2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月31日 (月)

梅雨明けで復活バリバリ。

21歳の体重まであと・・・計算中kcal
↑もう、50000kcalは切っているはず…という希望的観測。

長梅雨で自転車にきのこが生えた皆様、お待たせしました!関東地方、梅雨明けでございます!

梅雨明けと同時にワタクシの自転車通勤も復活ですわ。
復活どころか、鈍りに鈍った身体に「活!喝!克!」ですわ。

すごいですよ。本日のワタクシの運動量。
爽やかに晴れた本日、久し振りの自転車通勤の途中、千駄ヶ谷の東京体育館のトレーニングルームに寄って、たっぷり2時間、バイクにランにダンベルにマシンで、鍛えてきました。
本日の消費カロリー、1143kcalですよ。ロースカツ定食分位でしょうか。

実はですね、この東京体育館のトレーニングルーム
本日初めて利用してみたのですが、これがまた、イイ!
キレイ!広い!安い!
6月にリニューアルオープンしたそうなんですが、運営を、あのスポーツクラブのティップネスが行っているんですよ。
最新のマシンも多数導入しているのはもちろん、ロッカールームもバスルームもパウダールームも広くてキレイで使いやすい~!

利用料金は2時間で450円。
1時間超過ごとに220円追加。

私は以前、スポーツクラブに通っていたことがあったんですが、月会費を1万円位払っても1ヶ月10回も行けなかったりして、ものすごーく損をした気分になったものです。
ここなら、1回毎に利用料金を払えばいいから損した気分にもならない。もちろん年会費もない。
ただ、1分でも超過すると1時間分の超過料金を取られるので注意だ。

ちなみに月額固定利用券、月7,800円で、トレーニングルームやプールなど、時間制限無しで使いたい放題なんだそうだ。

仕事前にそんなに運動して疲れないの?と思われるかもしれませんが、運動による肉体的疲労と、仕事による精神的疲労は、別なんですよ・・・それどころか、この二つの疲労のバランスが取れてないと、余計に疲れるような気がします。精神も肉体もバランスよく使ってあげるってことですね。

あーワタクシってなんてタフで元気なんでしょう!
健康バンザイ!

本日の走行距離:25.2キロ
今年の走行距離:1373.7キロ
本日の消費カロリー:1143kcal

2006年7月13日 (木)

汗のニオイ対策2

21歳の体重まであと・・・計算中kcal
↑「いつまで計算してるんだぁ?」という呆れ顔はごもっとも。

さぁて、1週間のご無沙汰でしたが、前回のお約束どおり今回も汗のニオイについてお届けしますよー。

女性よりも汗をかきやすい男性諸君、汗のニオイには気を付けましょうね。
特に、この時期。
じめっとした天候が続いて、洗濯してもカラッと乾かない。そんな状態のTシャツを着ていくと、「くさっ」と隣で鼻をつままれますよ。

そう、洗濯物の生乾きのニオイ。これ「くっさい」です。
それに汗のニオイがプラスされると、相乗効果で、「くさい」を通り越して「異臭」です。
ウチの会社にもこのニオイをさせた若い男性が何人かいますが、さすがに面と向かって
「あんたくさいよ」とも言えず、黙って鼻をつまむしかありません。

このニオイの元となるのは、洗濯物に残っている汚れ。
そしてこの汚れを栄養とし繁殖する、細菌によるもの。
細菌は乾燥した状態では繁殖しにくいのですが、水分(空気中の湿気)を与えるとどんどん増殖します。
そう、ですからニオイを防ぐには、しっかり汚れを落とし、しっかり乾かす。これに尽きます。

それでは、洗濯するときの注意点をいくつか挙げていきましょう。

①容量を超えた大量の衣類を一気に洗濯しない。
回転もままならなくなる位の量の衣類を入れると、汚れがしっかり落ちません。

②洗濯が終わったら、すばやく干しましょう。
濡れたままの状態で置いておくと、どんどん細菌が繁殖しますよ~。

③干す際は、衣類と衣類との隙間を充分に空けましょう。最低でもこぶし一個分。
風通しを良くし、早く乾くようにすること。
乾燥機をお使いの方も、もう一度ハンガーに吊るして干すことをオススメします。
脇の下、ポケットの中など、完全に乾き切っていない場合もあります。

この3点を注意するだけで、ニオイはかなり防げます。
そして、洗濯槽の裏側にもカビや細菌が付いているので、「洗濯機クリーナー」などで洗うと良いでしょう。

さ、これで、先日の記事の通りに会社に到着してからの汗の処理をすれば、あなたも汗のニオイとは無縁の爽やか自転車ツーキニスト。チョイモテオトコになれるかもしれないし、なれないかもしれない。

【洗濯槽用 カビ取りなっとう君】洗濯槽の裏にかくれたカビ退治、防止スプレー♪


おいおい、こんなネーミングでホントにいいのか?
洗濯槽クリーナー「カビ取りなっとう君」
臭そう。

メンズビオレ ドライスプレー リフレッシュ120g



男性向け制汗剤。
ビオレは基本よね。

今年の走行距離:1348.6キロ

2006年7月 5日 (水)

汗のニオイ対策

21歳の体重まであと・・・計算中kcal
↑「いつまで計算してるんだ!」というお怒りはごもっとも。

さぁて、本格的な汗の季節がやってまいりました。
皆さん、汗のニオイ対策は万全ですか?
颯爽と自転車で通勤し、バリバリと仕事をこなす姿はカッコいいけど、汗のニオイをぷんぷんさせちゃあ台無しですぜ。

ここはしっかりと対策を練りたいところ。
本日は「kira流、汗のニオイ対策」をご紹介したいと思います。

まずはいつもより30分、早く家を出ます。
なぜなら到着してから汗を落ち着かせ、拭いたり着替えたりで時間を取られるからです。

到着5分前くらいで、漕ぐスピードを緩めここからクールダウンに入ります。
到着してから噴出してくる汗の量を少しでも抑えるためです。

到着したらトイレに直行です。
これからもっと暑くなるとスッピンで行って顔をジャブジャブ洗うのですが、今は汗に強いファンデーションを塗っているので、濡れたタオルで顔を覆い充分冷やします。そして全身を拭きます。
ここでワタクシkiraのとっておきアドバイス。
早く体のホテリを鎮めるには、冷たいタオルを首の後ろ、後頭部に暫く当てておくと良いです。これ、ホント。

で、着替えるのですが・・・ちょっと待て。早まるな。
充分体が乾いてから服を着てください。でないと汗臭くなりますよ。
私はここで制汗剤を体に付けるのですが、今のお気に入りはコレ。

ふんわりさらさら肌に♪素肌をキレイに見せるプリズムパール入りSALAボディパプパウダー40gカネボウ SALA ボディパフパウダー。

制汗スプレーでシューっとやるのもいいんですが、ワタクシむせるのですよ。ゲホゲホ。
シッカロール(天花粉ともいう)世代のワタクシとしては、やはり汗をかいたらパタパタパタパタ・・・としたいのでございます。

このパウダーをパタパタしますと、ほんのりフローラルな香りが体を包み込み、肌がうっすらと控えめにキラキラと輝き、「体育会系オバちゃん」から「爽やかなお色気お姉さま」に変身できるような気がします。

コレは男性には不向きかもしれませんね。殿方がフローラルな香りでお肌をキラキラさせていると、あっち系と勘違いされるかもしれませんから気を付けて。

さて、着替えですが。
私の場合、下着も全部着替えます。汗ビッチョリのパンツのままで過ごすのは気持ち悪いですもんね。
着替えたパンツはトイレに忘れたり、廊下に落としたりしないように注意しましょうね。

では次回も引き続き「汗のニオイ対策」についてお届けする予定です。お楽しみね!

今年の走行距離:1297.7キロ

2006年7月 2日 (日)

電車通勤を楽しく

21歳の体重まであと・・・計算中kcal
↑「いつまで計算してるんだ!」というお怒りはごもっとも。

人間の顔は、動物に例えられます。(by西村知美)
簡単なところでは「キツネ系」「タヌキ系」の二通りに分けたり、もっと細分化すると、サル顔、イヌ顔、ウマ顔、サカナ顔・・・いろいろな動物顔がいらっしゃいますね。
ちなみに私はキュートな子リスちゃん。

最近、天候不順のため電車通勤することが多いのですが、満員電車に揺られるのは辛いものです。
でも、辛い中にも楽しみを見つける。それがワタクシの人生のモットーなのです。

さて、先週の金曜日の仕事帰りのことです。
週末、最終一本前の電車とあって、車内は酒臭さで充満。
「くっせーなー…」
こんな中に、ひと時身を置いていなくてはならない辛さ・・・。
私の隣には、かろうじてつり革にぶら下がってゆらゆらと前後左右に振られている、意識朦朧とした酔っ払いサラリーマン。こっちに振られるのを避けながら、つり革につかまりじっと我慢。

目の前の座席には30代くらいの若いサラリーマンが座っていて、やはり酔っているらしく、体が前に倒れ熟睡状態。
ゆら~っと横に倒れそうになるので、隣に座っている水商売帰りらしい綺麗なお姉さんも迷惑そうにしています。

・・・と突如、そのサラリーマンがガバッと上体を起こし、顔を上げました。
「ゴリラ顔!」
私は咄嗟にそう判断しました。

そのゴリラのお兄さんは、その状態で更に寝続けます。
こりゃちょっとやそっとじゃ起きそうにもありません。

その時です。
そのお兄さんはいきなり手を叩き始めたのです。
パチパチパチ・・・・パチパチパチ・・・・
小刻みに・・・すばやく・・・その手は拍手を続けます。ぐっすりと眠りながら・・・。

「うっほ、うっほ」と言ってはいませんでしたが、私にはそう聞こえたような気がします。

その後、そのお兄さんは私が降りる駅で急に目を覚まし、ふらふらしながらも一緒に降りたのですが、座席に置いていたかばんを持っていませんでした。
「あっ」と私が気が付いたと同時に、そのお兄さんは電車のドアが閉まる直前、奇跡的に再びふらふらと乗り込んだのです。無事に家にたどり着いたのかどうかは不明です。

人間は寝ているとき無防備になりますが、もしかして己の体に流れる「似ている動物の血」がいたずらするかもしれません。
私も子リスちゃんに変身しないように注意しようっと。

辛い電車通勤をしている皆さんにも、こんな楽しい出来事に遭遇できることを願ってやみません。

060630

追記:私は「サル顔」「ゴリラ顔」が好きです。織●裕二とか佐●浩市とか坂●憲二とかカーンとか。

今年の走行距離:1250.1キロ
消費カロリー:655kcal

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »