2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ダイアリー

2009年4月17日 (金)

東京タワー・五輪ダイヤモンドヴェール

090416

東京タワーが五輪モードで輝いております。

「2016年のオリンピックとパラリンピックを東京で!」
五輪招致活動を応援するため、20日(月)まで、東京タワーが、五輪をイメージする特別ライトアップになっているそうです。

今、IOC(国際オリンピック委員会)の方たちが、東京を視察に訪れているらしいです。
そりゃ、石原さんも麻生さんも張り切っていることでしょう。

六本木ヒルズとか東京ミッドタウンなんか連れてっちゃって「イケテル国際都市、トーキョー」をアピールするのかなあ。
東京タワーにも連れてって、このライトアップ見せるのかなあ。
ノッポンブラザーズと写真撮るのかなあ。

この視察には「街の熱気」も課題になっているようなんですけど、どうなんですか?五輪招致モード、高まってるんですか?
よくわかりませんけど。

わたし?
2016年っていったら、50歳過ぎちゃってますよ。
五輪どころじゃありません。7年後、自分の生活がどうなってるのか、そっちの方が心配。
2016年は、スズメの涙ほどの年金で・・・いや、もらえないかもしれない年金で、老後はどうなるんだろうと不安な日々を送ってますがな。

予定では、東京を脱出し、果てしない大空と広い台地のその中で、畑を耕しながらオリンピックを見てるはず。

2009年4月12日 (日)

淡黄色の桜、ウコン。


ソメイヨシノは桜吹雪となり去りつつありますが、
新宿御苑ではまだまだ様々な桜を楽しませてくれます。

09041102

淡黄色の桜、「ウコン」が丁度見頃を迎えていました。
「ウコン」とは、二日酔いに効くという、あの「ウコン」。
そうそう、カレーのスパイスの「ターメリック」のことです。

このショウガ科の多年草「ウコン」の根を染料に用いた「鬱金色」に似ているところから
「ウコン」と名付けられたそうです。
何と、花弁に葉緑体を持つそうなんですよ。

09041101

欧米では淡桃色のソメイヨシノより、黄色い桜の方が好まれるんだそうです。
なんでー??

2009年1月13日 (火)

今年の私は…

年頭に当たりまして、今年のワタクシの抱負を述べさせていただきたいと思います。


「自分の中の常識をくつがえせ!」


これです、これ。

40数年生きていると、いつの間にか自分の中で「これが当たり前」と思い込んでいる「自分の中の常識」が、出来上がってしまっているものです。
そして、それに当てはまらない人や出来事に遭遇すると「非常識だ!」と憤慨する。そして心の中は世の中への不満でいっぱいとなり、視野の狭ーい、ちいさーい人間になってしまうもの。

広く高い視野で世の中を見て、自分自身をも俯瞰するほどの心のゆとりを持ち、自分の中の常識にとらわれない日々を送ろう・・・たまにはその「自分の中の常識」とやらを疑ってみるのも必要ではないか・・・そのように思うわけであります。




090113
・・・というわけで、今日の味噌汁ですが・・・
「豆腐はさいの目切り」の常識を覆し、長方形に切ってみました。

先日、とある洋食屋さんで出た味噌汁の豆腐が長方形に切られていたのをみて「豆腐はさいの目だろ!」と、ひとり憤慨した私ですが、これこそ「自分の中の常識」に囚われてしまっている悲しい例。

生まれて初めて長方形に切ってみたのですが、大変新鮮な気持ちで作ることができました。
小学校のとき、初めて味噌汁を作ったときのことが思い出され、いっそう美味しく感じた今日の味噌汁・・・。

「当たり前」と思っていること、こだわっていること、そういうものを突き放してみたら、新しい「何か」が見えてくる。
今年、私は何を発見するのだろう・・・。


あなたの今年の抱負は何ですか?

2009年1月11日 (日)

こっそりと、おめでとうございます。

すっかりとブログをほったらかしにしてしまいました。
その間に、年が変わってしまったじゃないですか!何ということでしょう。

こんなブログでも覗いてくれる、有難い方のために大変遅ればせながら、新年のご挨拶をさせていただきたく思います。

新年、おめでとうございます。
今年もどうか、お時間があれば当ブログを覗いてください。お願いします。

090111

2008年9月23日 (火)

枕が変わると・・・

職場で同僚A氏と立ち話。

A氏の奥さんは、銀行勤め。ハードワークでストレスが溜まりまくっているそう。家では奥さんから職場での愚痴を聞かされ、クタクタで帰宅し食事を作る気力もないらしく、最近はA氏が夕飯を作っているんだと。「先日、ウチの奥さん、沖縄に5日間出張だったのだけど、何を持っていったと思う?」と、A氏。「当てたら、ランチご馳走するよ」と。

ストレス溜まりまくりで気力が低下している状態なのだから、水着を持っていってノンキに海水浴・・・ということはないだろうな。
出張によって更に重なるストレスを少しでも抑えたいはず・・・ということは、ホテルではいつも家で過ごすような気分でいたいと思う。おそらく日頃家で愛用しているものを持って行く・・・ということは・・・。

「枕だ!」

「おーーー!!当たった!!スゴイ!まさか当たるとは思わなかった!!」

・・・ということで、来週の金曜日、東京プリンスホテルのお寿司屋さんでランチをご馳走してもらうことになりましたの。にょほほ~♪

ところで、今回は「枕が変わると眠れない」という、世間様でよく言われる一般的なご意見から正解を導いたのだけど、私はというと、枕が変わっても全く問題なく眠れます。ウチには羽根枕(木炭入り)、テンピュール枕、王様の夢枕、蕎麦殻枕と、4つの枕があるんだけど、どれでもOK。熟睡確認済み。・・・というか、シングルライフに枕が4つもあるのは如何なものかとも。

もちろん出張先、旅先でも問題なし。むしろその変わった枕を楽しんで眠れます。
ホテルでのフワフワの羽根枕2段重ねでも、民宿での固ーい蕎麦殻の枕でも、キャンプ場でのテントでは衣料を丸めて枕代わりにしたものでも、「この枕でどんな夢が見られるのだろうか・・・」とウキウキした気分で眠りに付きます。

それとこれは私的見解なのだけど、どんな枕でも眠れる人って、社会生活の上では、そこそこ人とウマくやっていける人なんじゃないかと思うのです。言い方を変えると八方美人。
で、実は心の奥底では、ある部分で「どーでもいいや」と冷めたところを持ち合わせている・・・気がする・・・違ってたらごめんなさい。

結構私は、仕事に失敗しても、オトコの人にフラれても、期待して入った飲食店が不味くても、「まーいいや、どうだって・・・。世の中ひっくり返るわけじゃないし。」と、ちょっとクールなところがあるんで、「枕が変わったくらい、どおってことないじゃん。寝る場所があるだけで万々歳。」と思うわけです。

クールなんだかお気楽なんだか・・・。

2008年8月31日 (日)

映画「ハンコック」

Hancock_2

30代後半頃から、映画に求めるものが限られてきたように思います。
お好みのタイプを簡単に言うと、「ワーッと笑ってキャーッと驚いて、ウルッと涙、そしてまたワーッと笑って、最後はニッコリ・・・」。
そういう意味で、「ハンコック」は、見事に私の欲求を満たしてくれた完璧なデキでした。

最近見た映画、「ジャンパー」とか「ダークナイト」など、ハズレが多かったので(上記の意味で・・・)、「ダークナイト」の時に見た「ハンコック」の予告編では「もしかしたらこれはイケるかも・・・」と大きく期待して、公開初日の昨日、雨の中勇んで見に行って正解♪

【あらすじ】 クルマを片手に空をカッ飛び、巨大クジラも放り投げ、50口径から飛び出す銃弾も手で払いのけるスーパーヘビーな怪力を持つ、不死身のハンコックは、悪をやっつけ、人々を危機から守るヒーローなのだけど、ビルや道路を破壊したり、その上アルコール好きのオンナ好き。いつも酒臭く、キレやすくて、全く市民から歓迎されず人助けをしてもブーイングの嵐。ある日、クルマに乗っていたPRマンのレイを電車事故から救う。クルマはひっくり返り、電車もぐちゃぐちゃ。またしても人々からのブーイングを受ける中、命を助けられたレイはハンコックに感謝する。そしてハンコックが真のヒーローになれるよう、様々な戦力を練るという。レイはハンコックを家に招待するが、レイの妻、メアリーは歓迎しない。そして徐々にハンコックの正体が明らかになっていく・・・。

映像に迫力もあるし、スピード感もあるし、人物設定もわかりやすいし、深く考えることなく楽しめる映画です。
本編の前、予告が流れているときに、後ろに座っているオヤジの絶えず鼻をすする音が耳について、「マイッタな、こりゃ」と思っていたのだけど、本編に入るとそんなことも忘れてのめり込んでみてました。

ウィル・スミス演じるハンコックは、記憶を失っていて自分の存在の意味がわからない、実は孤独でどうしようもない淋しさを抱えている・・・。
捨てられた子犬のようなつぶらでウルウルした瞳がなんとも言えないです。
シャーリーズ・セロン演じるレイの妻、メアリーの生活感漂う美しさは、今後の参考になります。人の妻はかわいくて強くて美しくなくては。


20代の頃は、単館モノの、アジアやヨーロッパの「おしゃれー」な芸術作品の映画を好んで見に行っちゃったりした時期もあったんだけど、今思い返すと内容なんて良く解っていなかった気がするし、今はそんな映画を見て脳みその細かい部分を使うのは疲れちゃってダメ。映画も食べ物も男性も、年を重ねるごとに単純なモノが好きになっていく気がする。

090830
ディナーは新宿「東海苑」で焼肉♪ 単純。


2008年5月15日 (木)

合羽橋へ

08051501

合羽橋道具街
へ行って来ました。

合羽橋道具街とは、東京都台東区の浅草にある、食器、調理器具関係の問屋街です。約2キロにわたって専門店が並び、その数150店舗にも及ぶと言います。

で、そんな場所に何をしに行ったかといいますと、「よく切れる包丁」を手に入れるためです。

私は料理が嫌いです。
それには深い事情がありまして、遡ることぴちぴちの女子高生時代、バイト先のファミリーレストランでオレンジをスライスしていたときに、親指の指先半分、ざっくりと切り落としてしまったのです。(お~思い出すだけで背筋が・・・)
皮一枚でつながっていた指先は、周囲を6針縫い、幸いなことにくっついてくれましたが、それ以来包丁を持つことが恐怖となり、料理が出来ない体になってしまったのです・・・うぅぅぅ。

その後、何とかリハビリをしましたが、「よく切れる包丁」が怖く、「よく切れない包丁」を使い続けてきました。
しかし、それは何か間違っていやしないかと漸く思い始め、料理嫌いを克服するために、まずはよく切れる包丁を手に入れようと思い立ったのです。

で、購入した包丁は、ミソノ440シリーズ、牛刀21センチです。

何とまあ、プロ仕様ですよ。包丁歴小学生レベルの私が。

「料理が好きか嫌いかは、包丁で決まるといっても過言ではない」となどと言われているで、「よっしゃ、それじゃあ、気張って買ったろうじゃないの」ってなことです。
ホントにこれで料理が好きになるのでしょうか・・・。

さて、よく切れる包丁といえば、トマトのスライスです。

08051502ひえ~・・・すごい切れ味。
刃にも適度な重みがあるため、力を入れなくてもスッと入っていきますねえ。
見てください、このトマトの薄さ。約2ミリですよ。

08051503
続いて、ねぎを切ってみました。
今まで使っていた包丁では、ねぎがつらつら~っとつながって切れるという、マンガみたいなことがホントにあったわけですが、この包丁ではもちろんそんなことありません。
しかも、切り口が光っています。
ねぎの繊維をつぶしていないということですねえ。

ああ、感動・・・。

しばらくは包丁持つのが楽しくなりそうです。
包丁研ぎも覚えなくては・・・。

2008年3月11日 (火)

プジョーを購入!!

買っちゃった!買っちゃった♪
憧れのプジョー♪
0803081
じゃーん。
そう、プジョーのペッパーミルとソルトミル♪

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、プジョーの始まりは1810年。元々、のこぎり、かんな、斧など、「刃」関連の道具を作る会社だったそうです。その後、コーヒーミルや、ミシン(!)も生産。
ペッパーミルの生産はそのもっと後の1874年。
自転車や自動車が作られたのは、更にその後、1880年以降だそうです。
ミルの歴史は自転車より古いのですね。

私はろくに料理もしないくせに、このプジョーのミルが欲しくて欲しくて欲しくて・・・ずーーーーっと憧れていたのですが、先日、思いのほかパソコンを安く購入できちゃったもので、その浮いたお金で贅沢をさせていただきました。

プジョーのミルは、こちらのサイトに紹介されているように、さまざまなデザインがあり、散々迷った挙句、すぐに中身が確認しやすいように透明のアクリル素材「ナンシー」にし、サイズは食卓に置いても邪魔にならない高さの12センチにしました。

0803082
ガリガリという心地よい軽快な音、手に響くかすかな振動、そして200年近い歴史を重ねた強靭な刃と精巧な歯車から最大限に引き出されるペッパーの香りは、もうサイコー。
このミルの製造技術はプジョー独自のもの。他の追随を許さない逸品。世界の一流シェフ達が愛用するのもうなづけます。
さあ、これで私もちょっとは料理をするようになるんじゃないでしょうか、と淡い期待。

肉焼いてガリガリ、魚焼いてガリガリ、目玉焼きにガリガリ、サラダにもガリガリ、チャーハンにもガリガリ、ガリガリガリガリ、レッツエンジョイガリガリライフ!

2008年3月 1日 (土)

kira、新聞に載ってた、の巻

0803012
昨年の11月、時事通信社から自転車通勤についての取材の依頼がありました。
出たがり、目立ちたがりの私は「自転車通勤を世の中に広めるためなら何だってやります」とお引き受けいたしました。

取材は最寄り駅近くのドトールで受け、撮影は後日、通勤路でもある外苑辺りで・・・ということだったのですが、時は11月。外苑は銀杏祭りの真っ只中でありました。
平日であるにも関わらず多くの人で賑わう銀杏並木の中を、オバちゃんたちに「カッコいい~」と冷やかされながら、撮影のために自転車に乗って行ったり来たり。観光の邪魔をしてすみませんでした。

「地方紙の新年号あたりに掲載される予定です」とは聞いていたものの、一体、どの新聞に何月何日に掲載されるんだろう・・・と気にしていたことろ、先日まとめて送られてきました。

掲載されていた新聞は、四国、島根日日、高知、常陽、陸奥、中部経済、日本海、岐阜新聞の、計8紙。
そのうち、四国、中部経済、島根日日新聞は元旦号に掲載されていて、私にとっては新年早々縁起がいいってなものです。

「原油高、メタボリック症候群、地球温暖化対策として自転車に乗ろう!」というタイトルで、その取っ掛かりとして私のお気楽な自転車通勤風景が取り上げられています。「自転車通勤って素晴らしいのよー。ほら、こんな楽しいことも、こんな発見も、こんないいこともあるんだからー!」という感じの内容になっています。そして自治体や企業も自転車通勤を支援する取り組みが広がっているんだという紹介、元F1ドライバーの片山右京さんプロデュースの自転車道体験走行のイベントを取り上げ、自転車専用道路を整備する動きも進みつつある・・・という記事になっています。

もちろん苦労して撮った写真も、新聞社によってはど真ん中にドーンと載っているのもあれば、「こりゃ見るに耐えない」と判断したのか、載っていないのもありました(涙)
それにしても、あの片山右京さんと並んで掲載されるなんて、大変光栄、夢のようなことでございます。

この記事をご覧になった皆様の中で、一人でも多くの方に「よし!自転車通勤始めるぞ!」と思ってくださった方がいればうれしく思います。

しかし私は、全くもってヘルメット姿が様にならない顔と頭をしているんだと実感。
まんまドコモダケです。
今年はヘルメットが似合うアタマになりたい。

0803011

2008年2月27日 (水)

大物を処分!

なんだか、最近「お片付けブログ」のような感じになってきています。
人生も折り返し地点に近づいているので、これまでに身に付いた“穢れ”を清めようと、心が禊(みそぎ)を求めているのかもしれません。禊の日々です。

で、今回は大物を処分しました。
テレビです。22インチの、もちろんブラウン管テレビ。

0802271今は液晶テレビの時代。その薄さ、スタイリッシュさに比べたら、大きいこと、重いこと!無骨なこと!
狭い部屋に、でーんと鎮座ましましているソレは、はっきり言ってジャマ。

そもそも私はテレビはほとんど見ない人間。
朝起きて、「朝ズバ」か「得ダネ」をなんとなく流し見し、夜、「ニュースZERO」か「ニュースステーション」をなんとなく流し見し、気に入ったドラマがあれば見るけど・・・「相棒」とか。見逃しても別に構わないし。バラエティーはほとんど見ないし。たまに「時代に後れてしまうのではないか」という危機感から、お笑いを見たりするけど。(R-1グランプリ準優勝の芋洗坂係長はツボ。)

話はそれましたが、この度、パソコンでテレビを見られるようにしたので、ブラウン管テレビはお役御免となりました。
地デジの時代になったら新しいテレビを買うことにします。その頃にはもう少し液晶テレビも安くなっていると思うし・・・。

0802272ついでにビデオデッキも処分。持っていた貴重なビデオテープ類はDVDに焼き直しをしました。
DVDプレーヤーも近々処分の予定。
あーすっきりすっきりすっきり!一気にコンセントが3つも空いたわ!

さーて、お次は何を追い出そうかしら。