2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

山遊び

2009年3月22日 (日)

急遽!青と白の世界へ

09031500
再び、白銀の世界へ!

先週末・・・3月13日から14日にかけて、日本を襲った春の嵐。
土曜日、いつもの様に昼近くに目を覚まし、「この週末は何をして過ごそうか。」と、
ぼーーーっと、ヤフー天気情報を眺めていたら・・・

日曜日は快晴のマーク。嵐の過ぎ去った後の雲ひとつない快晴。
山は昨晩の嵐で新雪が積もっているはず。
紺碧の空に白銀の世界。
こりゃー山に行くしかないでしょう!!

・・・ということで、急遽雪山に行くことに!
そうと決めたら、行動は早い。今晩泊まれる宿を探し、高速バスのチケットを手配。
いざ、北八ヶ岳にレッツゴー!

(以下、写真多いです・・・)

09031501
・・・というわけで、翌15日9時半にはピラタス蓼科ロープウェイ山頂駅に。
もーーー文句無しの快晴でございます。

09031503
ここは北八ヶ岳にある「坪庭」というところで、
八ヶ岳の噴火でできた溶岩台地なんです。
雪がなければ、ゴツゴツした溶岩の山が10万坪もの広さで見渡せます。
その溶岩の上に雪が積もり、冬季は雪山散歩コースとなっているわけです。

09031502
ふっかふかの新雪。
スノーシューなら、どこでもザクザクと歩いていけます。

09031512
中央アルプスもすっきり良く見えます。

09031504
来て良かった~。

09031515
年齢を忘れてはしゃいでおります。(43歳)

09031505
ayako嬢のリクエストにお応えして。(43歳)

09031511
樹木もすっかり雪に覆われ・・・

09031506
自然が造る芸術に感心。

09031507 09031508 09031513
ウサギの足跡発見!

09031514 09031510
向こうに見えるは縞枯山。

09031509
コーヒーブレイク。

・・・というわけで、昼過ぎには下山し、
15時58分の上諏訪発新宿着高速バスに乗って帰宅。
毎度毎度行き当たりばったりの無計画な旅。
宿も交通も贅沢を言わなければ何とかなるものです。
今度の週末はどこにいるんだろう・・・。 

2009年3月 8日 (日)

スノーシューで雪山遊び

09030701
スノーシューで遊んできました。
スノーシューとは、「雪の上を快適に歩く道具」です。


09030702
これ。
昔でいう「かんじき」。

深い雪の上だと、普通の靴ではズボズボ沈んでしまって歩けません。
これを付ければ雪への接地面積が広がるので、沈まずに歩けるというわけ。


真っ白な冬山のピンと張り詰めた新鮮な空気を吸いながら、
ふかふかの新雪の中を歩き、自然を満喫できるのです。

今回、フォレスト&ウォーター主催のスノーシューツアーに参加してきました。
行き先は群馬県の水上(みなかみ)。池袋を朝7時半に出発するバスツアーです。
私ら含めて15名ほどの参加者を、ツアーガイドさんが雪山散策を楽しませてくれます。


スノーシューレンタル、
ランチ(チキンカツサンド、スープ、紅茶、飴、チョコレート)付きで
12500円。ちなみにスープはインスタントです。


09030704

このツアーでは、雨呼山を散策。
冬山の中は様々な発見があります。
例えばこれ。
09030703_2
わかるかな?
幹に刻まれた爪あと。
これ、ツキノワグマが木の実を食べるため登った時につけたものなんです。
こわ~~。

その木の上には「熊棚」というものがあります。
Cocolog_oekaki_2009_03_08_15_49
熊棚。
熊が木の上で枝を折って実を食べ、
その枝をお尻の下に敷いていくことからできる棚だそうです。
(写真が撮れなくて絵で失礼。こんな感じってことで。)

Kitutuki
その他、きつつきが木を突っついた跡があったり・・・。
運がよければ狐や鹿、猿などにも遭遇できるそうです。
野生の動物を身近に感じることができるのは、貴重な体験。
熊鈴は大事だ…!と、改めて感じた次第です。


個人では危険でできそうもないことを、熟知したガイドさんのおかげで、
深い雪の中を自由に走り回ったり、
10メートルくらいの斜面をお尻ですべり降りたり(尻セードというそうです)と
面白い体験ができました。

この模様は、フォレスト&ウォーターのコチラにも掲載中です。

スノーシュー購入、検討中。

2009年2月 7日 (土)

モンベルクラブに入会

昨年9月にリニューアルオープンした、モンベル恵比寿店に行ってみました。

JR恵比寿駅前という好立地に広い売り場面積。
1Fはレディースウェアと、キッズ物、シューズ、バッグ関係。
2Fはメンズウェアと、キャンプ、サイクリング他関係。

品揃えは他店より豊富に感じます。他店では見ないウェアが並んでいました。
すでに春夏製品もラインナップされていたからでしょうか。

・・・で、いつの間にか、ワタクシのワードローブはモンベル製品が増えてきてました。
パタゴニアやアークテリクスなど高価過ぎて、私のような中途半端アウトドアな人間にはモッタイナイ。コブタちゃんに真珠。

その点モンベルは、数あるアウトドアブランドの中でも良心的な価格帯。もちろん機能も十分でございます。
デザインや色使いはちょっと「??」なところもあるけど、この価格ならまあ仕方ない・・・ってことで。

この日のお買い上げは下記の2点。

09020502

クリマリッチウール ライニングジャケットと、スーパーメリノウール ハイネックシャツ
ジャケットはライニング付きで防風保温性もあり、モンベルにしては珍しく(失礼・・・)街着としても着れそうなおしゃれテイストを持ち合わせてます。天然ウールをフエルト調にした生地は、なんとなく断熱材を思わせます・・・。

09020503

そして、スーパーメリノウールのハイネックシャツは、登山家だった父が「今は様々な素材のものが出ているが、下着はウールが一番。汗で冷えることがなく温かい。これに適うものはない。」ときっぱり言い切るので、そんなに良いものなのか、試しに買って見ました。
ちょっと長めのハイネックが首を長くスリムに見せてくれてグッド。

そうそう、ここのところのモンベルは、デザイン的にも良くなっていると思います。

09020501
そんなわけで、お会計のとき、「モンベルクラブに入会しますか?」と聞かれたのですが、今まで「年会費1500円はちょっとお高いんでないか?」と躊躇していました。しかし、今までモンベルで結構購入しているので、この調子だと今後ポイントもどんどん貯まるのではないだろーかと思うし、他にも宿泊施設や飲食店で割引優待を受けられたり、モンベルの開催するイベントに参加できたりと、うまく使いこなせば1500円も無駄ではないかも・・・と、この度思い切って入会することにしました。

なんつったて、モンベルはニッポン人が作ったアウトドアブランド。誇りに思ってます。
がんばれモンベル!負けるなモンベル!熱き日本魂を見せ付けろ!

2008年10月26日 (日)

熊鈴

081025_3
紅葉シーズンとはいえ、登山道では人気(ひとけ)がない時も多いのです。
「もし熊と遭遇したら!」と、恐怖を感じます。
やっぱり熊鈴はあったほうがいいな、と思う。
神保町「さかいやスポーツ」にて購入。

真鍮や南部鉄の鈴の音は美しく、遠くまで良く響くのだけど、
結構重い・・・それに高価・・・!(涙)
あ、ちなみにこれは安いヤツです。軽いし、3連の鈴の音がカワユイ。
こんな鈴でクマ一家が避けてくれるかわからないけど…気休めかもしれないけど…
ないよりはマシ・・・と信じます。

2008年10月17日 (金)

クライマー、kira誕生

小学校の時、楽しみな行事だった遠足が、「今回は登山です」と発表されたとき、「えーーー!!↓↓」とブーイングをしていた私。
何を好き好んで延々と続く足場の悪い登り坂を歩かにゃならんのだ、と憤慨していました。
小さな頃から「疲れること」が大嫌いだったお嬢様育ちの私は、「マラソン」と「登山」は一生手を出さないと思っていたのに!・・・思っていたのに!!・・・・ 
思 っ て い た の に !!!

んまー、人生はこうも裏目裏目にでるのでしょうか。経験したくないことばかり選択してしまうのは、余程前世の行いが悪かったのでしょうか。
よせばいいのに昨年はマラソン大会に出場し、今やジョギングが趣味のひとつとなってしまいました。
そして、この度はとうとう登山にも挑戦することになってしまったのです・・・・・。

今回は、日本百名山のひとつ、長野県の八ヶ岳。ここはハイキング感覚の山歩きから、本格的な登山まで楽しめるアルペンスポット。
2000メートル級の山々が連なり、大きく北八ヶ岳、南八ヶ岳に分かれ、今回私が登った北八ヶ岳は、比較的なだらかな峰が多く、湖や沼が点在します。

さて、初日は白駒池から高見石のコースを歩くことに。
少し雨模様だったけど、天気図によるとこの後はやむだろうということなので、出発。

08101801a
注:デブなのではありません。着込んでいるんです。

0810180b
しっとりと光る苔に包まれた倒木。

08101801
鬱蒼とした原生林が続きます。

08101802
おいおい、一応木道があるものの、これ歩けるんかい?

08101802e
突如現れた、靄のかかった白駒池。
神秘的な美しさ。

08101802d
白駒荘で休憩。きのこ汁で温まります。

08101802c
どうだんつつじの赤が湖に映えます。

08101803
白駒池を1周した後は、高見石に向かいます。
ここからはちょっとした登山。
「ちょっとした」とはいえ、ごつごつした石の上を30分以上登り続けるので、結構疲れます。

08101803aふう~。やっと、高見石小屋に到着。ほっと一息つきたいところなのに・・・


08101804a
この岩山を登らないと、高見石に来た意味がない!・・・といわれても・・・ムリだろ~。

08101804
く~・・・私よりもうんとお姉さまのご婦人方が登っていらっしゃるじゃないの・・・
登りますよ・・・登ればいーんでしょ・・・(涙)

40歳過ぎて、こんな岩山を這いつくばって登る羽目になるとは思いませんでしたよ。
幼少の頃だってやったことないですぜ。お嬢様育ちだし。

しかし!
登ってよかった!

08101804b
高見石から眺める白駒池は、森にはめ込まれた宝石のよう。

08101805
クライマーkira、誕生の瞬間であった。


翌日は北横岳に登ります。
to be continued!!

2008年10月10日 (金)

kira、山を登る。

081009 趣味がまたひとつ増えてしまいました。
明日から、山に登ってきます。
八ヶ岳です。
行ってきまーす。