気象庁の観測データにも写らないらしいんですよ。
だから予報がしにくいと。ホントかいな。

でもこういう雨こそ、ビシッと予報していただきたい。
自分はもとより、愛する2号チャンを少しの雨にも濡らすわけにはいかないのですから。

そんなこと思っていたら、先日まで晴れマークが出ていた週間天気予報が、曇りと雨マークに変わり、しかも降水確率が曇りの日でも40%という微妙な予報になっています。
「雨降ったじゃないか!」と文句でも言おうもんなら「だって、振らないなんていってないじゃん。40%ってチャンと予報してるも~ん」と、言い逃れをしようっていう腹ですか。

あーあ、暫く自転車通勤はお休みかなー。がっかり。

走行距離 26.0キロ
走行時間 1時間56分
消費カロリー 685kcal
今年の走行距離 966.0キロ

2006年5月 8日 (月)

CyclobagのRIXEN化、成功!

21歳の体重まであと・・・計算中kcal

シクロバッグをお持ちで、リクセンカウルのアダプターを付けられたら良いのになー・・・と思っていた皆さん、朗報です。

「CyclobagのRIXEN化に成功しました!」
ばんざーい、ばんざーい\(^o^)/

さて、早速レクチャー・・・といきたいところですが・・・。
これを成功させるには、いくつかの条件があります。
この条件を満たす方のみ、リクセン化成功へのチャンスが与えられるわけです。

①物事を右脳で考える人(理論や計算で考えない人)
②多少の流血を恐れない人
③力がある人
④破壊的な人
⑤足も手と同じ役割ができる人
⑥失敗しても後悔しない人

そして、できれば女性はやめといた方が良いかもしれません。
かなりの危険が伴います。
彼氏やご主人にやってもらってください。

では、お待たせしました。

0605080106050802まず、シクロバッグの内ポケットを外に出し、横の縫い目をほどきます。

06050803中にウレタンのシートがあるので、それを引き抜きます。

06050804カシメてある金具が見えますね。
4箇所ありますので、それを取ればいいわけです。

ここからが至難のわざです。
この金具を取るには、電動ドリルとペンチやニッパーを使うのですが、かなりの力が必要で危険。
流血の恐れあり。
そして、あちこち押さえながらやっていると、二本の手じゃ足りないので足も使います。
06050805一応嫁入り前の女性として、この様子をお見せすることははばかられますので、写真はありません。

06050806そして、アダプタープレートを取り出しますが、思い切って叩き割ってください。
でないと取り出せません。
私は金槌でバコンバコン叩きました。爽快。

06050807さあ、あとはリクセンカウルのアダプタープレートを取り付けるだけです。
プレートの穴に合わせて、新たに4箇所の穴をあけるのですが、ボルトの穴より大きめにあけると取り付けがしやすいです。私は直径1センチ程の穴をあけました。
電動ドリルで自分の手に穴をあけないよう、細心の注意で行ってください。

06050808取り付けには工夫を必要としますが、各自で何とかして下さい。
試行錯誤している間に、取り付けられます。
ウレタンシートを戻して、ポケットを縫い合わせ、完成。

06050809これが夢にまで見た、シクロバッグ・リクセンカウルバージョンです。

ちなみに私は完成までに、手に2箇所の傷を作り、爪と指と掌を、力を入れ続けたことにより痛めました。
挑戦者の成功を祈ります。

2006年5月 6日 (土)

Timbuk2 TIM1J の RIXEN化

21歳の体重まであと・・・計算中kcal

Danjunさんのところで、「Timbuk2 Euro tote の RIXEN化」の記事を読み、早速参考にして作ってしまいました。
タイトルまで参考にしてしまいました。・・・というより、もうこれはパクリです。すみません。

常々、デザイン・機能に優れた、好みのカラーのバッグを見ると「あー、このバッグが自転車に取り付けられたらなー」と、思っていたワタクシ。

Danjunさんも書かれていたが、荷物を背負わないで走ることは体が自由になりとても快適なのだ。
特に私のように肩凝りに悩む40代は、少しでも身軽でいたい。

そんなことで、現在はおしゃれなパリジェンヌ御用達のシクロバッグを付けている。
これはこれでたいそうなお気に入りなのだが、ひとつ欠点が。
A4サイズの書類が入らないのだ。
これはワーキングウーマンの私としてはちょっと辛い。

他にフロントに取り付けられるバッグはリクセンカウルから様々なバリエーションが出ていて、アレグラなんて、いいんじゃないの?と思っていたのだが、自転車に取り付けられるバッグというのは、まだまだデザインもカラーも選択肢が少ないのが現状で、限られた中でしか選ぶしかない。そこで、Danjunさんの記事である。
「おお!これならどんなバッグでもフロントバッグに変身!」と、早速真似して作ってみることに。

前置きが長くなったが・・・「ゴールデンウィーク特別企画:kiraの“ひとりでできるかな”」開始。

06050601まずは、和田サイクルに行って、KlickFixフロントアダプター(KF810:\2,100)とバッグ側に取り付けるアダプタープレート(KM811:\1,365)を購入。
プレートは2個確保だ。

06050602Timbuk2のメッセンジャーバック、春の新作カラーが手に入ったので、思い切ってこれを改造することに・・・。
ドキドキ・・・。

06050603カラーの切り替えの幅が、丁度アダプターの幅とぴったり。
まるで「私をフロントバッグに改造してチョーダイ」と言っているようではないか。

0605060406050605
印を付けて、穴をあける。
キリで小さめにあけて、取り付けネジでぐりぐりと広げるようにすると、大きくあけすぎてしまうことがない。
そして、もう後には戻れない。
勇気と繊細さが必要。

0605060606050607
取り付ける側の生地が薄いので、補強用のプレートを付ける。型崩れ防止にもなる。これは家に余っていたA4サイズのファイルを切り取って使う。本来、ブラックかインナーと同じイエローにしたいところだが、ピンクしかなかったもので。乙女色。
これに穴をあけるには力だけが必要。

06050608完成。

0605060906050610
内側。
ボルトが出っ張っているのでスポンジシール(TOYOインクのDF-2400CH)を張ってみた。

06050611ブロンプトンに装着。

RIXEN&KAULのアダプターを付けちゃったので、当然シクロバッグが付かなくなってしまった。
こりゃ今度はシクロバッグをRIXEN化か?

アダプタープレートを手に入れれば、何でもフロントに取り付けられます。
さて、あなたなら何を取り付ける?

今年の走行距離:940.0キロ


« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »