2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« kira、大阪で食い倒れるの巻① | トップページ | ジョギングシューズを新調 »

2007年5月 2日 (水)

kira、大阪で食い倒れるの巻②

Udon3道頓堀といえば、カニやらエビスさんやらのド派手な巨大看板が並ぶ、にぎやかな歓楽街ですが、その丁度真ん中辺りに一軒、周囲の様子からは浮いて建つ、銀座の高級料亭かと見紛う造りのうどん屋さんがあります。
Udon1そこが、「道頓堀 今井」。昭和21年創業、伝統の味を今に引き継ぐ老舗。

大阪のうどんといえば「きつねうどん」らしいのですが、私はデーンとてんぷらうどんを注文。
さて、関西のうどんといえば「出汁が命」と聞きますが、お味は・・・。
Udon2いやー参りました!
味にうるさい大阪の真髄、ここに見たり!という感じ。
ツユの色は薄いのに、このしっかりしたコクのある味。「出汁」って料理には大切なものなのね、ということを改めて感じさせてくれました。

大変美味しゅうございました。

さて、やはり大阪に来たからには串カツを頂かなければ帰れません。
ホントは串カツのメッカ、通天閣のそびえ立つ新世界に行きたかったのですが、生憎の雨で断念。

Kusikatu1そこで、本場新世界の串カツを味わえるお店を探していたところ、「合格や」という、新世界で修行をした人が開いたお店を見つけ、行ってみることにしました。

Kusikatu2串カツ、アスパラ、海老、ピーマン、サツマイモ、レンコン、ししとう、豚ヒレ、しいたけ・・・
衣が薄くサクッとしていて油っこさを感じない。何本でもいけます。
カウンターにキャベツの山盛りが常備されていて、合間に食べると口の中もさっぱり。

Kusikatu3こうやってたっぷりとソースをつけて食べるのです。一度しかつけてはいけません。これお約束。
揚げたてをジュッと付けてお召し上がりください。

Kusikatu4初串カツ、大満足でした。
昼間だったので飲み物は烏龍茶にしたのだけど、周囲のお客さんはみな「ラムネ」を飲んでました。
そっかー、ツウはラムネと串カツか・・・。
東京じゃ、串カツを食べるとなるとお酒を飲む店に行くしかないけど、大阪ではおやつ代わり、軽食代わりに気軽に串カツを食べているんですね~。

Horaipoteto番外編はこれ。
551蓬莱の中華ポテト。大学イモのようですがちょっと違う。
揚げたてホクホクのサツマイモにカリカリの飴をコーティング。この飴がかなり硬めで、楊枝がなかなか刺さらない。
カリッ!ホクッ!
100グラム140円。おやつに最適。

大阪は安くて美味しいものの宝庫。
今回行くことができなかったところ・・・新世界、法善寺横町など、まだまだ美味しいお店はたくさんある。
これはしっかり「大阪貯金」をして、近いうちまた訪れたいなー。大阪万歳!

« kira、大阪で食い倒れるの巻① | トップページ | ジョギングシューズを新調 »

コメント

まぁ・・・・ずいぶん楽しまれたのですねぇ

初の大阪にしては、100点満点のツアーやったんとちゃいますか。

よほど下調べしておくか、それとも大阪に長けた人がいないと、
このコースはまわれないですよ。

しかも食べたものは基本的にホンモノ

これだけ堪能して帰りはるひと、滅多にいませんよ(笑)
なんや、こっちまでもが嬉しくなりますやん。


【雑学その3】
大阪って、県外から来た人が持って帰る「手土産」っていうのは、基本的にないのですよ。あるように見えるけど。

おいしいもん食べて、楽しんで帰ってもらう

これが大阪のおみやげなんです。

ただし、転んでもタダでは起きない大阪人のすること。
おいしいもんを食べてもらったら、その味が忘れられなくて、また大阪にきはるでしょ。

またここで食べてもらえる = 儲かる

いわゆる  リピーター  ちゅうやつですね。
それを作るのがまた上手。すごい店主やと、数年前の一見さんを覚えている方もいます。

そのへんはちゃっかりしてます。

kiraさん、Ezとおなじでいまだにぽっこりおなかが出ていませんか?
あんまり食い道楽しちゃだめですよ。人間は一生のうちでおいしいもの食べるの決まっているんですから(笑)

グルメレポーターばりの食いっぷりですのぉ。
大阪のイメージはやっぱり食べモノですね。
うどん…食べたい。(広島で食べときゃよかった)

それにしても写真がお上手ですね!完璧なまでの引き算の写真になっています。

▽oomoriさん
>初の大阪にしては、100点満点のツアーやったんとちゃいますか。
ほんまでっか?
一応、基本は押さえておこうと思って、ネットで調べたり「ミナミウォーカー」ちゅうもんを買ったりして勉強しましたわ。
>おいしいもん食べて、楽しんで帰ってもらう
>これが大阪のおみやげなんです。
納得ですわ。
「あれこれ言わんと、一度行ってみなはれ」って感じ。
付け焼刃のお土産なんかで大阪は語れまへんちゅうの。
>その味が忘れられなくて、また大阪にきはるでしょ。
まんまとその策略にはまりましたよ(笑)
今度いつ行こうかとわくわくしてますわ。

▽Ezさん
>いまだにぽっこりおなかが出ていませんか?
アンタ、それは言わない約束でしょ(はーと)
>人間は一生のうちでおいしいもの食べるの決まっているんですから(笑)
私の一生は200年くらいあるらしいですので、かなりの量をいけるかと・・・。

▽GROSさん
>グルメレポーターばりの食いっぷりですのぉ。
行ったからには食べとこうと、ついセコイ気持ちになりまして・・・。
それでも食べ尽くせなかった・・・。
>うどん…食べたい。(広島で食べときゃよかった)
うどんは関西に限りますね。
うどんだけ食べに関西に行きたいと思うようになりましたよ。
昨日石神井公園でうどん食べましたが、しょうゆ味でした。
ま、それはそれでいいんですが・・・。

▽西羅さん
>完璧なまでの引き算の写真になっています。
お、そうなんですか?自分じゃ気が付かない・・・(笑)

う!それは自分自身に写真の才能があるのを認めているようなものですよ。

これでは、褒め殺しになってしまいます。これからはKiraさんの為に悪いところを探します。(笑)

食い倒れ、楽しい旅でよかったですね。
私も行ったら必ず551連れて行かれますが、今度串カツも食べてみたいなぁ。

▽西羅さん
>これからはKiraさんの為に悪いところを探します。(笑)
きゃーそれはやめて。
ワタクシ、褒められて伸びるタイプなんで、褒めておだてて木に登らせてください(笑)

▽ayakoさん
551の中華、食べましたか?美味しいのかな~。
串カツは是非召し上がってくだされ。
ソース、2度付けはあきまへんで・・・。

 あらー、食い倒れているお○ちゃんの写真はないのね。
 むかーし、ミナミで夜中に歩いていたら、店のドアから(たぶん酔っ払いが寝ていて)脚だけがにゅーっと出ている店なんかがあって面白そうでしたな。
 それに比べると北新地のお上品なこと。ホステスは11時で帰りおるし(T_T)。

大阪から東京に引っ越してきたばかりの頃、うどんを頼んだらドブ色のツユだったのに大変驚いたことを思い出しました・・・。
透明なツユがスタンダードだったので、なんでこんなに醤油を入れるんだろう?と???がいっぱい。

その話を大阪の友人(つれ)に話したら、
”東京は武士の街だから肉体労働やねん。だから塩分が必要なので醤油。
大阪は商売の街だから、頭脳労働やねん。だからアミノ酸が必要なのでダシ。
肉体労働と頭脳労働だったら、頭脳労働の方が、えらいやろ?だから大阪が東京よりえらいねん”と力説。

納得しちゃいましたよ(笑。
東京のうどんも食べ慣れると美味しいですけどね。

もう一つおまけ。
北海道でエビのお寿司は”生エビ”しかありません。

なので北海道の人間が東京に行って、ボイルしたエビのお寿司を出された時に”俺を田舎者だと馬鹿にしてるんだろう!”と怒った経験の人が少なからずいるようです。江戸前という事を知らないので。。。

小僧寿司が北海道に進出したときに、ボイルしたエビの寿司を売った事で”あそこの寿司はまがい物だ!”という噂が立ち売り上げが低迷したため、北海道の小僧寿司のエビは生です(笑。

僕自身はボイルしたエビ寿司も好きなので、東京本社の会議の後、仕出しのお寿司での飲み会とかで、”あ、これ旨い!”とか言いますよ。
上司が”北海道の人間でも旨いんだ”という期待通りの回答に、”生ではないエビなんて北海道ではないですから”と、いっぱつ食らわして遊んでます。ちょっと嫌みなんですが、気持ちよいです(汗。

▽米田さん
>食い倒れているお○ちゃんの写真
あまりにも見苦しいので今回はパスで・・・。
>店のドアから(たぶん酔っ払いが寝ていて)脚だけがにゅーっと・・・
おお、それはシュール。新宿のゴールデン街でも見受けられそうな光景ですね。
>北新地
次回は北新地も行ってみたいのでございますの。どちらかというとワタクシにはそちらの方が馴染むのではないかと・・・おほほ。

▽とりさん
>ドブ色のツユ
きゃ~!確かにあの大阪の澄んだツユに比べれば・・・(怖)
今まで醤油にごまかされてました・・・。
>力説
う・・・その説には納得せざるを得ないか?
東京モンに聞かせたら「べらんめい!」と怒られそうですが。
>北海道でエビのお寿司は”生エビ”しかありません。
えっそれは知らなかった。
しかし、折角北海道に来てわざわざボイルしたのを食べようとは思わないですもんね。そういや、小樽の寿司屋でボタン海老の生を食べたときは感動した!
>北海道の小僧寿司のエビは生です(笑。
コネタで使わせていただきます(笑)
>いっぱつ食らわして遊んでます。
北海道のものは東京に比べると何でも美味しいですからねー。
負けますよ~。特に魚介類・・・一度北海道の味を知ってしまうと、戻れません。私は戻りたくなくても戻らなきゃならない事情がありましたが・・・(爆)


 食い倒れている「おっちゃん」の写真を所望したのでごわす。
 食い倒れの街、大阪では、おっちゃんも倒れてはるやろなーと思うてましたが、どないだす?
 誰も「おば」ちゃんは所望してまへんでぇ~(笑)。
 ああ、どつかんといてkiraはん!

んまーっ!「おっちゃん」でしたか!
そういや米田先生も昔、高円寺で倒れてはったとか??
もしや米田先生、道頓堀も出入り禁止ちゃいますか?
あきまへんで~米田はん、あっちゃこっちゃで・・・。
わての出入り禁止は、宇都宮の焼き鳥屋だけどす~。(もう時効)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52462/14924834

この記事へのトラックバック一覧です: kira、大阪で食い倒れるの巻②:

« kira、大阪で食い倒れるの巻① | トップページ | ジョギングシューズを新調 »