2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自転車

2009年6月 5日 (金)

丈夫で大容量!エコリュック♪

丈夫で大容量のエコリュックを見つけました。

ころん
大きさは手のひらに乗るくらい。
グレープフルーツくらいでしょうか。

おおきい
広げて背負ってみました。

これは、DEGNERエコリュックサック
DEGNERとはオートバイ関連のレザーバッグやナイロンバッグを扱っているブランド。

私はビッグスクーターを所有している関係上、
オートバイショップにも、たまーに行きます。
これは、埼玉県和光市にある、「ドラスタ2りんかん」で見つけました。

ポリエステルリップストップという、引き裂きに強く耐久性に優れている生地を使用。
夜間でも存在をアピールできるよう、背面のパイピングとロゴにリフレクターを採用。
25リットルの大容量で、オートバイのヘルメットもらくらく収納。

小さな親切
ショルダーストラップのズレを防止する、センターサポートベルトもあったりして。
オートバイ用品だけあって、機能も強度も申し分ない。

いろんなカラーがあるよ
しかも、ポップでキュートなカラーリング。
2940円と、お値段も良心的。

自転車通勤時にカバンに入れておけば、
職場でスイカやメロンなどの頂き物をして持ち帰るときや
帰りにスーパーでたくさん買い物をしたときに助かります。
お米だって、だいこんだって、2リットルのペットボトルだって、らくらく入ります。

余裕
余裕のだいこん。
あら、レタスの色と生地の色が同じだわ。

オートバイでのツーリングはもちろんですが、
サイクリング、輪行のお供に。山登りのサブバッグにもOK。

楽天でも購入できます。

そして、こんなタイプも・・・。これも欲しいぞ。

2007年7月19日 (木)

私にはこれしかない!

ジョギングに目覚めてしまった私は、午前中に近所の公園を走ったあとに自転車通勤をする体力が残っておらず、最近自転車通勤をサボり気味・・・。
これじゃあいけないなあ・・・と思いつつも、寄る年波には勝てないのだ。

そんな私にうってつけの自転車(?)が紹介されていましたよ!


070719じゃーん!

ランニングマシーン型自転車です!
その名も「The Treadmill Bike」。

紹介していたサイトはコチラ。

ベルトの上を人間が走ると自転車が進むんですってよ!
これで是非通勤してみたいわ。これなら、自転車にも乗れて、ジョギングも出来ちゃう。一石二鳥ね!

ところで、この自転車を開発したカナダのBicycle forestというサイトでは、使用例を動画で公開しているんですが、まー!楽しそうなんですわ。みんな笑顔で。
公園や橋の上や階段だって、山道だってニコニコ顔で走ってます。廊下も走っちゃってますが、これはいけませんね。あと、そのまま担いでバスにも乗り込んじゃってますが、これも如何なものかと。

え!?
日本への導入は不明なの?
残念!!


2007年7月 3日 (火)

深大寺へ蕎麦を食べに行くポタ

ある日、ayakoさんからメールが。
「私を 深大寺の蕎麦を食べに 連れてって」

そーですか、そーですか。それでは自称深大寺ツウのワタクシ、kiraがバシーッと案内しようではありませんか。

というわけで、7月1日、梅雨の晴れ間の日曜日に行ってまいりました。
参加者は
ayakoさん(黄色のブロンプトン。通称はなちゃん)
ガースさん(紺色のチタンブロンプトン!いいなあ・・・)
Danjunさん(トランジットコンパクト・・・見納め?)
NARUさん(バイクフライデー。チェーンリングが大きくないか?)
ワタクシkira(整備不良のkoenji2号、赤のブロンプトン。)
以上、5名でありました。

9時半に高円寺駅前集合だというのに、一番家が近いワタクシが遅刻。何ということでしょう。
皆さん、お待たせしてすみません。しかも久し振りに乗ったkoenji2号はタイヤの空気が抜けていて、その場でしゅぽしゅぽと空気を入れることに。初対面のNARUさんに手伝ってもらう始末。あー情けない。

気を取り直して、出発。
ルートは荒玉水道道路から野川まで出て、川沿いを走り、深大寺へ。
途中、Danjunさんがトラコンからミシミシと軋み音がしてるのを気にしていました・・・。

Narusaka野川沿いでは、NARUさんがいつも使っているヒルトレーニングに格好の檄坂があるということで、見せていただきくことに。
遠く~に見える赤いのがNARUさんです。あっという間に登っていってしまいました。

いや~すごいすごい。私にはとてもとても・・・。あのNARUさんのふくらはぎの筋肉は、この鍛錬によって作られているのか・・・。

野川沿いから深大寺まではワタクシが先導。のんびりと各々おしゃべりをしながら走りました。
曇っていた天気が徐々に晴れてきて、暑い暑い。
「御塔坂橋」を右折すれば深大寺。無事に到着できてホッと一安心。

Soba深大寺には蕎麦屋が何十軒と並ぶのだけど、特にオススメはこの「湧水」。
どこのお蕎麦も美味しいんですけど、ついついここに入ってしまう。

1階は混んでいたので、まだ冷房のきいていない2階に通されました。
「申し訳ありません、すぐにお部屋は冷えてまいりますから・・・」「皆様平等に冷たいお水をお注ぎいたします。」「蕎麦湯のおかわりをお持ちいたしましょうか」「私の出来ることはこれくらいですので、精一杯サービスさせていただきます」「それではワタクシ、これで失礼させていただきます」・・・
女性店員さんの冗談なのか真剣なのか解らない丁寧なサービスっぷりに暑さも疲れも和らぎます。

NARUさんがここで離脱。いいもの見せていただいてありがとう。また走りましょう。 

Tanabata参道には七夕の飾りが・・・。

AjisaiTokeisou
季節の花々も楽しませてくれました。あー、一眼レフ持ってくればよかった・・・。

Kitarou鬼太郎茶屋にて。

しばし散策を楽しんだ後、次は武蔵野の森公園へ。
ここは旧米軍調布基地跡地で、「ふるさとの丘」からは調布飛行場が一望できる、なかなかのロケーション。
Hurusatonookaふるさとの丘にて。
和やかなムードと思いきや・・・
ここでDanjunさんがトラコンの異変を発見!
Torakonぎゃー!!何ということでしょう!!フ、フレームに亀裂が!?
私なら、大騒ぎして落ち込んで「ここで帰らせていただきます・・・」というところでしたが、さすがは大人の判断力を持ち合わせたDanjunさんです。冷静に和やかにそしてにこやかに、「ダイジョウブでしょう。もう少し走れそうです。」と、このままポタを続行することに。

Ido公園内のトイレの脇に、井戸が2台並んでいました。
Ido1Ido2しかもこの井戸、ちゃんと水が出るじゃないですか!いや~面白い。
初めての体験に、つい夢中で井戸を操るワタクシ。(photo by Danjun)

調布飛行場内にある、プロペラカフェでお茶タイム。
Puropera1
ここは滑走路の真横にある前面ガラス張りのカフェで、飛行機が間近に見られます。

Puropera2
航空グッズや、フライトシミュレーターなどがあって、飛行機ファンにはたまらないカフェ。

Puropera3
レアチーズケーキもボリュームがあって美味しかった・・・。

その後は、一気に和田サイまで・・・Danjunさんのためにも急がなければ・・・と思ったのだけど、途中道を間違えたようで、随分遠回りをしてしまいました。ごめんなさい。
走りなれた道だからと、ろくすっぽ地図も見ないで走ったのが間違いの元。

Wadasai何とか和田サイにたどり着き、Danjunさんの無事に一安心。

Danjunさんとは、ここでお別れ。トラコンもお疲れ様でした。

Nanatumoriさてayakoさん、ガースさん、そして私のブロンプトン3人組はここから高円寺まで走り、一度行ってみたかった喫茶店「七つ森」で再びお茶タイム。

Purinayakoさんはさっきのケーキは忘れてしまったようで、ジャンボプリンを注文。
ホントにジャンボ。

Goenここのメニューの価格は全て端数が5円。
おつりの5円にはリボンが掛けられています。「ご縁がありますように」との思いだそうです。

今日走ったみんなとも再びご縁がありますように。

走行距離:48.6キロ
反省:待ち合わせ場所に一番近いのに遅刻してはいけません。タイヤの空気の点検は事前に済ませましょう。みんなと走るときはうろ覚えで先導してはいけません。しっかり道を確認しましょう。


2007年6月 3日 (日)

ユニクロのスポーツウェア

21歳の体重まであと・・・54896kcal

最近のユニクロ。レディース物のスポーツウェアが充実してきました。

東京世田谷区の環八沿いにユニクロ世田谷千歳台店がオープンしたので行ってみました。
売り場総面積900坪という日本最大級の広さで、シーズンごとに1000アイテムの商品がフルラインナップされているそうです。
まー広い広い。迷子になりそうです。ホント。

で、注目すべきはスポーツウェアの充実ぶり。
特にレディースはドライやUVカットなど機能的にももちろん、女性らしさを生かしたデザインのウェアが並んでいます。
ここ数年ブームとなっているヨガの影響もあるのでしょう。
ここではユニクロオンラインショップでも見られないウエアもあって、見応えたっぷり。

スポーツウエアはがんがん洗濯し酷使するものだし、ユニクロのように1000円以下から2000円弱で購入できるのは嬉しい。日々のジョギングにはそれで十分。それでいて機能的にも優れ、デザインもオシャレなら言うことナシっす。
ユニクロさん、更なる飛躍を期待してます。ウェアはも少しカラーリングを考えていただければ・・・。あと5本指のスポーツソックスが欲しい。

070603本日のお買い物。

ドライノースリーブポロ:1990円
ドライシャーリングタンクトップ:1990円
ドライメッシュクルーネックT:790円

2007年5月24日 (木)

高円寺1号、山中湖へ!

21歳の体重まであと・・・57686kcal

久し振りの自転車ネタ。
高円寺1号と寝起きを共にして7年、初の輪行でございます!

慎重派のワタクシとしましては、差し迫ってきた山中湖ロードレースの下見をしておかなければならないと思い、先日20日の日曜日、高円寺1号を連れて行ってきたというわけです。

07052001過去に一度利用したことのある、新宿駅発富士五湖行きの京王高速バスを利用。往復で3700円。
バスは車内に自転車を持ち込まないで済むし、座っていけるし楽チンです。(バス会社によっては自転車不可のところもあるのでご注意を)

輪行バッグはTIOGAのコクーン。
前輪とペダルをはずすだけで収納できます。
近所の自転車屋さん「BEANS」にて購入。定価 は3780円(税込)でお手ごろ価格。
さて今回のルートは、富士吉田で降りて、名物「吉田のうどん」で昼食。国道138号で山中湖へ向かい、マラソンの下見がてら湖を一周し、「紅富士の湯」で汗を流し、山中湖バスターミナルから東京へ戻るという予定です。

富士吉田市内に60件を超える店が点在する「吉田のうどん」は、硬めの太麺で「のどごし」より「歯ごたえ」を楽しむうどん。汁は店によって異なり味噌、醤油、味噌と醤油のブレンドなどがあるそうです。
私の好みは出汁のきいた、ちょっと甘めの素朴な醤油味。
値段は300円位からと、庶民価格。

パンフレットを見ながら探していたのだけど、何せ60件以上もあるし、日曜定休も多く、どこに入っていいのか迷っていたら、道を歩いていたおばあちゃんが「何か探してるのかい?」と声を掛けてきました。
「美味しいうどん屋さんを探しているんですよ」といったら、おばあちゃんお奨めのうどん屋さんを紹介してくれたのです。ありがとう。おばあちゃん。人とのふれあい・・・それが旅の醍醐味・・・。

07052003・・・というわけで、富士吉田駅近くの「研考練(けんこうれん)」という店に入りました。
丁度昼時で、お客さんが続々と入店。
おばちゃんが一人で切り盛りしているので、常連のお客さんが「私のは後でいいよ」とか「手伝おうか」などと声を掛けています。

07052004奥から、てんぷら肉うどんと肉うどん。
麺は「これは、ほうとう(山梨名物の)か!?」と思うくらい太く、噛み応えがあります。
汁は私の好みの優しい甘さのまろやか醤油味。

07052002さて、国道139号を富士山に向かって走ります。この日は快晴。まだ雪化粧の富士山もくっきりとみえます。
138号にぶつかったら山中湖に向かって長い長い長~い登坂をひたすら走り、到着。

07052005山中湖は広かった。
これを1周以上も走るのかと、暫し呆然と立ちすくむワタクシ。

Photo実はこの日、山中湖を1周ジョギングしようと思っていたのだけど、却下。
ルートチェックも兼ね、サイクリングすることにしました。
急な坂道は1箇所だけと思っていたら、足で走るには厳しそうなだらだらとした坂道が続きます。オーマイガッ!
07052006もう開き直りムードで、途中富士の美しさに足を止め・・・

07052007白鳥と戯れ・・・
07052010

デニーズでマンゴーのザ・スペシャルサンデーを食べ・・・

07052008「紅富士の湯」で汗を流し・・・

07052009帰路は「森の駅」というバスターミナルからバスに乗り新宿まで。

下見をして良かったんだか悪かったんだか・・・。自信をなくすどころか、もう開き直ってしまいました。
「なるようになれ」です。走れなかったからって誰にも迷惑かけるもんじゃないし。
生きて帰ってくるのが一番。


2007年4月18日 (水)

ブロンプトン、小ネタ。

ブロンプトンに関する、ちょっとした小ネタです。

えびちゃん出演のマクドナルドのCM、バジルえびフィレオ「えびプリしてる?」篇で、ブロンプトンがちょっとだけ、ホントにちょっとだけ出ます。0.1秒くらい。
http://www.mcdonalds.co.jp/sales/
下の方にCMライブラリーがあり、そこでも見れます。

発見したときはちょいと嬉しかったです。
パラッパラッパッパ~ アイムラビンイッ!

2007年3月24日 (土)

台北自転車事情

21歳の体重まであと・・・71150kcal

07031602
3泊4日で、姉と台湾、台北に行ってきました。ワタクシkira、実に10年振りの海外旅行です。

台湾といえばGIANTを初めとして、自転車部品など世界一の自転車産業大国・・・というイメージがあります。
毎年「台北国際自転車展覧会」も開かれていますし。(台北國際自行車展覧会・・・今年は3月24日~27日)
なので、台湾は自転車があっちこちを走っているんだろうと思って、楽しみにしていのです。

ところが・・・私の周った台北市では、自転車が・・・自転車が・・・走っていないではありませんか!!
何台かは確かに見かけました。ボロボロのサビだらけの実用車に荷物満載で、おじいちゃんがよたよたと走っているのを。しかし、GIANTが颯爽と走っているのを見ることはできませんでした。これには驚きましたよ。

07031601
現在の台北の街中は小型スクーター天国。
クルマとクルマの隙間を縫ってビュンビュンと縦横無尽に走り回っています。
交差点ではこの通り、クルマの前にスクーターがビッシリと・・・。

07031603
歩道ではこんな感じでスクーターがずらっと駐車。おいおい・・・。

07031604
あーー!GIANTのショップを発見!台北の雑多な町並みの中、一際小奇麗で目立つショップでした。

何故、台北では自転車が走っていないのか・・・現地の方に聞いてみましたよ。
「自転車は盗まれるから」だそうです。
スクーターだと重いから盗まれる心配が少ない、と。・・・なんと、そんな理由ですか。

それに、台北は自動車やスクーターの運転マナーが、日本に比べるとよくない。クラクションが絶えず鳴っているし、その上、日本は「歩行者優先」なのに台北は「クルマ優先」なんだそうです。人間が轢かれたら「オマエが悪い」ですよ。こんな中、道路を自転車がキコキコ走っていたら、クルマとスクーターにがんがんクラクションの嵐、命がいくつあっても足りないです。ホントに。

だからといって、歩道を走ろうなんて思うとこれがまた問題が・・・。
台北の歩道というのは、店舗の建物の一部になっています。つまり、歩道は店舗の床の延長。
なので、歩道のデザインや形状は各店舗様々・・・。ということはですね、歩道の「高さ」もまちまちなんですよ。
利点は、歩道は店舗の一部なため、屋根が付いているから店舗の並ぶ場所では雨が降っていても傘が入らない。
欠点は、歩道の高低差がありすぎる・・・。平気で30センチ、ひどいところは50センチとか(!)ホントにあるのです。
いやもう、お年寄りやベビーカーには厳しいですわ。案の定、私もこの段差でコケましたもん。
そんな歩道で自転車なんて走れるわけがありません。

07031617
建物の1階が歩道。

そんなこんなの台北自転車事情でしたけれども、当然、台湾へは自転車の視察に行ったわけではなく、目的は「食べる!」
もーーーしっかり食べてきましたとも。文字通り食い倒れてきました。
最後に、そのほんの一部をご紹介しておきましょう。

070316050703160607031608
070316090703161007031611
070316120703160707031613
070316140703161507031616

2007年2月28日 (水)

伊豆、桜巡り【後半戦】

21歳の体重まであと・・・74914kcal

Izumap
これが今回の行程です。
これから伊豆を走ってみようと思う方もいらっしゃると思いますが、海沿いの道を小径車で走るのは危険と疲労を伴いますのでご注意を。
まあ、みなさんはしっかりと下調べをするでしょうから、ダイジョウブだと思いますが・・・。 

さあ、後半戦
苦あれば楽あり、ここは花の楽園の巻!

今年の走行距離:426.3キロ
足:176.7キロ
自転車:259.6キロ

2007年2月27日 (火)

伊豆、桜巡り【前半戦】

21歳の体重まであと・・・75508kcal

07022101_1

2月21日(水)、22日(木)。
河津桜を見るなら、今しかない!というこの二日間。行ってきました!高円寺2号で。

「伊豆を自転車で走ってみたい」
これは、長年の夢でありました。
その夢が叶ったわけです。

計画は万全でした。
修善寺から天城越えは、今のワタクシの脚力じゃ無理だし、
かといって、河津まで直行しては折角の伊豆の景色を楽しめなくて面白くない。
ならば、伊豆急に乗って河津より手前で降りて、海沿いをのんびり走って行こうじゃないかと。
で、行程は、伊豆急の「伊豆高原駅」で降りて広々とした高原の空気を満喫。
美しい海を眺めながら走り、伊豆の海産物を堪能し、そして河津桜・・・・
素晴らしい計画じゃあないですか。

・・・ところがです。人生計画通りにならないのが世の常でして。
その模様は、こちらからどうぞ。まずは前半戦から。

今年の走行距離:418.1キロ
足:168.5キロ
自転車:259.6キロ

2007年1月 8日 (月)

初自転車通勤

1月5日(金)

今年初の自転車通勤。
07010802今年もストレス解消、体力向上、何よりも「通勤することが楽しくなる」という大特典付きの自転車通勤を続けます。そして、ひとりでも多くの方に、この自転車通勤の楽しさを知っていただけるよう、微力ですが「kira's graffiti」を通して普及活動をしてまいります。

昨年完成した通勤仕様「新生高円寺1号」は調子良く、大変快適です。出発時の最初のペダルひと踏みが嬉しくてたまりません。うきうき。

で、あまりにも調子良すぎて、「無音」で走るんですよ。スーーーーっと。
無音ってのも考え物でして・・・。
私は裏道を利用するので幅の狭い道を走ることがあるのですが、道一杯に人が並んで歩いていると、抜かすに抜かせないんですよ。以前の高円寺1号なら、ブレーキをかければキーキー鳴るし、普通に漕いでいたってチェーンがシャラシャラ音立ててましたから、歩いている人の後ろに迫ればすぐに気付いてくれていたのです。

しかし新生高円寺1号は無音で走るので、気付かれない。小心者の私は「すみませ~ん」と声を掛けることもできず、歩行者の後ろに付いてトロトロと走るしかなく、気配に気付いた歩行者が驚いて「ベル鳴らしてくれたらいいのに~」なんておっしゃったりして・・・しゅん・・・。

07010801そんなわけで今年は、存在を周囲にそれとなーく控えめに知らせるために、妙法寺の初詣で購入した金色に輝く鈴のお守りをバッグに付けることにしました。ダサイだなんていわないで。ちりり~ん♪

より以前の記事一覧