2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« モンベルクラブに入会 | トップページ | 急遽!青と白の世界へ »

2009年3月 8日 (日)

スノーシューで雪山遊び

09030701
スノーシューで遊んできました。
スノーシューとは、「雪の上を快適に歩く道具」です。


09030702
これ。
昔でいう「かんじき」。

深い雪の上だと、普通の靴ではズボズボ沈んでしまって歩けません。
これを付ければ雪への接地面積が広がるので、沈まずに歩けるというわけ。


真っ白な冬山のピンと張り詰めた新鮮な空気を吸いながら、
ふかふかの新雪の中を歩き、自然を満喫できるのです。

今回、フォレスト&ウォーター主催のスノーシューツアーに参加してきました。
行き先は群馬県の水上(みなかみ)。池袋を朝7時半に出発するバスツアーです。
私ら含めて15名ほどの参加者を、ツアーガイドさんが雪山散策を楽しませてくれます。


スノーシューレンタル、
ランチ(チキンカツサンド、スープ、紅茶、飴、チョコレート)付きで
12500円。ちなみにスープはインスタントです。


09030704

このツアーでは、雨呼山を散策。
冬山の中は様々な発見があります。
例えばこれ。
09030703_2
わかるかな?
幹に刻まれた爪あと。
これ、ツキノワグマが木の実を食べるため登った時につけたものなんです。
こわ~~。

その木の上には「熊棚」というものがあります。
Cocolog_oekaki_2009_03_08_15_49
熊棚。
熊が木の上で枝を折って実を食べ、
その枝をお尻の下に敷いていくことからできる棚だそうです。
(写真が撮れなくて絵で失礼。こんな感じってことで。)

Kitutuki
その他、きつつきが木を突っついた跡があったり・・・。
運がよければ狐や鹿、猿などにも遭遇できるそうです。
野生の動物を身近に感じることができるのは、貴重な体験。
熊鈴は大事だ…!と、改めて感じた次第です。


個人では危険でできそうもないことを、熟知したガイドさんのおかげで、
深い雪の中を自由に走り回ったり、
10メートルくらいの斜面をお尻ですべり降りたり(尻セードというそうです)と
面白い体験ができました。

この模様は、フォレスト&ウォーターのコチラにも掲載中です。

スノーシュー購入、検討中。

« モンベルクラブに入会 | トップページ | 急遽!青と白の世界へ »

コメント

kiraさん、また楽しそうなことしてますね。
影響受けちゃうじゃないの。どーしてくれんの。(笑)

うーん、うらやましい。
私もこれは楽しそうだなぁ〜って思っていたんですが、そうですかやっぱり熊のそばだったりするからガイドさん付きのコースがいいのかな。
次回は雪中で大の字の写真希望(笑)

kiraさん・・・まいど!

あれから・・・・大阪駅構内のショッピングモールにあるモンベルに入り浸り、ホシイホシイ病にかかっているoomoriです。

またまた・・・どこぞ彷徨いているんかなと思いきや・・・
徘徊癖のある人間をくすぐるような所へ行ってきましたね。

雪山徘徊はさすがに個人では無理がありますが、これなら満足できそうですね。面白そうです。

熊の爪痕は奈良県でよく見ましたが、熊棚までは見たことはありませんなぁ・・・
これはクマっだなぁ・・・・(なんちゃって♪)

しかしまぁ・・・そのうち、ご趣味の雪山登山とマラソンを併せて、個人でノルディッククロスカントリーでも出場する勢いでんな・・・(笑)

**

追伸
ブログがようやく復活しました。
お手数をおかけしますが、リンク張り替えをお願いします。
散々迷った挙句、ココログにさせて頂きました。

▽Danjunさん
>影響受けちゃうじゃないの。どーしてくれんの。(笑)
むほほ。
Danjunさん、おもしろいですよ~。これはおすすめ。
スキーもスノボも体力的に辛くなってきた私たち(Danjunさんも引きずり込む)には、うってつけのお遊びですよ。
今回、私はカメラを持っていかなかったのだけど、他のスノーシューツアーでは、雪景色を撮るために参加している人もいます。
スノーシューさえあれば、冬山の美しい樹氷の撮影もできますぜ。
ずりずり。(Danjunさんを引きずり込む音)

▽ayakoさん
>私もこれは楽しそうだなぁ〜って思っていたんですが…
うん、アドベンチャー好きなayakoさん向けかも…(^^)

>そうですかやっぱり熊のそばだったりするからガイドさん付きのコースがいいのかな。
そうですねー。お散歩と言っても、万が一遭難なんてこともあるし、余程雪山に慣れている人以外は、ガイドさん付きの方が安心。
ガイドさん、非常食としてマヨネーズ持ってましたよ。

>次回は雪中で大の字の写真希望(笑)
がってん、まかしとき!

▽oomoriさん
毎度~。

>ホシイホシイ病
そりゃ、買うまで治らんですな。

>またまた・・・どこぞ彷徨いているんかなと思いきや・・・
>徘徊癖のある人間をくすぐるような所へ行ってきましたね。
もーー、oomoriさんなら「マタギ」にもなれそう…。

>これなら満足できそうですね。面白そうです。
そうですねー。oomoriさんが新雪の中を楽しそうに走り回る姿が想像できます…。

>熊棚までは見たことはありませんなぁ・・・
一見、ただの枝のカタマリにしか見えないんですよ。
見過ごしてしまいそう。
でも、爪あとのある木の上には多分あるんだと思う。

>これはクマっだなぁ・・・・(なんちゃって♪)
・・・・・・・・はいはい。

>ご趣味の雪山登山とマラソンを併せて、個人でノルディッククロスカントリーでも出場する勢いでんな・・・(笑)
ないない。
基本はインドアな、お嬢様育ちなんで。(どの口で言っとんのじゃ!)

>ブログがようやく復活しました。
んもう、いつの間にか、なくなってたからどーしたのかと思ってたじゃないですか。
リンク張替えときます。

「スノーシュー」っていうくらいだから
「スノー」の上をを「シューっ」と滑るのかと思いきや
まさにカンジキですね忍者の水上歩きみたいでおもしろい
kiraさんらしく、いつもいろんなことに挑戦してますね

▽風さん
>「スノー」の上をを「シューっ」と滑るのかと思いきや…
ちょいとオヤジギャグ風の解釈で、好きです。

>忍者の水上歩きみたいでおもしろい…
形はそんな感じですが、実際歩いてみると、幼児がオトナのスリッパを
履いて歩いてるみたい。

>kiraさんらしく、いつもいろんなことに挑戦してますね
もうね、いい歳して何やってんだかって感じです(^_^;)


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52462/44279767

この記事へのトラックバック一覧です: スノーシューで雪山遊び:

« モンベルクラブに入会 | トップページ | 急遽!青と白の世界へ »